長年の研究と独自の競馬理論に基づいた有料コンテンツサービス提供

ゲストさん(無料会員登録ログイン
予想屋マスターの誰も教えてくれない競馬理論
お客様の声
お客様の声
TOP > 競馬予想 > オークス(優駿牝馬) > オークス2018の競馬予想|アーモンドアイの2冠制覇なるか?

オークス(優駿牝馬) 『オークス2018の競馬予想|アーモンドアイの2冠制覇なるか?』

全文を読むには会員登録が必要です
こちらから登録 >>

今週は、フルゲート18頭に対して20頭の出走登録馬があった牝馬クラシック第二弾

オークス(2018年)の予想について解説する。

桜花賞を衝撃的な強さで差し切ったアーモンドアイの2冠制覇に注目が集まる。

また、今年のオークスは、2歳女王ラッキーライラックとアーモンドアイの2頭が単勝オッズ2倍台と人気が集中しそうな模様である。

そこで、競馬理論の競馬予想では、オークスの出走予定馬の能力をステップレースごとに分析する。

 

桜花賞組


1着のアーモンドアイ(ルメール)・2着のラッキーライラック(石橋脩)・

3着のリリーノーブル(川田将雅)・4着のトーセンブレス(柴田善臣)・

5着のマウレア(武豊)・7着のレッドサクヤ(福永祐一)・

8着のスカーレットカラー(岩田康誠)

の合計7頭が出走登録している。

 

アーモンドアイ

桜花賞の勝利という結果は、好位のインを追走する最高の競馬をしたラッキーライラックを差し切ったものである。

つまり、アーモンドアイは、着差以上に強い内容で勝利しており、3歳牝馬世代では能力が違うことを示した。

ただし、アーモンドアイは、ロードカナロア血統ということもあり、距離が不安視されている。

しかしながら、アーモンドアイは折り合いに難があるタイプでもないので、2400mが極端に駄目という可能性は少ないはずである。

それよりも、アーモンドアイにとっての不安は、スタート難による極端な追い込み脚質である。

つまり、ほとんどの馬が初距離ということで極端なスローペースで差しが届きにくい展開になってしまうと、アーモンドアイが脚を余す可能性は否定できない。

よって、オークスの予想では、アーモンドアイにかなり高い評価を与えて当然だが、差しが届きにくい馬場や展開のときに取りこぼす可能性はありうると判断すべきである。

 

ラッキーライラック

桜花賞の2着という結果は、好位のインを追走する完璧な競馬でアーモンドアイに差し切られてしまった。

つまり、ラッキーライラックは、アーモンドアイにこそ力負けであったが、きっちりと2着を確保しており、3歳牝馬世代ではトップクラスの能力を改めて示した。

よって、オークスの予想では、ラッキーライラックにもかなり高い評価を与えて当然である。

なお、ラッキーライラックがアーモンドアイを逆転するには、競馬が上手な器用な脚質を生かしてロスのない競馬をする必要がある。

 

リリーノーブル

桜花賞の3着という結果は、前に壁を作れず終始外目を回された割には、ラッキーライラックと半馬身差まで差を詰めた。

つまり、リリーノーブルは、堅実に力をつけており、人気の差ほどラッキーライラックと差がない。

よって、オークスの予想では、リリーノーブルにもラッキーライラックと同程度の評価を与えるべきである。

 

トーセンブレス

桜花賞の4着という結果は、アーモンドアイが強すぎたせいで影が薄いが、堅実にいい脚を使うことを示した。

よって、オークスの予想では、差しが届く展開になるようであれば、トーセンブレスにも注意が必要である。

 

マウレア・レッドサクヤ・スカーレットカラー

桜花賞のレース内容は見所がなかった。

よって、オークスの予想では、マウレア、レッドサクヤ及びスカーレットカラーに高い評価は不要である。

 

フローラステークス組


1着のサトノワルキューレ(ミルコ・デムーロ)・2着のパイオニアバイオ(北村宏司)・
6着のウスベニノキミ・14着のオハナ

の合計4頭が出走登録している。

 

サトノワルキューレ

フローラステークスの勝利という結果は、開幕週の馬場且つスローペースの展開を大外から差し切っている。

つまり、サトノワルキューレは、弱いメンバー構成に恵まれたとはいえども着差以上に強い内容であった。

よって、オークスの予想では、急激なメンバー強化を考慮しても、差しが届く展開になるようであれば、サトノワルキューレにも高い評価を与えるべきである。

 

パイオニアバイオ

フローラステークスの2着という結果は、不利な外枠からの発走で終始外を回らされた割には頑張った。

よって、オークスの予想では、しぶとさを生かせる展開になるようであれば、パイオニアバイオがサトノワルキューレを逆転可能と判断すべきである。

 

ウスベニノキミ・オハナ

フローラステークスのレース内容は見所がなかった。

よって、オークスの予想では、ウスベニノキミ及びオハナに高い評価は不要である。

 

スイートピーステークス組

1着のランドネ(内田博幸)・3着のゴージャスランチ(横山典弘)

6着のサヤカチャン(松岡正海)

の合計3頭が出走を予定している。

 

ランドネ

スイートピーステークスの勝利という結果は、弱いメンバー構成に恵まれたものであり、時計的にも高い評価は不要である。

また、ランドネは、スローペースの2番手を追走する展開にも恵まれた。

よって、オークスの予想では、ランドネに高い評価は不要である。

 

ゴージャスランチ・サヤカチャン

スイートピーステークスのレース内容は見所がなかった。

よって、オークスの予想では、ゴージャスランチ及びサヤカチャンにも高い評価は不要である。

 

忘れな草賞組


忘れな草賞組からは、1着のオールフォーラブ(和田竜二)が出走登録している。

 

オールフォーラブ

忘れな草賞の勝利という結果は、超ハイペースを早めに勝ちに行って押し切っており、レース内容として悪くない。

よって、オークスの予想では、急激なメンバー強化を考慮しても、オールフォーラブに多少の注意を払うべきである。

 

フラワーカップ組


1着のカンタービレ(田辺裕信)が出走を予定している。

 

カンタービレ

フラワーカップの勝利という結果は、好位から抜け出す器用な競馬で、しぶとさを見せた。

一方で、カンタービレは、スローペースながらもゴール前でトーセンブレスに迫られており、レース内容としてはトーセンブレスが上である。

よって、オークスの予想では、カンタービレにも押さえ程度の評価を与えれば十分である。

 

以上、オークスに出走登録している有力各馬の能力を分析した。

この分析結果に、展開、調教、枠順、人気及び馬場状態などの様々な要素を加味して、

オークス(2018年)の最終的な予想を決断する。
メルマガを受け取ったその日から、
あなたは競馬を本気で投資と考えられるようになります。
メールアドレス:
予想屋マスターと馬主席で、競馬を観戦ツアー

競馬好き必見♪
予想屋マスター情報から今週の耳よりニュースまで!
片山・麻生がお届けします(≧∀≦*)
友だち追加

「レース直前分析」をもっと読む
今週のメインレース記事・動画を即配信するほか
的中情報、セミナー情報、お年玉動画の先行配信などサービス満点 (*^o^*)
予想屋マスターのメルマガをお見逃しなく♪