予想屋マスターが、アナタの馬券ライフを変える!!
締切まで
抽選に応募する
予想屋マスターはリピーター8割の定員制競馬予想サイトです
ゲスト様(無料会員登録ログイン
予想屋マスターの誰も教えてくれない競馬理論
TOP > 競馬予想 > 桜花賞 > 桜花賞2019の回顧|グランアレグリアが圧勝で1冠目を獲得

桜花賞 『桜花賞2019の回顧|グランアレグリアが圧勝で1冠目を獲得』

優勝馬: グランアレグリア 優勝騎手: ルメール

桜花賞(2019年)は、2歳女王ダノンファンタジーが1番人気に推されたものの4着に敗れ、中波乱の決着となった。
その桜花賞(2019年)を制したのは、2番人気に推されたグランアレグリア(ルメール)であった。
競馬理論の競馬予想では、デビュー戦でダノンファンタジーを寄せ付けなかったスピードからグランアレグリアにかなり高い評価を与えていたが、朝日杯フューチュリティステークスの敗戦がひっかかり、本命にはできなかった。

 

グランアレグリア

レースでは、グランアレグリアは、3番手を確保し、4コーナーでは馬なりのまま早くも先頭に立った。
そして、グランアレグリアは、直線に入ると後続を突き放し、桜花賞(2019年)を制覇した。
グランアレグリアの桜花賞(2019年)の勝利という結果は、早め先頭で突き放してゴール前でも余裕があったように、2馬身半の着差以上に強い内容であった。
よって、今後のG1戦線においては、グランアレグリアに常に本命級の高い評価を与えて当然である。
ただし、桜花賞(2019年)で馬なりのまま先頭に立ってしまったレースっぷりを見ると、グランアレグリアにとって2400mの距離は長過ぎることも確かなので、オークスに出走してきた場合には折り合い面が課題になりそうである。

 

シゲルピンクダイヤ

一方、桜花賞(2019年)では、7番人気のシゲルピンクダイヤ(和田竜二)が2着に追い込んだ。
シゲルピンクダイヤは、若干躓き加減のスタートだったこともあり、後方外目からの競馬となった。
そして、シゲルピンクダイヤは、4コーナーすぎから徐々に内目に進路を見つけると、大混戦の2着争いを制した。
シゲルピンクダイヤの2着という結果は、外枠からの発走ながらも極力ロスの少ない競馬をさせた和田竜二騎手の好騎乗によるものだが、スローペースで追い込んだことは立派である。
よって、今後の牝馬クラシック戦線においても、堅実に追い込むシゲルピンクダイヤにもそれなりの高い評価を与えるべきである。
なお、シゲルピンクダイヤは、追い込み一手の脚質なので、差しが届きやすい馬場や展開のときには更に評価を上げるべきである。

 

クロノジェネシス

一方、桜花賞(2019年)では、3番人気に推されたクロノジェネシス(北村友一)が3着に入った。
クロノジェネシスは、中団の馬群の内目で脚を溜めた。
そして、クロノジェネシスは、直線で外に持ち出されると、ジリジリと伸び3着に追い込んだ。
クロノジェネシスの桜花賞(2019年)の3着という結果は、道中で少し折り合いを欠いていたことと、直線で外に出すまでに苦労して仕掛けが遅れたことを考慮すると、悪くない内容であった。
よって、今後の牝馬クラシック戦線の予想では、スムーズな競馬さえできれば、クロノジェネシスの巻き返しの可能性が高いと判断すべきである。

 

以上のように、桜花賞(2019年)は、グランアレグリアの強さだけが目立つ一戦となった。
次走がNHKマイルカップなのかオークスかにもよるが、グランアレグリアの今後の走りには大いに注目して頂きたい。


マスターの予想はこちらをクリック↓
ただいま、次開催(
4/28(日)天皇賞・春
週)の『有料会員』の抽選受付中です!
抽選締切:
4/24(水)24:00
締切まで
>>「有料会員』抽選応募はコチラ