15年連続プラス収支全国出張セミナー継続開催中
ゲスト様(無料会員登録ログイン
予想屋マスターの誰も教えてくれない競馬理論
なぜ、プロプランに人数制限をしているのか?
毎夜9時に先着順募集中
TOP > 今週のレース予想 > 札幌記念 > サクラアンプルールが勝利し大波乱の結果に

【 札幌記念2017予想】サクラアンプルールが勝利し大波乱の結果に

2017/08/24更新
出走日:2017年08月27日(日)
札幌記念(G2)/札幌競馬場/芝2000m/右/条件:サラブレッド系3歳以上/賞金:6500万円

札幌記念(2017年)は、上位人気馬が総崩れとなり、馬連3万7千円代の大波乱の決着となった。
その札幌記念(2017年)を制したのは、6番人気のサクラアンプルール(蛯名正義)である。
競馬理論の競馬予想では、ラチ沿いでロスのない競馬をすればネオリアリズムと互角だった中山記念のレース内容から、1枠を引いた今回は絶好と判断してかなり高い評価をしていたものの、サクラアンプルールを本命にまですることはできなかった。
レースでは、サクラアンプルールは、中団のインを確保し、3コーナー過ぎから外に持ち出されながら上位に進出していった。
そして、サクラアンプルールは、直線に向くと大外から一気に突き抜け、札幌記念(2017年)を制覇した。
サクラアンプルールの札幌記念(2017年)の勝利という結果は、G1級を破っており、展開や条件に恵まれれば一線級相手でも通用する能力を示した。
よって、今後の重賞戦線の競馬予想においては、サクラアンプルールが好走できるか否かは、イン有利の馬場で且つ内枠を引いてロスのない競馬ができるかどうかにかかっていると判断すべきである。

一方、札幌記念(2017年)では、12番人気のナリタハリケーン(藤岡康太)が2着に入り、大波乱を演出した。
ナリタハリケーンは、中団よりやや後方のインを進み、サクラアンプルールをマークするように追い上げ、上がりナンバーワンの脚を使ったがクビ差だけ届かず、2着であった。
ナリタハリケーンの札幌記念(2017年)の2着という結果は、Cコース替りでインが有利になった馬場を生かしたものであり、着順ほどの評価は不要である。
よって、今後の重賞戦線の競馬予想においては、ナリタハリケーンが芝で堅実に追い込んでいることは確かだが、札幌記念(2017年)2着馬というだけで過大評価は禁物である。

一方、札幌記念(2017年)で1番人気に推されたヤマカツエース(池添謙一)は3着に敗れてしまった。
ヤマカツエースは、内枠からの発走ながらも被されることを嫌って、スタート後すぐに外に持ち出され、好位の外目からレースを進めた。
そして、ヤマカツエースは、早め先頭で押し切りを狙ったが、上位2頭に差されてしまい、3着止まりであった。
ヤマカツエースの札幌記念(2017年)の3着という結果は、休み明け且つコース取りの差を考えると、悲観すべきではなく、むしろ負けて強しの内容であった。
よって、秋のG1戦線の競馬予想においては、札幌記念(2017年)組ではヤマカツエースに一番高い評価を与えるべきである。

以上のように、札幌記念(2017年)は、サクラアンプルールの勝利で幕を閉じ、大波乱の決着となった。
ただし、札幌記念(2017年)は、インが有利となった馬場が結果に大きな影響を与えたものである。
競馬理論のファンの方は、このことを頭に入れて、次走以降における札幌記念(2017年)組の評価を下して頂きたい。

\有料会員になりたい人は必須の無料講座/



なぜ、プロプランに人数制限をしているのか?
毎夜9時に先着順募集中