14年連続プラス収支、リピーター8割の定員制競馬予想
ゲスト様(無料会員登録ログイン
予想屋マスターの誰も教えてくれない競馬理論
TOP > 競馬予想コラム > 大阪杯 > ダービー馬キズナがいよいよ始動

2014年大阪杯「ダービー馬キズナがいよいよ始動」

2014/04/03 UP
by 予想屋マスター

出走日:2014年04月06日(日)
大阪杯 -G1- 阪神競馬場/芝2000m 右
条件:サラブレッド系4歳以上 賞金:6000万円

今週のメインレースは、第58回産経大阪杯である。
第58回産経大阪杯は、ダービー馬キズナ(武豊)、菊花賞馬エピファネイア(福永祐一)及び牝馬G1を3勝しているメイショウマンボ(武幸四郎)の復帰戦と豪華メンバーが揃っており、例年以上に注目を集めるレースとなっている。

そこで、競馬理論の競馬予想では、第58回産経大阪杯に出走する有力各馬の能力をステップレースごとに分析する。

菊花賞組からは、1着のエピファネイアが第58回産経大阪杯に出走する。

エピファネイアの菊花賞の勝利という結果は、自ら勝ちに行く競馬で5馬身もの差をつけており、他の馬との能力の違いを見せつけた。

そのため第58回産経大阪杯の競馬予想においては、エピファネイアに本命級の高い評価を与えて当然である。

一方、凱旋門賞組からは、4着のキズナが第58回産経大阪杯に出走する。

キズナの凱旋門賞の4着という結果は、世界の一流馬が相手と考えると立派である。
またキズナは、日本ダービーにおいてエピファネイアをまとめて差し切っている。

よって第58回産経大阪杯の競馬予想においては、キズナにエピファネイアと互角の評価を与えるべきであると考える。

一方、エリザベス女王杯組からは、1着のメイショウマンボが第58回産経大阪杯に出走する。

メイショウマンボのエリザベス女王杯の勝利という結果は、2着のラキシスに1馬身以上の差をつけており、牝馬同士では力が違うところを見せつけた。

なお、エリザベス女王杯5着馬のデニムアンドルビーがジャパンカップでも2着に好走しており、メンバー比較では牡馬相手でも遜色はないと捉える。
そのため第58回産経大阪杯の競馬予想においては、牝馬のメイショウマンボにも高い評価を与えるべきである。

一方、東京新聞杯組からは、10着のショウナンマイティ(浜中俊)が第58回産経大阪杯に出走する。

ショウナンマイティの東京新聞杯の10着という結果は、出遅れたことを考慮しても、レース内容としては見所がなかったと考える。

しかしながら、ショウナンマイティは、安田記念で2着や宝塚記念で3着の実績があり、G1級相手でも能力的には互角である。

よって第58回産経大阪杯の競馬予想においては、体調さえ戻ればショウナンマイティも好走可能と判断すべきである。

一方で中山記念組からは、11着のダークシャドウ(内田博幸)及び14着のカレンミロティック(池添謙一)が第58回産経大阪杯に出走する。

ダークシャドウ及びカレンミロティックの中山記念の敗戦は 見所がなく、更にメンバーが強化する第58回産経大阪杯の競馬予想においては高い評価は不要である。
ただし、カレンミロティックは、先行する自分の競馬ができれば、金鯱賞勝ちの実績がある。
よって、第58回産経大阪杯の競馬予想においては、先行馬不在のメンバー構成で楽に先行する展開に恵まれるようであれば、カレンミロティックの残り目にも注意が必要である。
以上のように、競馬理論の競馬予想では、第58回産経大阪杯に出走する有力各馬の能力を分析した。
この分析結果に、展開、調教、枠順及び馬場状態などの様々な要素を加味して、第58回産経大阪杯の最終的な予想を決断する。
競馬理論のファンの方は、第58回産経大阪杯の予想をお楽しみに。


展開解説の動画を最短でお届け!!
\メールアドレス入力 → 最短で動画が届く!/
Gmail等のメールアドレス
迷惑メールに紛れていないか必ずご確認ください
すでに無料登録されている方はこちら
※登録は完全無料ですのでご安心ください