14年連続プラス収支、リピーター8割の定員制競馬予想
ゲスト様(無料会員登録ログイン
予想屋マスターの誰も教えてくれない競馬理論
TOP > 競馬予想コラム > 大阪杯 > 第51回大阪杯

2012年大阪杯「第51回大阪杯」

2012/06/29 UP
by 予想屋マスター

出走日:2012年07月01日(日)
大阪杯 -G1- 阪神競馬場/芝2000m 右
条件:サラブレッド系4歳以上 賞金:6000万円

今週は、天皇賞春のステップレースである第51回大阪杯が阪神競馬場で行われる。
その第51回大阪杯には、去年の2冠馬のメイショウサムソン(石橋守)が出走する。

メイショウサムソンは、去年の春に皐月賞、ダービーと連勝したように、実績的には断然といえる。
ただし、皐月賞の競馬理論、ダービーの競馬理論、神戸新聞杯の競馬理論及び菊花賞の競馬理論(林君リンクをお願いします)でも述べたように、メイショウサムソンの2冠制覇は、イン有利の馬場状態と先行馬有利の展開に助けられた冠が否めない。
そのため、メイショウサムソンは、底力勝負となった秋のG1競馬では、人気を裏切り、敗戦を繰り返していた。
よって、競馬理論は、二冠馬で常に人気となるメイショウサムソンに、今後のレースでも、高い評価を与えてはならないと判断している。
つまり、メイショウサムソンは、一線級が揃うG1レースでは、今後も凡走を繰り返すだろう。
しかしながら、第51回大阪杯に出走する予定のメンバー程度ならば、メイショウサムソンが、力で押し切る可能性が高い。
そのため、競馬理論は、過剰に人気になることを考慮しながらも、第51回大阪杯ではメイショウサムソンを本命に予想することはある。
ただし、競馬理論のファンの方は、メイショウサムソンが絶対の本命馬でないことだけは忘れないでほしい。

シンガポールで国際G1を制覇したコスモバルク(五十嵐)も、実績的には上位である。
コスモバルクは、去年の秋の天皇賞及びジャパンカップで4着しており、能力的には衰えていない。
特に、コスモバルクは、ジャパンカップでは、大逃げを打って4着に粘り込んでおり、メイショウサムソンに先着している。
よって、コスモバルクが、展開次第でメイショウサムソンを逆転する可能性がある。
ただし、コスモバルクは、気難しい馬であり、折り合いを欠くとまったく競馬にならないことがある。
そのため、競馬理論は、コスモバルクを、連軸としては不向きな馬として判断している。

4戦連続連対中のトウカイエリート(赤木)も人気となる。
トウカイエリートは、初重賞の前走の日経新春杯でも2着に好走しており、絶好調といえる。
しかしながら、競馬理論は、トウカイエリートを軽視して予想しようと考えている。
なぜならば、トウカイエリートの前走の日経新春杯の2着は、54キロの斥量と有力馬が外を回る展開に助けられたものであり、レース内容の価値は低い。
また、日経新春杯を同じようにインを突いて勝利したトウカイワイルド(安藤)が、京都記念及び日経賞で惨敗を繰り返していることからも、トウカイエリートに高い評価を与えてはいけないことが分かる。
以上のように、競馬理論は、トウカイエリートを抑え程度の評価にとどめる予定である。

競馬理論は、コンゴウリキシオー、アサカディフィート(小牧)及びタガノデンジャラスを穴候補として注目している。
コンゴウリキシオーは、休み明けで自分の競馬ができなかった前走の中京記念でこそ12着に敗れてしまったが、単騎で逃げたときは非常にシブトイ。
よって、単騎逃げが見込まれる第51回大阪杯では、コンゴウリキシオーの逃げ切りに注意を払う必要があると競馬理論では判断している。

アサカディフィートは、9歳馬になるが、衰えを見せるどころか今が最も充実している。
アサカディフィートは、前走の小倉大章典では、57.5キロを克服して、エイシンドーバーを差しきっており、G2のこのメンバーに入っても能力的には互角以上といえる。
ただし、アサカディフィートはスタートが安定しないので、スローペースにならないことが好走の条件となるが、コンゴウリキシオーが出走さえしてくれれば、スローペースになることはない。
よって、コンゴウリキシオーが出走した場合には、アサカディフィートを重視して予想すべきと競馬理論では判断している。

タガノデンジャラスは、前走の大阪城ステークスで超スローペースを大外から差のない4着まで追い込んでおり、大阪城ステークスの内容は抜群である。
タガノデンジャラスは、去年の春の競馬でオープン特別勝ちを収めたときには重賞でも通用する素質を秘めると注目された馬であり、前走程度走って当然である。
よって、競馬理論は、タガノデンジャラスを、第51回大阪杯の最大の惑星候補として現時点では判断している。

以上のように、競馬理論は、第51回大阪杯に出走する各馬の能力を分析している。
この能力分析に、枠順や調教状態などを加味して、第51回大阪杯の最終的な予想を決断しようと考えている。
競馬理論のファンの方は、競馬理論の第51回大阪杯の予想をお楽しみに。


展開解説の動画を最短でお届け!!
\メールアドレス入力 → 最短で動画が届く!/
Gmail等のメールアドレス
迷惑メールに紛れていないか必ずご確認ください
すでに無料登録されている方はこちら
※登録は完全無料ですのでご安心ください