予想屋マスターが、アナタの馬券ライフを変える!!
締切まで
抽選に応募する
予想屋マスターはリピーター8割の定員制競馬予想サイトです
ゲスト様(無料会員登録ログイン
予想屋マスターの誰も教えてくれない競馬理論
TOP > 競馬予想 > 日経新春杯 > 日経新春杯2019の回顧|グローリーヴェイズが悲願の重賞初制覇

日経新春杯2019の回顧|グローリーヴェイズが悲願の重賞初制覇

2019/01/17 UP
by 予想屋マスター
回顧録

日経新春杯 -G2- 京都競馬場/芝外2400m 右
条件:サラブレッド系4歳以上 賞金:5500万円

日経新春杯(2019年)は、ハンデ重賞ということもあり混戦模様であったが、人気サイドでの決着となった。
その日経新春杯(2019年)を制したのは、1番人気に推されたグローリーヴェイズ(ミルコ・デムーロ)であった。
競馬理論の競馬予想では、レベルの高い4歳世代の菊花賞5着馬ということと先行馬が揃ったメンバー構成から、グローリーヴェイズを自信の本命に予想した。

 

グローリーヴェイズ

レースでは、グローリーヴェイズは、中団よりやや後方のラチ沿いで脚をためた。
そして、グローリーヴェイズは、直線で前が開くと内から一気に突き抜けて、日経新春杯(2019年)を制覇した。
グローリーヴェイズの日経新春杯(2019年)の勝利という結果は、ロスのない競馬をさせたデムーロ騎手の好騎乗によるものだが、出入りの激しい厳しい競馬を力でねじ伏せたことは立派である。
よって、今後の重賞戦線の競馬予想においては、グローリーヴェイズに常に注目すべきである。

 

ルックトゥワイス

一方、日経新春杯(2019年)では、5番人気のルックトゥワイス(岩田康誠)が2着に追い込んだ。
競馬理論の競馬予想では、2番人気のムイトオブリガードと互角のルックトゥワイスにも高い評価を与えていた。
レースでは、ルックトゥワイスは、後方の外目で脚をためた。
そして、ルックトゥワイスは、直線で大外に持ち出されると、上がりナンバーワンの脚を使ったが、グローリーヴェイズに半馬身差だけ届かず、2着止まりであった。
ルックトゥワイスの日経新春杯(2019年)の2着という結果は、コース取りの差の分だけ届かなかったと見ることもできるが、ハイペースでじっくりと脚をためる展開に恵まれたものでもある。
よって、今後の重賞戦線の競馬予想においては、相手なりに崩れなく走るルックトゥワイスにもそれなりの高い評価を与えるべきである。

 

シュペルミエール

一方、日経新春杯(2019年)では、3番人気のシュペルミエール(北村宏司)が3着に入った。
シュペルミエールは、好位を追走し、向正面では徐々に外に持ち出された。
そして、シュペルミエールは、直線では馬場の真ん中からいい脚を使ったが、上位2頭には伸び負け3着に敗れてしまった。
シュペルミエールの日経新春杯(2019年)の3着という結果は、前潰れの展開で上位2頭よりも前目に位置してのものであり、レース内容としては上位2頭と着差ほどの能力差はない。
よって、今後の重賞戦線の競馬予想においては、展開や条件次第で、シュペルミエールがグローリーヴェイズ及びルックトゥワイスを逆転可能と判断すべきである。

以上のように、日経新春杯(2019年)は、グローリーヴェイズの勝利で幕を閉じた。
日経新春杯(2019年)で改めて4歳世代のレベルの高さを証明した。
競馬理論のファンの方は、グローリーヴェイズをはじめとする4歳世代の走りに大いに期待して頂きたい。