14年連続プラス収支、リピーター8割の定員制競馬予想
ゲスト様(無料会員登録ログイン
予想屋マスターの誰も教えてくれない競馬理論
TOP > 競馬予想コラム > プロキオンステークス > シルクフォーチュンの連覇なるか?

2012年プロキオンステークス「シルクフォーチュンの連覇なるか?」

2012/07/06 UP
by 予想屋マスター

出走日:2012年07月08日(日)
プロキオンステークス -G3- 中京競馬場/ダート1400m 左
条件: サラブレッド系3歳以上 賞金:3500万円

今週のメインレースは、第17回プロキオンステークス(2012年)である。

第17回プロキオンステークス(2012年)は、今年から中京競馬場のダート1400mに舞台が変わったため、レース傾向も変わる可能性が高い。

そこで競馬理論は、第17回プロキオンステークス(2012年)に出走する有力各馬の能力をステップレースごとに分析する。

アハルテケステークス組からは、3着のアドマイヤロイヤルが第17回プロキオンステークス(2012年)に出走する。

アドマイヤロイヤルのアハルテケステークス(2012年)の3着は、重馬場で行ったきりとなった前残りの流れを中団から追い込んだものであり、レース内容としての価値は高い。

またアドマイヤロイヤルは、武蔵野ステークスで南部杯2着馬のダノンカモンとも互角の競馬をした実績がある。

よって第17回プロキオンステークス(2012年)、確実にいい脚を使うアドマイヤロイヤルに高い評価を与えて当然と競馬理論では判断している。

天保山ステークス組からは、1着のファリダット、5着のタンジブルアセット及び13着のアースサウンドが第17回プロキオンステークス(2012年)に出走する。

ファリダットの天保山ステークス(2012年)の1着は、中団のインで脚をためられる展開に恵まれたものではあるが、2着以下に1馬身半もの差をつけており、快勝であった。

またファリダットは、ダートならばすべてのレースで確実に追い込んでおり、能力的にも底を見せていない。

よって第17回プロキオンステークス(2012年)、ダートならば底を見せていないファリダットに本命級の高い評価を与えるべきである。

ただし中京のダートコースは、追い込みが届きにくい傾向にあるので、ファリダットが外を回って追い込む横綱競馬をしたときには追い込みが不発になる可能性も否定できないと競馬理論では判断している。

一方タンジブルアセットの天保山ステークス(2012年)の5着は、少しイン有利な馬場で好位のインを追走する展開に恵まれたものであって、レース内容としては着順ほどの価値はない。

よって第17回プロキオンステークス(2012年)においてタンジブルアセットが好走するためには、かなりの展開の助けが必要と競馬理論では判断している。

アースサウンドは、天保山ステークスの見所のないレース内容を見る限り、第17回プロキオンステークス(2012年)で好走する可能性は低い。

栗東ステークス組からは、6着のインオラリオが第17回プロキオンステークス(2012年)に出走する。

インオラリオの栗東ステークス(2012年)の6着は、外枠のスタートながらも好位のインに潜り込んでのものであり、勝ったファリダットには力負けであった。

ただしインオラリオはコーラルステークスにおいて、追い込みが届かない馬場を生かしファリダットを破った経験もある。

よって第17回プロキオンステークス(2012年)、イン有利な馬場で内枠を引いた場合のみ、インオラリオに高い評価を与えるべきと競馬理論では判断している。

かしわ記念組からは、6着のシルクフォーチュンが第17回プロキオンステークス(2012年)に出走する。

シルクフォーチュンのかしわ記念(2012年)の6着は、船橋の忙しい競馬が合わなかったものであり、度外視可能である。

シルクフォーチュンは、フェブラリーステークスで2着、南部杯で3着に追い込んでいるように、G1級の能力を示しており、実績的には断然である。

よって第17回プロキオンステークス(2012年)、追い込みが届く展開や馬場状態にさえなれば、シルクフォーチュンがまとめて差し切ると競馬理論では判断している。

北海道スプリントカップ組からは、1着のセレスハントが第17回プロキオンステークス(2012年)に出走する。

セレスハントの北海道スプリングカップ(2012年)の勝利は、交流重賞と言えども、タイセイレジェンド及びトウショウカズンなどの強敵を破ってのものであり、価値は高い。

またセレスハントは、成績にムラがあるため人気にならないタイプではあるが、昨秋の東京競馬のペルセウスステークスにおける勝利と同等に走れば、中央場所でも通用する。

よって第17回プロキオンステークス(2012年)、セレスハントにもそれ相応の注意が必要と競馬理論では判断している。

太秦ステークス組からは、4着のワールドワイドが第17回プロキオンステークス(2012年)に出走する。

ワールドワードの太秦ステークスの4着は、直線で全く追えずに競馬にならなかったものであり、スムーズな競馬ならば勝てた内容であった。

またワールドワイドは、去年の栗東ステークスでナムラタイタンやシルクフォーチュンに先着しており、前残りの展開になれば互角以上の競馬も可能である。

よって第17回プロキオンステークス(2012年)におけるワールドワイドは、休み明けで体調さえ万全であれば、それなりの競馬が可能と競馬理論では判断している。

欅ステークス組からは、6着のデュアルスウォードが第17回プロキオンステークス(2012年)に出走する。

デュアルスウォードの欅ステークス(2012年)の6着は、ゴール前でソコソコの脚を使ったものの、2着のアドマイヤロイヤルには力負けであった。

よって第17回プロキオンステークス(2012年)、更なるメンバーが強化がなされる点を考慮すると、デュアルスウォードに高い評価は不要と競馬理論では判断している。

さきたま杯組からは、5着のスーニが第17回プロキオンステークス(2012年)に出走する。

スーニのさきたま杯の5着は、勝ったセイクリムズンから2秒5も離されており、全く見所のないレース内容であった。

よって第17回プロキオンステークス(2012年)、交流G1を2勝している実績に敬意を表しつつも、本調子にないスーニに高い評価は不要と競馬理論では判断している。

準オープン勝ち組からはニシオドリーム及びテイクアベットが第17回プロキオンステークス(2012年)に出走する。

ニシオドリームは、

準オープン特別こそ快勝したが、前々走のOP特別の栗東ステークスで惨敗を喫しているように、重賞では厳しいと判断せざるを得ない。

テイクアベットは、58キロを背負った安芸ステークスで力の違いを見せつけたが、いきなりの重賞挑戦では急激なメンバー強化の感は否めない。

よって第17回プロキオンステークス(2012年)、テイクアヘッドに抑え程度の評価が妥当である。

ただしテイクアヘッドは、堅実な先行力を秘めているので、極端にイン有利な馬場で前が止まらない展開になるようであれば、粘り込みに注意が必要とも競馬理論では判断している。

以上のように競馬理論は、第17回プロキオンステークス(2012年)に出走する有力各馬の能力を分析した。この分析結果に、枠順、展開、調教及び馬場状態などの様々な要素を加味して、第17回プロキオンステークス(2012年)の最終的な予想を決断する。

競馬理論のファンの方は、第17回プロキオンステークス(2012年)の予想をお楽しみに。


展開解説の動画を最短でお届け!!
\メールアドレス入力 → 最短で動画が届く!/
Gmail等のメールアドレス
迷惑メールに紛れていないか必ずご確認ください
すでに無料登録されている方はこちら
※登録は完全無料ですのでご安心ください