14年連続プラス収支、リピーター8割の定員制競馬予想
ゲスト様(無料会員登録ログイン
予想屋マスターの誰も教えてくれない競馬理論
\14年連続プラス収支を達成/
締切まで
抽選に応募する
TOP > 競馬予想コラム > オークス > アパパネ及びサンテミリオンが1着同着
2010/05/23
予想屋マスター
回顧録

オークス -G1- 東京競馬場/芝2400m 左
条件:サラブレッド系3歳牝馬 賞金:1億1千万

2010年オークス アパパネ及びサンテミリオンが1着同着

第71回オークスは、JRA史上初のG1での1着同着で結果が出た。

その結果を制してオークス馬となったのは、アパパネ(蛯名)及びサンテミリオン(横山典)である。

第71回オークスの競馬理論の結果は、アパパネ及びサンテミリオンの能力には高い評価を与えていたものの、前日までのイン有利の超高速馬場を考慮して、外枠を引いたアパパネ及びサンテミリオンの評価を下げてしまった。

しかしながら、東京競馬場の芝コースは、未明からの雨により、外も伸びる馬場に変わってしまっていた。

レース結果では、サンテミリオンは、いつものような先行策ではなく、中団よりやや後方の外目を進み、4コーナーで横山騎手に仕掛けられると、早めの抜け出しを図った。

そして、サンテミリオンは、残り200mでアパパネとの一騎打ちに持ち込み、一旦はアパパネに交わされたものの、差し返すしぶとさを見せて、第71回オークスを制覇した。

サンテミリオンの第71回オークスの勝利は、桜花賞馬アパパネを差し返してのものであり、高い評価に値する。

よって、秋の秋華賞においても、キャリアも浅く底を見せていないサンテミリオンには高い評価を与えるべきと第71回オークスの競馬理論の結果では判断している。

一方、1番人気のアパパネは、同着とはいえ、桜花賞馬の意地を見せた。

レース結果では、アパパネは、外枠ということで折り合いに専念して、後方の外目からレース結果を進めた。

そして、アパパネは、サンテミリオンをマークしながら、直線に向くと、長いデットヒートを制して一旦は先頭に立ったが、ゴール直前でサンテミリオンの差し返しにあってしまい、同着となってしまった。

アパパネの第71回オークスの制覇は、血統的に不安視されていた距離と道悪を克服してのものであり、同着とはいえども、2冠達成自体を評価すべきである。

よって、距離が短縮する秋華賞において、アパパネが3冠を達成する可能性は低くないと第71回オークスの競馬理論の結果では判断している。

一方、8番人気のアグネスワルツ(柴田善)が3着に粘り込んだ。

第71回オークスの競馬理論の結果は、単騎逃げが濃厚のアグネスワルツに、前残りの馬場状態を加味して、高い評価を与えていた。

レース結果では、アグネスワルツは、ニーマルオトメが注文をつけてハナに行ったので、2番手からの競馬となった。

そして、アグネスワルツは、直線入口で早くも先頭に立って、粘り込みを図ったが、アパパネ及びサンテミリオンに交わされてしまい、3着が精一杯であった。

アグネスワルツの第71回オークスの3着は、逃げる自分の競馬ができなかった上に、やや重の馬場にしては速いペースを先行してのものであり、レース結果内容的には上位2頭と着差ほど大きな差はない。

よって、今後の重賞戦線においても、アグネスワルツの逃げ粘りには要注意である。

特に、先行馬が少ないレース結果やインが有利な馬場の時には、アグネスワルツに、アパパネやサンテミリオンと互角又はそれ以上の評価を与えても面白いと第71回オークスの競馬理論の結果では判断している。

以上のように、第71回オークスは、アパパネ及びサンテミリオンの1着同着という歴史に残るレース結果となった。

今年の3再牝馬戦線は、アパパネ及びサンテミリオンが一歩抜け出したものの、去年のブエナビスタ及びレッドディザイアのような圧倒的な存在ではない。

よって、秋の秋華賞、アパパネ及びサンテミリオンが中心となるものの、伏兵陣にも要注意と第71回オークスの競馬理論の結果では判断している。


もうムダ馬券を買うことは やめにしませんか?>>