14年連続プラス収支、リピーター8割の定員制競馬予想
ゲスト様(無料会員登録ログイン
予想屋マスターの誰も教えてくれない競馬理論
TOP > 競馬予想コラム > 桜花賞 > ディープインパクトの娘マルセリーナがG1制覇
2011/04/10
予想屋マスター
回顧録

桜花賞 -G1- 阪神競馬場/芝外1600m 右
条件:サラブレッド系3歳牝馬 賞金:8900万円

2011年桜花賞 ディープインパクトの娘マルセリーナがG1制覇

第71回桜花賞の結果は、レーヴディソールの回避で混戦模様となったが、上位人気馬同士の結果となった。

その混戦の第71回桜花賞の結果を制したのは、2番人気のマルセリーナ(安藤勝)であった。

競馬理論は、唯一の敗戦がレベルの高いシンザン記念であることと、エルフィンステークスの圧勝劇から、マルセリーナに高い評価を与えていたが、先行馬不在のメンバー構成を考慮し、本命に予想できなかった。

第71回桜花賞の結果のレースでは、マルセリーナは、スタートがひと息ということもあり、後方の内目からのレースとなった。

そして、マルセリーナは、直線に向くと馬込みをこじ開けるように抜けだして、第71回桜花賞の結果を制覇した。

マルセリーナの第71回桜花賞の結果の勝利は、レーヴディソール不在ですべての馬にチャンスがあるという騎手の思惑によるハイペースに恵まれたものだが、馬群をこじ開ける根性には高い評価を与えるべきである。

よって、2冠目のオークスでも、マルセリーナに高い評価を与えるべきである。

ただし、血統的に2400mの距離に若干の不安が残る点と、人気馬に追い込み馬が多い上に、殆どの馬が初距離となる東京2400mが舞台ということからスローペースになる可能性が高い点とを考慮すると、マルセリーナを過信すべきでないとも競馬理論では判断している。

一方、第71回桜花賞の結果で1番人気に推されたホエールキャプチャ(池添)は2着止まりであった。

競馬理論は、レーヴディソールに内から迫った阪神ジュベナイルフィリーズのレース内容から、ホエールキャプチャにも高い評価を与えていた。

第71回桜花賞の結果のレースでは、ホエールキャプチャは、8枠16番からの発走ということもあり、後方の外目からレースを進めた。

そして、ホエールキャプチャは、直線でも大外から鋭い差し脚で追い込んだが、マルセリーナには届かず、2着に敗れてしまった。

ホエールキャプチャの第71回桜花賞の結果の2着は、終始外を回らされるコースロスがあってのものであり、レース内容としてはマルセリーナを上回る。

よって、次走のオークス、ホエールキャプチャがマルセリーナを逆転する可能性は低くない。

なお、ホエールキャプチャは過去のレースを見る限り、先行する競馬もできるので、オークスでは中団位から競馬をすすめることができれば、オークス馬に近づくと競馬理論では判断している。

一方、第71回桜花賞の結果では、4番人気のトレンドハンター(岩田)が3着に入った。

トレンドハンターは、ホエールキャプチャをマークするように最後方からレースを進め、直線でも大外から追い込んだが、3着が精一杯であった。

トレンドハンターの第71回桜花賞の結果の3着は、ハイペースの前潰れの展開にも恵まれたが、ホエールキャプチャと同様にかなり外を回らされるコースロスを克服してのものであり、レース内容としてはマルセリーナと大きな差はない。

また、トレンドハンターは、芝コース2戦目のキャリアを考えると、これからが楽しみな逸材である。

よって、次走のオークスにおいて、展開や成長次第でトレンドハンターが逆転してもおかしくない。

ただし、オークスはスローペースになる可能性が高いので、トレンドハンターが好走するにはある程度先行する競馬を覚える必要があるとも、競馬理論では判断している。

第71回桜花賞の結果で他に注目に値するレースをしたのは、5着のフォーエバーマーク(吉田豊)である。

フォーエバーマークは、戦前の予想よりもかなり厳しい流れの中、5着に逃げ粘っており、もう少し楽なペースで逃げられれば際どい競馬ができたはずである。

よって、今後の重賞戦線においても、フォーエバーマークの逃げ粘りにはそれ相応の注意をはらうべき、と競馬理論では判断している。

以上のように、第71回桜花賞の結果は、マルセリーナ及びホエールキャプチャの人気馬2頭で結果が出た。

しかしながら、3歳牝馬世代でマルセリーナ及びホエールキャプチャが、レーヴディソールのように圧倒的な能力を秘めているわけではない。

よって、競馬理論のファンの方は、混戦の牝馬クラシック戦線の穴予想をお楽しみに。


もうムダ馬券を買うことは やめにしませんか?>>