14年連続プラス収支、リピーター8割の定員制競馬予想
ゲスト様(無料会員登録ログイン
予想屋マスターの誰も教えてくれない競馬理論
TOP > 競馬予想コラム > 桜花賞 > ソウルスターリングが5連勝で桜花賞制覇なるか?

2017年桜花賞「ソウルスターリングが5連勝で桜花賞制覇なるか?」

2017/04/03 UP
by 予想屋マスター

出走日:2017年04月09日(日)
桜花賞 -G1- 阪神競馬場/芝外1600m 右
条件:サラブレッド系3歳牝馬 賞金:8900万円

今週のメインレースは、牝馬クラシック第一弾の桜花賞(2017年)である。
桜花賞(2017年)は、無敗の3歳女王ソウルスターリングが断然人気となりそうだが、ハイレベルの3歳牝馬22頭が出走登録しており、楽しみな一戦である。
そこで、競馬理論の競馬予想では、桜花賞(2017年)に出走登録している有力各馬の能力をステップレースごとに分析する。

チューリップ賞組からは、1着のソウルスターリング(ルメール)、2着のミスパンテール(四位洋文)、3着のリスグランシュー(武豊)及び7着のアロンザモナ(幸英明)が桜花賞(2017年)に出走登録している。
ソウルスターリングのチューリップ賞の勝利という結果は、2馬身の着差以上に余裕がある非常に強い内容であった。
よって、桜花賞(2017年)の競馬予想においては、断然人気であってもソウルスターリングに本命級の高い評価を与えて当然である。

ミスパンテールのチューリップ賞の2着という結果は、後方のラチ沿いで気分良く脚をためる展開に恵まれたものではあるが、夏の札幌のデビュー戦以来の競馬であることを考慮すると立派である。
よって、桜花賞(2017年)の競馬予想においては、ミスパンテールに、ソウルスターリングの相手候補程度の評価は与えるべきである。

リスグランシューのチューリップ賞の3着という結果は、仕上がり途上だったことを考慮しても直線で伸びを欠いたことは、残念な内容であった。
ただし、リスグランシューは、阪神ジュベナイルフィリーズにおいて、外枠で出遅れながらも追い込んでおり、ソウルスターリングと互角のレース内容であった。
よって、桜花賞(2017年)の競馬予想においては、リスグランシューの巻き返しにも注意を払うべきである。

アロンザモナは、チューリップ賞の見所のないレース内容を見る限り、桜花賞(2017年)の競馬予想において高い評価は不要である。

フィリーズレビュー組からは、1着のカラクレナイ(田辺裕信)、2着のレーヌミノル(池添謙一)、3着のゴールドケープ(丸山元気)及び4着のジューヌエコール(北村友一)が桜花賞(2017年)に出走登録している。
カラクレナイのフィリーズレビューの勝利という結果は、3連勝と能力的に底を見せていないが、ハイペースの前崩れの展開に恵まれたことも確かである。
よって、桜花賞(2017年)の競馬予想においては、急激なメンバー強化を考慮すると、カラクレナイに押さえ程度の評価を与えれば十分である。

レーヌミノルのフィリーズレビューの2着という結果は、ハイペースを早め先頭で自ら勝ちに行ってのものであり、レース内容としてはカラクレナイと互角である。
よって、桜花賞(2017年)の競馬予想においては、前残りの展開や馬場になって先行力を生かせるようであれば、レーヌミノルがカラクレナイを逆転可能と判断すべきである。

ゴールドケープ及びジューヌエコールは、フィリーズレビューの見所のないレース内容を見る限り、桜花賞(2017年)の競馬予想において高い評価は不要である。

アネモネステークス組からは、1着のライジングリーズン(丸田恭介)、2着のディアドラ(岩田康誠)、3着のスズカゼ及び7着のショーウェイ(松若風馬)が桜花賞(2017年)に出走登録している。
ライジングリーズンのアネモネステークスの勝利という結果は、弱いメンバー構成とハイペースの前崩れの展開に恵まれたものである。
よって、桜花賞(2017年)の競馬予想においては、ライジングリーズンにも押さえ程度の評価を与えれば十分である。

ディアドラ、スズカゼ及びショーウェイは、アネモネステークスの見所のない内容を見る限り、桜花賞(2017年)の競馬予想において高い評価は不要である。

朝日杯フューチュリティステークス組からは、4着のミスエルテ(川田将雅)が桜花賞(2017年)に出走登録している。
ミスエルテの朝日杯フューチュリティステークスの4着は、1番人気にこたえられなかったものの、牡馬相手であったことを考慮すると悲観すべき内容ではない。
よって、桜花賞(2017年)の競馬予想においては、休み明けではあっても、ミスエルテに押さえ程度の評価は与えるべきである。

クイーンカップ組からは、1着のアドマイヤミヤビ(デムーロ)及び2着のアエロリット(横山典弘)が桜花賞(2017年)に出走登録している。
アドマイヤミヤビのクイーンカップの勝利という結果は、スローペースで

外を回って差し切る着差以上に強い内容であった。
また、アドマイヤミヤビは、皐月賞の有力候補であるカデナを百日草特別で差し切っている、
よって、桜花賞(2017年)の競馬予想においては、2番人気が想定されるアドマイヤミヤビに、ソウルスターリングの逆転候補としてかなり高い評価を与えるべきである。

アエロリットのクイーンカップの2着という結果は、アドマイヤミヤビには力負けだった。
よって、桜花賞(2017年)の競馬予想においては、相手なりに崩れなく走る点を考慮して、アエロリットに押さえ程度の評価を与えるべきである。

以上のように、競馬理論の競馬予想では、桜花賞(2017年)に出走登録している有力各馬の能力を分析した。
この分析結果に、展開、調教、人気、枠順及び馬場状態などの様々な要素を加味して、桜花賞(2017年)の最終的な予想を決断する。
競馬理論のファンの方は、桜花賞(2017年)の予想をお楽しみに。


展開解説の動画を最短でお届け!!
\メールアドレス入力 → 最短で動画が届く!/
Gmail等のメールアドレス
迷惑メールに紛れていないか必ずご確認ください
すでに無料登録されている方はこちら
※登録は完全無料ですのでご安心ください