14年連続プラス収支、リピーター8割の定員制競馬予想
ゲスト様(無料会員登録ログイン
予想屋マスターの誰も教えてくれない競馬理論
\14年連続プラス収支を達成/
締切まで
抽選に応募する
TOP > 競馬予想コラム > プロキオンステークス > ナムラタイタンの連勝が止まる
2010/07/11
予想屋マスター
回顧録

プロキオンステークス -G3- 中京競馬場/ダート1400m 左
条件: サラブレッド系3歳以上 賞金:3500万円

2010年プロキオンステークス ナムラタイタンの連勝が止まる

第15回プロキオンステークスは、5連勝中のナムラタイタン(熊沢)が3着に敗れる中波乱の結果となった。 その中波乱の第15回プロキオンステークスを制したのは、結果4番人気のケイアイガーベラ(岩田康)であった。

第15回プロキオンステークスの競馬理論の結果は、同じ阪神1400mで楽勝したポラリスステークスのレース内容及び有利な外枠を引いた点を評価して、ケイアイガーベラを本命に予想した。レースでは、ケイアイガーベラは、抜群のスタートを切ると、2番手のサマーウインドが控えたこともあって、マイペースで逃げを打てた。

そして、ケイアイガーベラは、直線に向くと、後続を引き離して、結果第15回プロキオンステークスを圧勝した。

ケイアイガーベラの第15回プロキオンステークスの勝利は、マイペースで逃げる展開に恵まれたものではあるが、後続を4馬身ちぎってのものであり、力の違いを見せつけた。

よって、今後のダート短距離重賞においても、ケイアイガーベラに高い評価を与えるべきである。

特に、マイペースで先行できるメンバー構成や包まれない外枠を引いたときには、ケイアイガーベラに本命級の更に高い評価を与えるべきと第15回プロキオンステークスの競馬理論の結果では判断している。

一方、2番人気のサマーウインド(藤岡佑)が結果2着に入った。 第15回プロキオンステークスの競馬理論の結果は、ケイアイガーベラが逃げ切るときには、行ったきりの競馬になる可能性が高いと判断して、サマーウインドを対抗に予想した。

レースでは、第15回プロキオンステークスのサマーウインドは、距離を意識してやんわりと結果2番手から競馬を進めた。 そして、第15回プロキオンステークスのサマーウインドは、直線に向くと、ケイアイガーベラに並びかけようとしたが、逆に突き放されてしまい、結果2着を確保するのが精一杯であった。

サマーウインドの第15回プロキオンステークスの2着は、ケイアイガーベラに4馬身も離されてしまったが、ナムラタイタンの追い上げを凌ぎきった事は評価すべきである。

よって、今後の短距離重賞、サマーウインドのスピードにも結果要注意である。 なお、第15回プロキオンステークスのサマーウインドにとっては、1400mでも距離が長いので、1000mや1200m戦ではケイアイガーベラを逆転してもおかしくないと第15回プロキオンステークスの競馬理論の結果では判断している。

一方、5連勝中ということもあり、1.7倍の断然人気でレースに臨んだナムラタイタンは、結果初めての敗戦を喫してしまった。

ナムラタイタンは、心配された内枠を問題とせずに、絶好位となる結果3番手のインからレースを進めた。 しかしながら、ナムラタイタンは、直線で思ったほど伸びず、結果サマーウインドに並びかけたところがゴールであった。

ナムラタイタンの第15回プロキオンステークスの3着は、結果第15回プロキオンステークスのケイアイガーベラが強すぎたことも確かだが、インの3番手からスムーズな競馬をした割にはガッカリなレース内容であった。

よって、今後の重賞戦線においても、大きく崩れていない第15回プロキオンステークスのナムラタイタンを軽視すべきではないが、底を見せてしまった感があるのも確かと第15回プロキオンステークスの競馬理論の結果では判断している。 以上のように、第15回プロキオンステークスは、ケイアイガーベラの強さだけが目立つ一戦となった。

第15回プロキオンステークスの競馬理論の結果のファンの方は、ケイアイガーベラの今後の短距離重賞での活躍に大いに注目して頂きたい。


もうムダ馬券を買うことは やめにしませんか?>>