14年連続プラス収支、リピーター8割の定員制競馬予想
ゲスト様(無料会員登録ログイン
予想屋マスターの誰も教えてくれない競馬理論
\14年連続プラス収支を達成/
締切まで
抽選に応募する
TOP > 競馬予想コラム > オークス > エリンコートが父デュランダルにクラシックをプレゼント
2011/05/22
予想屋マスター
回顧録

オークス -G1- 東京競馬場/芝2400m 左
条件:サラブレッド系3歳牝馬 賞金:1億1千万

2011年オークス エリンコートが父デュランダルにクラシックをプレゼント

第72回オークスは、 桜花賞馬マルセリーナ(安藤勝)及び桜花賞2着馬ホエールキャプチャ(池添)の 2頭の人気馬が凡走したことにより、大波乱の結果となった。

その大波乱の第72回オークスを制したのは、エリンコートであった。 第72回オークスの結果は、内枠を引いて好位のインを追走できそうなエリンコートに、 押さえ評価を与えていた。

レース結果では、エリンコートは、 中団馬群の中で待機し、直線で馬群の外に持ち出されると、 内にヨレながらもピュアプリーゼとの差を詰めて、 きっちりと先頭に立ったところでゴールした。

エリンコートの第72回オークスの勝利は、外が伸びない馬場でコースロスを極力減らした後藤騎手の好騎乗と追い込みが届き難い馬場状態に恵まれたものである。

また、エリンコートは、 3連勝でオークス馬となったように力をつけていることも確かだが、 それ以前のG1馬にしては目立たないレース結果の内容から 3歳牝馬世代で抜けた実力を秘めているわけでもない。

よって、今後の牝馬重賞戦線においても、 オークス馬という実績自体には敬意を払いつつも、 オークスの勝利だけで過剰に人気になるようであれば、 エリンコートの評価を下げるべきと第72回オークスの結果では判断している。

一方、8番人気のピュアプリーゼ(柴田善)が2着に粘り込んだ。 第72回オークスの結果は、先行力のあるピュアブリーゼに展開面から注目していたが、 外枠を引いてしまったこともあり無印評価としてしまった。

レース結果では、ピュアプリーゼは、大外から思い切って逃げの手に出た。 そして、ピュアブリーゼは、直線に向くと後続を突き放し、 逃げ切るかにも見えたが、ゴール寸前でエリンコートに差されてしまい、2着に敗れてしまった。

ピュアプリーゼの第72回オークスの2着は、イン有利の馬場をマイペースで逃げる展開に恵まれたものであり、過大評価は禁物である。

よって、今後の牝馬重賞戦線においても、 ピュアブリーゼにG1で2着ほどの高い評価を与えるべきではない。

ただし、ピュアプリーゼは、第72回オークスにおいて、 先行するとしぶといことを証明したので、 マイペースで先行できるメンバー構成やイン有利の馬場状態の時には それなりに注意を払うべきとも第72回オークスの結果では判断している。

なお、第72回オークスは、 3月27日の平場の500万下の1、2着馬で結果が出たことから、 現在の牝馬の一線級は、条件級と差がないことも頭に入れておくべきである。

一方、第72回オークスで2番人気のホエールキャプチャは、 3着止まりであった。

第72回オークスの結果は、外を回らされた桜花賞の内容から、 本命評価とはしなかったものの、ホエールキャプチャにはかなり高い評価を与えていた。 レース結果では、ホエールキャプチャは、 出遅れてしまったこともあり、後方のラチ沿いからの競馬となった。 そして、ホエールキャプチャは、 直線で外に持ち出されると、長くいい脚を使って差を詰めたが、 ゴール前で前の2頭と同じ脚色になってしまい、 僅差の3着に敗れてしまった。

ホエールキャプチャの第72回オークスの3着は、出遅れが響いたものであり、レース結果の内容としては一番だが、イン有利の馬場でうまくラチ沿いに潜り込んだものでもあり、圧倒的に強いと言えるまでの内容ではなかった。

よって、今後の重賞戦線、 ホエールキャプチャにオークス組で最も高い評価を与えるべきだが、 展開などの条件一つで取りこぼす可能性も否定出来ないと第72回オークスの結果では判断している。

一方、第72回オークスで1番人気のマルセリーナ(安藤勝)は、 4着止まりであった。

マルセリーナは、後方の外目を追走し、 直線でも大外から追い込んだが、 上位3頭から離れた4着が精一杯であった。

マルセリーナの第72回オークスの4着は、イン有利の馬場で終始外を回らされてのものであり、且つ、直線で前が塞がる不利も受けていたので、力負けではない。

よって、今後の重賞戦線展開さえ嵌れば、 マルセリーナの巻き返しがあってもおかしくないと第72回オークスの結果では判断している。

一方、第72回オークスで第72回オークスの結果が 本命に予想したハブルバブル(ウィリアムズ)は9着に敗れてしまった。

第72回オークスの結果は、イン有利の馬場で絶好となる好位のインを走れる展開面を重視し、 ハブルバブルを本命に予想してしまった。

レース結果では、ハブルバブルは予想通り好位のインを追走したが、 直線では全く伸びず、9着止まりであった。

ハブルバブルの第72回オークスの9着は、雨で滑る馬場状態と距離が影響したものにしても、絶好位を走りながらも全く伸びなかったので、完全に力負けである。

よって、今後の重賞戦線、 ハブルバブルを過大評価すべきでないと第72回オークスの結果では判断している。

以上のように、第72回オークスは、 イン有利の馬場と先行馬不在の展開面が大きな影響を与えて、 エリンコートとピュアブリーゼで結果し、波乱となった。

なお、エリンコート及びピュアプリーゼは、 展開など様々な条件に恵まれての好走であり、力でねじ伏せたというわけではない。

よって、今後の重賞戦線、 第72回オークスのメンバーの着順が大きく入れ替わる可能性が高く、 秋の秋華賞も大混戦になると第72回オークスの結果では判断している。


もうムダ馬券を買うことは やめにしませんか?>>