14年連続プラス収支、リピーター8割の定員制競馬予想
ゲスト様(無料会員登録ログイン
予想屋マスターの誰も教えてくれない競馬理論
\14年連続プラス収支を達成/
締切まで
抽選に応募する
TOP > 競馬予想コラム > 大阪杯 > ○○○は、天皇賞へ向けて負けられない
2012/06/29
予想屋マスター

出走日:2012年07月01日(日)
大阪杯 -G1- 阪神競馬場/芝2000m 右
条件:サラブレッド系4歳以上 賞金:6000万円

2012年大阪杯 ○○○は、天皇賞へ向けて負けられない

今週のメインレースは、天皇賞・春へのステップレースとなる第52回産経大阪杯である。

第52回産経大阪杯には、去年の覇者で天皇賞2勝のメイショウサムソン(武豊)や、去年の牝馬G1を3勝したダイワスカーレット(安藤勝)などが出走し、例年以上に注目される。 去年の産経大阪杯の覇者のメイショウサムソンが人気を集めそうである。メイショウサムソンは、暮れの有馬記念を除けば、G1で安定した成績を収めている。メイショウサムソンの有馬記念の敗戦は、出遅れたことによって、追い込み不利な馬場を終始外を回らされてのものであり、度外視できる。 よって、第52回産経大阪杯における競馬予想においては、有馬記念の敗戦ではなく、休み明けで圧勝した天皇賞・秋の内容や、イン有利な馬場を外を回る横綱競馬で3着に敗れたジャパンカップの内容を考慮して、メイショウサムソンを評価すべきである。

更に、メイショウサムソンは、休み明けで去年の産経大阪杯及び天皇賞・秋を制しているように、休み明けを苦にしないので、第52回産経大阪杯の競馬予想においても、メイショウサムソンに高い評価を与えるべきと競馬理論で判断している。

一方、第52回産経大阪杯に出走するダイワスカーレットも、メイショウサムソンと互角又はそれ以上の人気が予想される。ダイワスカーレットは、G1の3勝を含む6勝2着3回と完璧な成績を収めており、能力的に底を見せてない。また、ダイワスカーレットは、前走の有馬記念で初の古馬相手にもかかわらず、マツリダゴッホの2着を確保しており、古馬の一線級相手でも問題なく通用する能力を秘めていることを示した。 よって、今のイン有利の阪神競馬場の芝コースで行われる第52回産経大阪杯の競馬予想においても、先行する器用な脚を持つダイワスカーレットに対して高い評価を与えるべきと競馬理論では判断している。 なお、ダイワスカーレットとメイショウサムソンとの力関係については、枠順発表後に判断したい。

第52回産経大阪杯において、メイショウサムソンが人気になるのであれば、3歳時にメイショウサムソンと互角以上の競馬をしていたドリームパスポート(松岡)も注目される。ドリームパスポートは、クラシック戦線で不利な展開を克服して、メイショウサムソンと差のない競馬をしていたので、3歳時において、競馬理論は、メイショウサムソンよりも、ドリームパスポートに高い評価を与えていた。その結果、競馬理論は、菊花賞を始めとする多くのレースで高配当を的中させることができた。

しかしながら、ドリームパスポートは、近走の京都記念やアメリカジョッキークラブカップのレース内容を振り返る限り、3歳時の強さが見られず、完全に復調なったとは言えない状態である。 よって、現状では、ドリームパスポートよりも、メイショウサムソンに高い評価を与えざるを得ないと競馬理論の競馬予想では判断している。 ただし、ドリームパスポートがG1級の能力を秘めていることを頭の片隅にいれておくべきであろう。

メイショウサムソン及びドリームパスポートと同世代のアドマイヤメイン(川田)も第52回産経大阪杯に出走する。アドマイヤメインは、菊花賞において、ハイペースで先行して3着に好走しており、メイショウサムソンに先着を果たしている。よって、今のイン有利の阪神の芝コースで行われる第52回産経大阪杯においてマイペースの逃げを打てるようであれば、アドマイヤメインが粘り込む可能性もあるだろう。 ただし、アメリカジョッキークラブカップで12着に失速しているように、アドマイヤメインも本調子にないので、第52回産経大阪杯における競馬予想においても、過大評価は禁物と競馬理論では判断している。

去年の菊花賞馬アサクサキングスも、第52回産経大阪杯から始動する。アサクサキングスは、ダービー2着の後にかなりの成長を見せて菊花賞馬となっているように、実績的にはこのメンバーでも通用するハズである。しかしながら、菊花賞4着のエイシンダードマンが1000万下でも敗れている様に、4歳牡馬世代は、近年稀に見る低レベルな世代である。 よって第52回産経大阪杯の競馬予想にいて、その低レベルな世代の菊花賞馬であるアサクサキングスに、菊花賞馬というだけで高い評価を与えるのは禁物と競馬理論では判断している。

他には、インティライミ(佐藤哲)及びサンライズマックス(池添)も注目される。インティライミは、去年の秋に重賞2連勝を果たした後に、ジャパンカップで3番人気に推されたように、このメンバーに入っても通用する能力を秘める。しかしながら、ジャパンカップ及び有馬記念の惨敗の内容を振り返る限り、インティライミが、メイショウサムソンを逆転するのはかなり厳しいと言わざるを得ない。 よって、第52回産経大阪杯の競馬予想において、インティライミには押さえ程度の評価を与えれば十分と競馬理論では判断している。

一方、サンライズマックスは、3連勝で中日新聞杯を制して、重賞ウィナーの仲間入りを果たしたが、急激なメンバー強化の感は否めない。 よって、第52回産経大阪杯における競馬理論の競馬予想は、サンライズマックスに対しても押さえ程度の評価を与えれば十分と判断している。

他に、天皇賞・秋で2着の実績があるスウィフトカレントも体調次第では通用するが、第52回産経大阪杯では、休み明けでいきなりとなると厳しいだろう。 以上のように、競馬理論は、第52回産経大阪杯に出走する有力各馬の能力を分析した。現時点では、メイショウサムソンとダイワスカーレットの能力が抜けている感じがするが、いずれも目標は先であり取りこぼす可能性も否定できない。 よって、この分析結果に、枠順、調教及び馬場状態など様々な要素を加味して、第52回産経大阪杯の最終的な予想を決断する。競馬理論のファンの方は、第52回産経大阪杯の予想をお楽しみに。


もうムダ馬券を買うことは やめにしませんか?>>