15年連続プラス収支全国出張セミナー継続開催中
ゲスト様(無料会員登録ログイン
予想屋マスターの誰も教えてくれない競馬理論
なぜ、プロプランに人数制限をしているのか?
毎夜21時に先着順募集中
TOP > 今週のレース予想 > ラジオNIKKEI賞 > ラジオNIKKEI賞2018の回顧|メイショウテッコンが重賞初制覇

【 ラジオNIKKEI賞2018予想】ラジオNIKKEI賞2018の回顧|メイショウテッコンが重賞初制覇

2018/07/05
出走日:2018年07月08日(日)
ラジオNIKKEI賞(G3)/福島競馬場/芝1800m/右/条件:サラブレッド系3歳/賞金:3700万円

ラジオNIKKEI賞(2018年)は、ハンデ戦ということもあり混戦が予想されたが、人気馬2頭の決着となった。
そのラジオNIKKEI賞(2018年)を制したのは、2番人気のメイショウテッコン(松山弘平)であった。
競馬理論の競馬予想では、開幕週の前が止まらない馬場を考慮し、先行力のあるメイショウテッコンを当然本命に予想した。

 

メイショウテッコン

レースでは、メイショウテッコンは、思ったより行き脚がつかなかったこともあり、インの3番手からレースを進めた。
そして、メイショウテッコンは、3コーナーすぎから徐々に外に持ち出して、4コーナーで先頭に並びかけるとそのまま抜け出して、ラジオNIKKEI賞(2018年)を制覇した。
メイショウテッコンのラジオNIKKEI賞(2018年)の勝利という結果は、先行有利の馬場を生かしたものではあるが、56キロのトップハンデを考慮すると立派である。
よって、今後の重賞戦線の競馬予想においては、先行力を生かせる展開や馬場になるようであれば、メイショウテッコンの先行粘り込みに注目して当然である。

 

フィエールマン

一方、ラジオNIKKEI賞(2018年)で1番人気に推されたフィエールマン(石橋脩)は2着止まりであった。
競馬理論の競馬予想では、2戦2勝と能力的に底を見せていない上に、いずれも着差以上に強い内容であったことから、フィエールマンにもかなり高い評価を与えていた。
レースでは、フィエールマンは、スタートで出遅れてしまったこともあり、中団よりやや後方の外目からの追走となった。
そして、フィエールマンは、直線でも大外に持ち出されると、一頭だけ次元の違う脚で追い込んだが、2着止まりであった。
フィエールマンのラジオNIKKEI賞(2018年)の2着という結果は、イン有利で前が止まらない馬場で大外から追い込んでのものであり、負けて強しの内容であった。
よって、今後の重賞戦線の競馬予想においては、未だ能力的に底を見せていないフィエールマンにかなり高い評価を与えるべきである。

 

キボウノダイチ

一方、ラジオNIKKEI賞(2018年)では9番人気のキボウノダイチ(戸崎圭太)が3着に粘り込んだ。
キボウノダイチは、好スタートを切るとすんなりとハナに立つことができた。
そして、キボウノダイチは、直線に向いてもしぶとく粘り込み、3着を確保した。
キボウノダイチのラジオNIKKEI賞(2018年)の3着という結果は、福島の開幕週の前が止まらない馬場を最大限に生かしたものであり、レース内容としては着順ほどの価値はない。
よって、今後の重賞戦線においてもキボウノダイチが好走するためには、楽に先手を取るなど展開や馬場の助けが必要と判断すべきである。

 

以上のように、ラジオNIKKEI賞(2018年)は、メイショウテッコンの勝利で幕を閉じた。
ただし、ラジオNIKKEI賞(2018年)は、福島の開幕週の前が止まらない馬場が結果に大きな影響を与えたものであり、レース内容としてはフィエールマンが上である。
競馬理論のファンの方は、フィエールマンの今後の走りに大いに期待して頂きたい。

\有料会員になりたい人は必須の無料講座/



なぜ、プロプランに人数制限をしているのか?
毎夜21時に先着順募集中