14年連続プラス収支、リピーター8割の定員制競馬予想
ゲスト様(無料会員登録ログイン
予想屋マスターの誰も教えてくれない競馬理論
\14年連続プラス収支を達成/
締切まで
抽選に応募する
TOP > 競馬予想コラム > クイーンステークス > 第56回クイーンステークス
2008/08/17
予想屋マスター
回顧録

クイーンステークス -G3- 札幌競馬場/芝1800m 右
条件:サラブレッド系3歳以上牝馬 賞金:3500万円

2008年クイーンステークス 第56回クイーンステークス

桜花賞馬レジネッタや白毛馬ユキチャンなどの3歳世代が注目された第56回クイーンステークスだったが、6歳馬のヤマニンメルベイユが古馬の意地を見せつけて逃げ切り勝利を収めた。

第56回クイーンステークスの競馬理論の結果は、ショウナンタレント(菊沢)及びデヴェロッペ(横山典)との逃げ争いに巻き込まれてしまう可能性があり得るので、ヤマニンメルベイユの能力を高く評価しながらも、対抗評価にとどめてしまった。 レース結果では、ヤマニンメルベイユは、ショウナンタレント及びデヴェロッペに競りかけられることもなく、楽にハナを切った。 すると、ヤマニンメルベイユは、1000m通過60秒9のスローペースで逃げることができ、そのまま逃げ切って第56回クイーンステークスを制した。 ヤマニンメルベイユの第56回クイーンステークスの勝利は、開幕週のイン有利の馬場をマイペースで逃げる展開に恵まれたものであり、2着のレジネッタとは2馬身差の着差ほど力差があるわけではない。 しかしながら、ヤマニンメルベイユは、マイペースで先行する自分の競馬ができたときには、第56回クイーンステークスよりも強いメンバーであっても好走可能であろう。 よって、今後の重賞戦線においても、ヤマニンメルベイユが好走できるか否かは、逃げる自分の競馬ができるかどうかにかかっていると第56回クイーンステークスの競馬理論の結果では判断している。

第56回クイーンステークスで1番人気となった桜花賞馬レジネッタは、2着に追い込むのが精一杯であった。 レジネッタは、中段よりやや後方の外目を進み、直線でも大外から追い込んで、ギリギリ2着を確保した。 レジネッタの第56回クイーンステークスの2着は、開幕週のイン有利の馬場でスローペースという最悪の展開でのものであり、内容的にはヤマニンメルベイユと互角以上と判断することもできる。 よって、今後の重賞戦線において、外が伸びる馬場やハイペースの展開になりそうなときには、ヤマニンメルベイユよりもレジネッタに高い評価を与えるべきと第56回クイーンステークスの競馬理論の結果では判断している。 なお、第56回クイーンステークスでは、3歳牝馬世代のトップクラスのレジネッタやエフティマイアが、ヤマニンメルベイユ程度の馬に敗れてしまった。 今年の桜花賞及びオークスの時計がかなり低レベルだったので、3歳牝馬世代のトップクラスは、牝馬限定戦であっても、古馬の一線級相手の重賞戦線では通用しない可能性が高いと第56回クイーンステークスの競馬理論の結果では以前から考えていた。 そして、第56回クイーンステークスの結果を見ると、この可能性は更に高まったと第56回クイーンステークスの競馬理論の結果では判断している。

第56回クイーンステークスでは、人気薄のフミノサチヒメ(長谷川)が3着に、アドマイヤスペース(的場)が4着に追い込んだ。 フミノサチヒメ及びアドマイヤスペースの第56回クイーンステークスの好走は、いずれも開幕週のイン有利の馬場で最内を導いた長谷川騎手及び的場騎手の好騎乗によるものであり、馬の能力が高いわけではない。 よって、フミノサチヒメ及びアドマイヤスペースが、第56回クイーンステークスの好走だけで次走以降人気になるようであれば、評価を下げて予想すべきと第56回クイーンステークスの競馬理論の結果では判断している。

第56回クイーンステークスで第56回クイーンステークスの競馬理論の結果が本命に予想したエフティマイアは、5着に敗れてしまった。 第56回クイーンステークスの競馬理論の結果は、開幕週のイン有利の馬場を考慮し、好位のインを追走して展開に恵まれるエフティマイアを本命に予想した。 レース結果では、エフティマイアは、第56回クイーンステークスの競馬理論の結果の事前の予想通りインの3番手を追走したが、直線に向くとまったく伸びず、5着に敗れてしまった。 エフティマイアの第56回クイーンステークスの敗戦は、開幕週でイン有利の馬場でスローペースの展開では絶好位となるインの3番手を追走してのもので、プラス24キロの馬体重を考慮しても酷いレース結果の内容であった。 よって、第56回クイーンステークスの競馬理論の結果は、桜花賞及びオークスの連続2着の実績自体には敬意を払いつつも、次走以降でも人気になるようであればエフティマイアの評価を下げて予想すべきと判断している。

以上のように、第56回クイーンステークスは、注目を集めた3歳世代ではなく、古馬のヤマニンメルベイユの逃げ切りで幕を閉じた。 この第56回クイーンステークスの結果から、今年の3歳牝馬世代には過大な評価は禁物と第56回クイーンステークスの競馬理論の結果では判断している。


もうムダ馬券を買うことは やめにしませんか?>>