14年連続プラス収支、リピーター8割の定員制競馬予想
ゲスト様(無料会員登録ログイン
予想屋マスターの誰も教えてくれない競馬理論
TOP > 競馬予想コラム > エリザベス女王杯 > 第30回エリザベス女王杯

2005年エリザベス女王杯「第30回エリザベス女王杯」

2005/11/13 UP
by 予想屋マスター
回顧録

エリザベス女王杯 -G1- 京都競馬場/芝外2200m 右
条件:サラブレッド系3歳以上牝馬 賞金:9000万

競馬理論の結果は、エリザベス女王杯を大本線で的中した。馬単2420円を本命対抗、3連単17500円を2点目で的中した。沢山のお礼のお電話及びメールありがとうございます。

まず、第30回エリザベス女王杯の競馬理論の結果のエリザベス女王杯の予想を公開する。第30回エリザベス女王杯の競馬理論の結果は、スイープトウショウ(池添謙一)を本命とした。スイープトウショウは、人気では3歳馬のエアメサイア(武豊)と分け合っていた。しかし、能力的には、スイープトウショウが断然と第30回エリザベス女王杯の競馬理論の結果は判断していた。スイープトウショウは、古馬の一線級と互角の戦いをしてきた。例えば、スイープトウショウは、宝塚記念を自ら勝ちに行って制している。また、スイープトウショウは、敗れた天皇賞でもゼンノロブロイに続く内容であった。つまり、スイープトウショウは、超一流の牡馬とでも能力的に差がなく、牝馬同士のエリザベス女王杯では負けるわけがないと第30回エリザベス女王杯の競馬理論の結果は判断していた。

一方、第30回エリザベス女王杯の競馬理論の結果は、エアメサイアを3番手評価に留めた。今年の3歳馬は、レベルが高いと評判であったので、この人気もうなずける。しかし、レベルが高いのは、条件戦での話であって、重賞級での3歳馬のレベルは、まだ未知数である。但し、一レースだけ参考になるレースがあった。それは、クイーンステークスである。クイーンステークスでは、3歳牝馬のデアリングハートが古馬の牝馬相手に惨敗している。これを考慮すると、人気のエアメサイアは馬券的に軽視するのが正しいと第30回エリザベス女王杯の競馬理論の結果は判断していた。

そこで、第30回エリザベス女王杯の競馬理論の結果は、オースミハルカ(川島)を対抗とした。オースミハルカは、去年の2着馬であり、マイペースで逃げると非常にシブトイ。更に、人気馬二頭が、差し馬なので、マークが手薄になるオースミハルカに展開利が生まれると第30回エリザベス女王杯の競馬理論の結果は予想していた。

また、第30回エリザベス女王杯の競馬理論の結果は、アドマイヤグルーヴ(上村)を重視した。アドマイヤグルーヴは、牡馬とのレースでは能力不足だが、牝馬限定戦のG1なら互角以上の能力を秘めており、3連覇も狙える存在と第30回エリザベス女王杯の競馬理論の結果は判断していた。

このように、第30回エリザベス女王杯の競馬理論の結果は、エリザベス女王杯をほぼ完璧な予想で的中できた。

それでは、レースを振り返ってみたい。

今年のエリザベス女王杯は、オースミハルカの大逃げで始まった。オースミハルカは、道中後方を大きく離して逃げていたが、1000m通過50秒ジャストの平均ペースの逃げであった。その中、スイープトウショウは、後方のインで脚をためていた。また、アドマイヤグルーブは、スイープトウショウの一頭分前のインを追走していた。つまり、スイープトウショウ及びアドマイヤグルーヴは、能力を発揮できる位置取りであった。対して、エアメサイアは、1コーナで不利があった影響で、後方3番手からの競馬となってしまった。

4コーナを迎えても、オースミハルカは大きなリードを保っていた。多くのファンは、オースミハルカの逃げ切りを想像したと思われる。しかし、スイープトウショウは、直線で外に出すと、抜群の伸び脚を見せて、オースミハルカをゴール前で半馬身差し切った。上位二頭から離されたところで、アドマイヤグルーヴ、ヤマニンシュクル(四位弘文)及びエアメサイアが3着争いを繰り広げた。

スイープトウショウは、着差以上の勝ちっぷりであり、牝馬同士なら能力が違うことを実証した。スイープトウショウは、今後も牝馬限定戦なら勿論負けられないが、牡馬とのG1でも展開次第で好走する可能性が高いと第30回エリザベス女王杯の競馬理論の結果は判断している。今後のスイープトウショウのレースに競馬理論の結果は期待している。

オースミハルカは、自分の競馬に徹しての2着であり、内容は悪くなかった。オースミハルカは、今回相手が悪かっただけである。オースミハルカは、牝馬同士の重賞なら今後も上位争いする可能性が高いと第30回エリザベス女王杯の競馬理論の結果は判断している。但し、オースミハルカは、逃げ馬の宿命というか、人気になるとマークがきつくなる。そのため、オースミハルカは、人気ならば抑え程度の評価にし、人気が落ちたら狙うというのが正しい評価と第30回エリザベス女王杯の競馬理論の結果は判断している。

3着は、アドマイヤグルーヴであった。アドマイヤグルーヴは、牝馬同士のG1ならこの程度走って当然である。但し、アドマイヤグルーブは、去年完勝したオースミハルカに遅れをとったことから、能力の衰えは否めない。アドマイヤグルーヴは、残り一回で引退するそうなので、最後のレースは頑張って欲しい。

4着は、ヤマニンシュクルであった。ヤマニンシュクルは、去年の秋華賞でスイープトウショウと互角の競馬をしており、能力的にはこの程度走ってもおかしくないが、一年振りのレースでこれだけ走れば大健闘といえる。ヤマニンシュクルは、次走以降も好走する可能性が高いと第30回エリザベス女王杯の競馬理論の結果は判断している。

エアメサイアは、5着に敗れた。しかし、エアメサイアのレース内容は、1コーナの不利を考慮すると、悲観すべきものでない。よって、エアメサイアは、次走が古馬とのレースの試金石となる。但し、エアメサイアは、今後も人気が予想されるので、馬券的には押さえ程度の評価にすべきと第30回エリザベス女王杯の競馬理論の結果は判断している。

以上のように、エリザベス女王杯では、スイープトウショウの今後の期待が更に高まった。


展開解説の動画を最短でお届け!!
\メールアドレス入力 → 最短で動画が届く!/
Gmail等のメールアドレス
迷惑メールに紛れていないか必ずご確認ください
すでに無料登録されている方はこちら
※登録は完全無料ですのでご安心ください