14年連続プラス収支、リピーター8割の定員制競馬予想
ゲスト様(無料会員登録ログイン
予想屋マスターの誰も教えてくれない競馬理論
\14年連続プラス収支を達成/
締切まで
抽選に応募する
TOP > 競馬予想コラム > ローズステークス > ジェンティルドンナが3冠制覇へ向けて始動
2012/09/14
予想屋マスター

出走日:2012年09月16日(日)
ローズステークス -G2- 阪神競馬場/芝外1800m 右
条件:サラブレッド系3歳牝馬 賞金:5000万円

2012年ローズステークス ジェンティルドンナが3冠制覇へ向けて始動

今週の競馬予想については秋華賞トライアルの第30回ローズステークスを解説したい。第30回ローズステークスは、二冠牝馬ジェンティルドンナが出走を予定しており、例年以上の注目を集める。そこでローズステークスに出走する有力各馬の能力をステップレースごとに分析する。

第30回ローズステークスでオークスからの直行組では、1着のジェンティルドンナ(岩田康)、2着のヴィルシーナ(内田博)、10着のトーセンベニザクラ(武豊)及び14着のキャトルフィーユ(福永祐一)がローズステークスに出走する。ジェンティルドンナのオークスの勝利は、ハイペースの展開に恵まれはしたものの、2着のヴィルシーナに5馬身差をつけており、牝馬のクラシック戦線では力が抜けていることを見せつけた。 また第30回ローズステークスのジェンティルドンナは、桜花賞でもヴィルシーナを破っており、阪神1800mの条件も何ら問題はない。本番の秋華賞が目標であることを考慮しても、ジェンティルドンナに本命級の高い評価を与えて当然と、競馬理論の競馬予想では判断している。

第30回ローズステークスは、ヴィルシーナのオークスの2着は、ハイペースを先に仕掛ける厳しい展開ながら、キッチリと連対を確保したことは立派だが、ジェンティルドンナには力負けであった。 ヴィルシーナがジェンティルドンナを逆転するためには、夏場のかなりの成長が必要な上に、先行脚質での前残りの展開などに恵まれる必要があると競馬理論の競馬予想では判断している。

トーセンベニザクラ及びキャトルフィーユは、オークスでの見所のないレース内容を見る限り、ローズステークスで上位2頭を逆転するのは難しい。

札幌記念組からは、4着のハナズゴールがローズステークスに出走する。ハナズゴールの札幌記念の4着は、3歳牝馬ながら、古馬のG1級相手に0秒3の走りを見せた事自体は立派と言えるものの、イン有利の馬場で4コーナーまでロスのない位置で脚を貯めさせた、田辺騎手の好騎乗によるものでもある。

ただし、ハナズゴールはチューリップ賞において、ジェンティルドンナがインで脚を余す不利を受けたにせよ、ジェンティルドンナを差しきっており、3歳牝馬世代ではトップクラスの切れ味を秘める。よって、第30回ローズステークスがスローの瞬発力勝負になるようであれば、ハナズゴールの差し切りもあり得ると競馬理論の競馬予想では判断している。

別路線組では、イチオクノホシ、ハワイアンウインド(川須)及びラスヴェンチュラス(川田)が注目される。

イチオクノホシは、準オープン特別の長岡特別で3着に敗れてしまったが、前残りの馬場を大外から追い込んだものであり、レース内容としては勝ち馬と互角である。 また第30回ローズステークスでイチオクノホシは、スローで外を回らされたクイーンカップにおいても、ヴィルシーナ相手に2着と好走しており、内容としてはヴィルシーナ以上と見ることもできる。よって第30回ローズステークス、イチオクノホシがヴィルシーナを逆転してもおかしくないと競馬理論の競馬予想では判断している。 一方第30回ローズステークスでハワイアンウインドは、500万以下特別において3馬身半差のレコード勝ちを収めており、時計だけを見れば重賞でも通用するようにも思える。 しかしながら、ハワイアンウインドの前走の1分57秒2は、小倉の開幕週の超高速馬場によるものであり、弱いメンバー構成に恵まれての楽勝であったことを考慮すると、第30回ローズステークス、ハワイアンウインドに時計ほどの高い評価は不要と予想している。

さてラスヴェンチュラスは、

ローズステークスは、前走の1000万下特別で1番人気を裏切って3着に敗れてしまったが、スローペースの前残りの展開で脚を余したものであり、悲観すべき内容ではない。ただしラスヴェンチュラスは、春のフローラステークスにおいて、牝馬一線級との力の違いを見せつけられたことも確かである。よって第30回ローズステークス、急激にメンバーが強化されることも考えると、ラスヴェンチュラスに押さえ程度の評価を与えれば十分と、競馬理論の競馬予想では判断している。

以上のようにローズステークスは競馬理論の競馬予想は、第30回ローズステークスに出走する有力各馬の能力を分析した。この分析結果に、枠順、展開、調教及び馬場状態などの様々な要素を加味して、ローズステークスの最終的な競馬予想を決断する。 第30回ローズステークスの最終的な競馬予想をお楽しみに。


もうムダ馬券を買うことは やめにしませんか?>>