13年連続プラス収支、リピーター8割の定員制競馬予想サイト
ゲスト様(無料会員登録ログイン
予想屋マスターの誰も教えてくれない競馬理論
TOP > 競馬予想 > 札幌記念 > 札幌記念2018の解説動画

札幌記念2018の解説動画

2018/08/14 UP
by 予想屋マスター
動画&テキスト解説

出走日:2018年08月19日(日)
札幌記念 -G2- 札幌競馬場/芝2000m 右
条件:サラブレッド系3歳以上 賞金:6500万円

札幌記念の解説


こんにちは予想屋マスターです。
今週はですね、第54回札幌記念について話をしたいと思います。
札幌記念ですが、16頭とですね、頭数にそこそこ揃った上に、
G1馬も含めですねかなり面白いメンバーが揃ったのかな。
モズカッチャン辺りがですねやはり遠征帰りということもあって、波瀾ぶくみてですね、
馬券的には非常に面白い一戦になるのかふうに思っております。
それでは過去のレースを順番に振り返っていきますが、


エリザベス女王杯


一つ目がですね去年のエリザベス女王杯ですね。
このメンバーからはですね、勝ったモズカッチャン、2着のクロコスミアが出走してくると。
レースを見ますと、この日はですね、この日は京都かなり極端にインコースに有利な馬場でした。
それをですね二番手からクロコスミアが早めに抜け出してねばるところを、
後位のインにいたモズカッチャンが最後きれいに差し切ると言った内容ですね。
これどう見るかと言うとですね、まず一つ目はですね、
前が止まらなかった馬場に恵まれたという見方がひとつと、
あとはですね、クロコスミアには以外とハイペースで、逃げた馬がですねまあ、
クインズミラーグロが14着に敗れる流れを、
早めに2番手では悪くないのかなという見方ができます。
いづれもですね、まあ特にモズカッチャンに関しては、
後位のインを絶好位を追走しての展開なので、
そういう意味ではですね、まぁ前残りの展開かつインが有利な展開に、
2頭とも恵まれた可能性がちょっと高いのかな見方ができるのかなと思います。

ジャパンカップ


次ですねジャパンカップですね。
このメンバーからはですね。4着マカヒキ出走してくると。
このレースですねあのシュバルグラン、
キタサンブラックですねあの内枠の馬は上位を占めたように
キタサンブラックが逃げてですね、3着ですね。2着の勝ったシュバルグランですね。
レイデオロがですね、中段目これは早めに動いていきましたけどね。
それで、この上位である内側が占める中、ちょっと上位3頭から4馬身離されたものの、
マカヒキはですね、後方にいたんですが、インコースに行って、直線に外に出したんですが
4着なので、まあですねやはりもう本当に一番強いメンバーですね。
4着ということを考えると、やはり札幌記念、今回はですねG1馬が混じってるとはいえども、
かなりメンバーが落ちるので、そろそろで復活劇があってもおかしくないのかなという感じがしております。

安田記念


つぎ安田記念ですね。このメンバーからはですね5着のですね、サングレーザー馬出走しくると。
これもですねこちら勝つモズアスコット、あとアエロリット、スワーヴリチャードなるとどちらがちょっと若干、
内目を通った馬が上位を独占するなか、サングレーザーはですね、
15番が中段の外目を追走しての5着ということですね。
なので、これを見るとですね、内側を通ったですね、ここ辺りが好走してると。
実はですね、勝ったモズラスコットにしても、ここですね、
コーナーで内に潜り込んでる競馬なので、そういう意味では内側を通った馬が、
上位を独占していると言った流れなので、
内容を見るとですね、今回サングレーザー内枠1枠2番を引いたので、内で足をためればですね、
実はマイラーズカップで楽勝したと。このとき破った相手が、安田記念馬のモータースコットということなので、
距離さえこなせば、好走する可能性が高いのかなという感じがしております。


大阪杯


次ですね大阪杯ですね。
大阪杯からはですね、5着のですね、ミッキースワロー出走してくると。
これあのー、スワーヴリチャードが早めにまくったようにですね、どちらかと言うと、刺しが届きづらい展開、
それをですねミッキースワローですね、ちょっと後方のインコースでちょっとですね、外に持ち出すに苦労してしまったと。
これどちらかと、逆にうち枠がは仇になったレ-スだったので、そういう意味ではこの流れで
5着に追い込んだのは立派なのかなという感じがします。
なので今回も好走視と見ても良いと思います。問題ですねこの7枠14番がどう出るかですね。
あの今週からコース代わりなので、外が伸びな馬場だとちょっと、
苦労しそうだなという感じがします。

青葉賞


青葉賞ですね。
これは3歳馬なんですが、ここのですね勝ったですね、
が出走してくると。ゴーフォザサミットはですね、
中段のインコースにうまく潜り込んで、直線だけ外に出しての一着といった内容ですね。
うまくロスなくのったという見方と、2着には2馬身差つけてるので、
そういう意味ではレース内容は悪くないのかなという感じがします。
あと3歳世代のレベルなんですが、どうですかね、
今年はまあ去年の3歳世代にかなり古馬相手に好走をしていたんですが、
今年は今んところ重賞勝ったのは関屋記念の先週の牝馬一頭と、
まあ、これから古馬と混じっていくレースが増えてくんですが、
去年ほどではないのかなという感じはするんですが、
まあ、あと世代がどの程度通用するかで今回の札幌記念は一戦になるのかと思います。

