14年連続プラス収支、リピーター8割の定員制競馬予想
ゲスト様(無料会員登録ログイン
予想屋マスターの誰も教えてくれない競馬理論
\14年連続プラス収支を達成/
締切まで
抽選に応募する
TOP > 競馬予想コラム > 大阪杯 > ドリームジャーニーの連覇濃厚
2012/07/02
予想屋マスター

出走日:2012年07月08日(日)
大阪杯 -G1- 阪神競馬場/芝2000m 右
条件:サラブレッド系4歳以上 賞金:6000万円

2012年大阪杯 ドリームジャーニーの連覇濃厚

今週のメインレースは、第54回産経大阪杯である。
第54回産経大阪杯は、去年のグランプリ2冠馬ドリームジャーニー(池添)が出走するが、それ以外はG2とは思えないほど低調なメンバー構成となった。
そこで、競馬理論は、第54回産経大阪杯に出走する有力各馬の能力を分析する。

第54回産経大阪杯では、ドリームジャーニーが圧倒的な一番人気に推されそうである。
ドリームジャーニーは、グランプリを連勝中で、低調なこのメンバーならば圧倒的な人気になるのも当然である。
更に、ドリームジャーニーは、去年の産経大阪杯でディープスカイを破っているように、阪神2000mも得意な条件である。
よって、去年よりもメンバーがかなり弱化した第54回産経大阪杯において、ドリームジャーニーが連覇を果たす可能性はかなり高い。
そこで、第54回産経大阪杯ではドリームジャーニーの2着争いがレースのポイントになると競馬理論では判断している。

一方、中京記念組からは、2着のタスカータソルテ(松田)、3着のホッコーパドゥシャ(鮫島)、4着のサンライズベガ及び10着のサクラオリオン(和田)が第54回産経大阪杯に出走する。
中京記念は、ローカルのハンデ重賞で低調なメンバー構成だったので、G2の第54回産経大阪杯では割引が必要である。
なお、中京記念組では、55キロでスムーズに先行したサンライズベガの評価は下げるべきで、57キロで好走したタスカータソルテ及びホッコーパドゥシャに注目すべきである。
また、サクラオリオンは、休み明けで臨んだ中京記念の敗戦を度外視すれば、函館記念勝ちの実績があるので、一変があってもおかしくはない。
ただし、繰り返しになるが、中京記念はかなり低レベルだったので、中京記念組自体を押さえ程度評価にとどめるべきと競馬理論では判断している。

別路線組からは、シェーンヴァルト、テイエムアンコール、ベストメンバー及びヤマニンキングリーあたりが第54回産経大阪杯で注目される。
シェーンヴァルトは、オープン特別の近2走で復調気配を窺わせており、2着争いならば加われそうである。
テイエムアンコールは、中山記念で、外が伸びない馬場で外を回らされて、2着に追い込んおり、レース内容的な価値は高い。
よって、第54回産経大阪杯が前潰れの展開になるようであれば、テイエムアンコールが2着候補の筆頭になりうると競馬理論では判断している。
一方、ベストメンバーは、8ヶ月ぶりの久々で挑んだ日経新春杯でこそ惨敗を喫したが、皐月賞5着の実績馬である。
更に、ベストメンバーは、若葉ステークスで、トライアンフマーチ(皐月賞2着馬)やトップカミング(日経新春杯2着)を破っていることから、第54回産経大阪杯のメンバー程度ならば能力的に大きな差はない。
よって、第54回産経大阪杯、叩き2走目のベストメンバーの一変に注意すべきと競馬理論では判断している。

一方、ヤマニンキングリーは、去年の秋のG1戦線でまったく通用せず、惨敗を繰り返した。
しかしながら、ヤマニンキングリーは、スーパーG2の札幌記念でブエナビスタを破って勝利を収めていることから、展開さえ嵌れば一線級相手でも好走可能である。
よって、第54回産経大阪杯、休み明けであっても、札幌記念のように好位のインを追走する展開になれば、ヤマニンキングリーが好走してもおかしくないと競馬理論では判断している。

以上のように、競馬理論は、第54回産経大阪杯に出走する有力各馬の能力を分析した。
この分析結果に、枠順、展開、調教及び馬場状態などの様々な要素を加味して、第54回産経大阪杯の最終的な予想を決断する。
競馬理論のファンの方は、第54回産経大阪杯の予想をお楽しみに。


もうムダ馬券を買うことは やめにしませんか?>>