14年連続プラス収支、リピーター8割の定員制競馬予想
ゲスト様(無料会員登録ログイン
予想屋マスターの誰も教えてくれない競馬理論
TOP > 競馬予想コラム > 桜花賞 > ジェンティルドンナが姉ドナウブルーの雪辱を果たす
2012/04/08
予想屋マスター
回顧録

桜花賞 -G1- 阪神競馬場/芝外1600m 右
条件:サラブレッド系3歳牝馬 賞金:8900万円

2012年桜花賞 ジェンティルドンナが姉ドナウブルーの雪辱を果たす

第72回桜花賞の結果(2012年)は、1番人気の2歳女王ジョワドヴィーヴル(福永祐一)が敗れ、ジェンティルドンナ(岩田康)の勝利という結果で幕を閉じた。

競馬理論は、シンザン記念(2012年)の内容から能力的には互角と評価をしつつも、チューリップ賞で敗戦を喫した割りには人気になっていたことから、馬券の期待値を考慮してジェンティルドンナを押さえ評価にとどめてしまった。

第72回桜花賞のレースでは、ジェンティルドンナは中団の馬込みの中で折り合いをつけた。

そしてジェンティルドンナは、直線で岩田騎手に外に持ち出されると、上がり34秒3の末脚を披露して第72回桜花賞の結果(2012年)を制覇した。

ジェンティルドンナの第72回桜花賞の結果(2012年)の勝利は、内で叩き合っていた2頭をきっちりと差し切ってのものであり、熱発明けのチューリップ賞とは一変した強い内容であった。

よって第72回桜花賞で2冠目のオークス(2012年)においても、ジェンティルドンナが好走する可能性は高い。

なおジェンティルドンナは、母方が短距離血統なのでオークスの2400mの距離が不安視されるが、第72回桜花賞の結果(2012年)での折り合いを見る限り距離は問題ないと競馬理論では判断している。

第72回桜花賞の結果(2012年)では、大魔神佐々木主浩がオーナーのヴィルシーナ(内田博)が2着に入った。

ヴィルシーナは、クイーンカップ(2012年)、1000m通過が63秒近くの超スローペースを2番手から押し切る展開に恵まれて勝利を収めた。

しかし競馬理論は、第72回桜花賞でこのヴィルシーナ人気の高まりを過大評価すべきでないと判断し、ヴィルシーナの評価を下げてしまった。

レースでは、ヴィルシーナは先行集団の外目を追走し早めに先頭に立って押し切りを図ったが、大外からジェンティルドンナに差され2着に敗れてしまった。

ヴィルシーナの第72回桜花賞の結果(2012年)の2着は、ジェンティルドンナにこそ差されてしまったが、早め先頭と自ら勝ちに行っての競馬によるものであり、レース内容としての価値も高い。

更に、直線で一旦は交わされたアイムユアーズを差し返したヴィルシーナの勝負根性は目を見張るものがあった。

よって第72回桜花賞の次走のオークス(2012年)、ヴィルシーナが展開次第でジェンティルドンナを逆転可能と競馬理論では判断している。

第72回桜花賞の結果(2012年)で3番人気に推されたアイムユアーズ(ピンナ)は、人気と同じ3着であった。

アイムユアーズは、ヴィルシーナの直後からレースを進め、直線ではヴィルシーナとの叩き合いに持ちこんだ。

一旦は先頭に立って勝利を収めたかにも見えたものの、残り50mで脚が鈍ってしまい、外からジェンティルドンナに差されただけでなく、内からヴィルシーナにも差し返されてしまい、結局3着に敗れてしまった。

アイムユアーズの第72回桜花賞の結果(2012年)の3着は、ゴール前で脚が鈍ったことは残念だったが、正攻法の競馬によるものであり、能力的には上位2頭と大きな差はない。

よって次走のオークス(2012年)においても、相手なりに走る上に競馬が上手なアイムユアーズが好走する可能性は高いと競馬理論では判断している。

第72回桜花賞の結果(2012年)で単勝2.3倍の1番人気に推されたジョワドヴィーヴルは、人気を裏切り6着に敗れてしまった。

競馬理論は、第72回桜花賞の前哨戦のチューリップ賞(2012年)が弱過ぎたので気掛かりだったものの、今の阪神の外が伸びる芝コースで外枠を引いたことで、阪神ジュベナイルフィリーズで見せた圧勝の走りを発揮することができれば負けないと判断し、ジョワドヴィーヴルを本命に予想してしまった。

レースでは、ジョワドヴィーヴルは後方の外目を追走し、直線でも大外に持ちだされたが、ジリジリとしか伸びず6着止まりであった。

ジョワドヴィーヴルの第72回桜花賞の結果(2012年)の6着は、終始外を回らされるコースロスはあったが、外も伸びる今の馬場状態を考慮すると、残念なレース内容であった。

ジョワドヴィーヴルは、今後の牝馬クラシック戦線においても、阪神ジュベナイルフィリーズの内容ほどに走れば互角以上の競馬ができると思われる。

だがしかし、人気先行の現状を考えると、しばらくは押さえ程度の評価で様子を見るのが妥当と競馬理論では判断している。

以上のように、第72回桜花賞の結果(2012年)は、ジェンティルドンナの勝利という結果で幕を閉じた。

しかしジェンティルドンナの走りは、まだ圧倒的と評することもできない。

今年の牝馬クラシック戦線(2012年)は、混戦状態が続きそうである。

競馬理論のファンの方は、牝馬クラシック戦線の穴予想をお楽しみに。


もうムダ馬券を買うことは やめにしませんか?>>