函館記念


最後、函館記念ですね、このメンバーからはですね、サクラアンプルール、
あとですねスズカデビアスが出走をしてくると。
このレースは極端ではなかったんですがやはり若干インコースの馬場を
サクラアンプルール得意のインの足を貯めて追い込んでの2着と。言った内容ですね。
まあ、あのトップハンデの57.5kgを背負っていたことを考えると、良く走ってるのかなという感じがします。
あとスズカデビアスですね、後方にいて、どちらかというと、大外にいて足を余してぎみの5着なので
展開がはまればですね、サクラ(サクラアンプルール)と、差を詰めてもおかしくないのかな、といった感じがします。
<展開図>
展開をお見せしながら解説をしますと、
このレースですね、マルターズアポジーが逃げをうちそうんなんですが、
それ以外にもですね、
エリザベスで成功し、ねばったクロコスミア。
あとですね、あのマイスタイルあたりもここ二回逃げて好走してます。
ここもダービー逃げた馬ですね。
あたり、あと外枠からですねアイトーンも先行したい。
あとネオリアリズムですねまあこうなるとちょっと先行しづらいかなっていう感じがするんですが、
かなり前が速くなる縦長の競馬になるという想定をしております。
で、あとはですねそれで差し競馬になるか、それともやはりですね
Cコースがある内側が出ると、中段のインで足をためる馬になるか
そこらへんですね踏まえて、
ちょっと予想をしなきゃいけないなっていう感じがします。
ちょっと内から見ていきますが、

マルターズアポジー


ちょっと逃げるんですが、
さすがに極端に前が止まらないとかイン有利にならない限り、
これだけ先行馬が入ると苦しいかなといった感じがしています。

サングレーザー


距離が問題ですが、やはりですね安田記念も外を回った分、
マイラーズカップで非常に強い内容ということを考えると、
内で足をためそうな競馬、枠順も有利なので、
これはですねかなり高い評価を与えてもいいのかなと思います。

アストラエンブレム


ちょっと力が足んないので、あの好意のインを走れそうな
展開面だけなので、極端にインが有利に行った時ちょっと注意が必要かなって程度ですね。

マイスタイル


これもちょっと展開面苦しいですね。
先行できなさそうなのでね、という感じがします。

マカヒキ


ここまでメンバーが弱くなれば、
やはりですね好走してもおかしくないのかなという感じがします。

クロコスミア


これもちょっとまあ今回先行争い苦しいですね、
よほどの前残りの展開にならない限り苦しいと。

ゴーフォザサミット


これはですね先ほど話したように
3歳世代のレベルでどこまでかという感じですね。

ネオリアリズム


これも先行する馬しか最近はしていないので
基本的には苦しいんですがこれだけ先行馬がいると
もれなく抑える競馬をした時にですねば元々刺す競馬で好走したことがあるので、
その時にどの程度走るかですね。逆に巻きこう込まれちゃうと苦しいかなという感じがします。

サクラアンプルール


まあこういう、内に潜り込む、
内で足をためる競馬ができるかどうかとか一つのポイントかな。
いつもこの競馬するんで今回はこの競馬で、
どこまで伸びるか。ただ今回昨年よりちょっとメンバーが強いですね。

スティッフェリオ


これも、下馬なので苦しいでしょう。
ナイトオブナイツも苦しい。サウンドオブアースもちょっと壊れてるかなって感じですね。

スズカデヴィアス


前回のあの、外の刺しが届かない割にはよく追い込んでるので、
前崩れになったときには注意が必要と。

ミッキースワローもそうですね、


大阪杯強い内容だったので、
やはりこれだけ先行馬がそろうと注意が必要と。
7枠2頭に関しては、やはり外枠なので、インが極端に極端に有利になると、
ちょっと外を回されるとどうかなという感じがします。

モズカッチャン


先ほど話しにやはりですねエリザベスはちょっとイン有利の展開感に
恵まれたからのかなという感じがするので、まあ外がやはり回らせる分、
人気ならば押さえてもいいのかなという感じがします。
アイトーンは、ちょっと苦しい感じですねそうですね。

一応ですね、このように16頭分析しております。
今お話したように、基本的には刺し競馬になりそうと。
ただコース変わりが、A(コース)→C(コース)がどうでるか?
この影響どちらが、大きく出るかによって、ガラッと予想を変えなきゃいけないので、
コース変わりの影響を考えてですね、最終的な予想をしたいと思っております。

朝日杯FS朝日杯FS
展開解説の動画を最短でお届け!!
\メールアドレス入力 → 最短で動画が届く!/
Gmail等のメールアドレス
迷惑メールに紛れていないか必ずご確認ください
すでに無料登録されている方はこちら
※登録は完全無料ですのでご安心ください