14年連続プラス収支、リピーター8割の定員制競馬予想
ゲスト様(無料会員登録ログイン
予想屋マスターの誰も教えてくれない競馬理論
\14年連続プラス収支を達成/
締切まで
抽選に応募する
TOP > 競馬予想コラム > 日経新春杯 > ジャパンカップ馬ローズキングダムが出走
2012/07/02
予想屋マスター

出走日:2012年07月08日(日)
日経新春杯 -G2- 京都競馬場/芝外2400m 右
条件:サラブレッド系4歳以上 賞金:5500万円

2012年日経新春杯 ジャパンカップ馬ローズキングダムが出走

今週のメインレースは、
第58回日経新春杯である。

第58回日経新春杯は、
ハンデ戦のG2ということもあり、
例年ならば混戦模様だが、
今年はジャパンカップ馬ローズキングダムの
1強の様相が強い

そこで、競馬理論の競馬予想は、
第58回日経新春杯に出走する有力各馬の能力を
ステップレースごとに分析する。

2010年暮れのグランプリ有馬記念組からは、
6着のルーラーシップ(リスボリ)及び
取消のローズキングダム(武豊)が
第58回日経新春杯に出走する。

ルーラーシップの有馬記念の6着は、スタートで出遅れて外を回って早めに進出してのものであり、レース内容的には悲観すべき内容ではない。

また、ルーラーシップは、
休み明けの鳴尾記念で重賞制覇を果たしており、
夏場の成長も著しい

よって、第58回日経新春杯、
G2ならば能力上位のルーラーシップに
高い評価を与えるべきである。

ただし、ルーラーシップは、
エアグルーヴの子という血統的な背景で
実力以上に人気になる面もあるので、
過剰人気になるようであれば
押さえ程度の評価にとどめてもよい

と競馬理論の競馬予想では判断している。

一方、ローズキングダムは、
有馬記念を回避したが、
調教を見る限り、大きな影響はなさそうである。

また、ローズキングダムは、ブエナビスタの降着によるものとはいえ、有馬記念馬ヴィクトワールピサを破って、ジャパンカップを制覇しており、レベルの高い3歳世代でもトップクラスの能力を持つことは疑いようがない。

よって、第58回日経新春杯、
58.5キロのトップハンデであっても、
ローズキングダムに
本命級の高い評価を与えるべきである。

ただし、第58回日経新春杯が行われる
今の京都競馬場の芝コースは、
イン有利の馬場状態なので、
後方から行き過ぎると、
ローズキングダムであっても
脚を余す可能性を否定できない
とも競馬理論の競馬予想では判断している。

一方、ルーラーシップが制した鳴尾記念組からは、
2着のヒルノダムール(藤田伸二)が出走する。

ヒルノダムールの鳴尾記念の2着は、外を回って追い込んだものであって、ルーラーシップとは位置取りの差でしかない。

よって、第58回日経新春杯、
0.5キロのハンデ差も考慮すると、
ヒルノダムールにルーラーシップと
互角の評価を与えるべきである。

ただし、今のイン有利の馬場を考えると、
第58回日経新春杯においても、
先行力のあるルーラーシップが
ヒルノダムールに再度先着する可能性が高い

とも競馬理論の競馬予想では判断している。

一方、ローズキングダムが2着だった
菊花賞で3着に好走したビートブラック(幸)が
第58回日経新春杯に出走する。

ビートブラックの菊花賞3着は、先行馬が上位を独占する展開に助けられたものであり、レース内容としてはローズキングダムより大きく見劣る。

しかしながら、第58回日経新春杯においても、
ビートブラックが菊花賞のように先行する競馬をすれば、
55キロの軽ハンデとイン有利の馬場を生かして
粘り込んでもおかしくない
と競馬理論の競馬予想では判断している。

一方、中日新聞杯組では、
3着のゲシュタルト(池添)、
6着のナムラクレセント(和田)、
10着のオートドラゴン(渡辺)及び
16着のメイショウクオリア(武幸四郎)が
第58回日経新春杯に出走する。

ゲシュタルトの中日新聞杯の3着は、上位2頭からは大きく離されたが、1着のトゥザグローリーが有馬記念で3着、2着のコスモファントムが中山金杯を制覇しており、メンバーを考えると、仕方ないという判断もできる。

よって、第58回日経新春杯において、
ゲシュタルトがスンナリと先行するようであれば、
展開利を生かして好走可能
と競馬理論の競馬予想では判断している。

一方、ナムラクレセントは、
折り合いに難があるので、
能力を発揮できていないが、
天皇賞・春で4着、菊花賞で
3着の実績は互角以上である。

よって、第58回日経新春杯において、
折り合いやすい内枠を引くようであれば、
ナムラクレセントにもそれなりの評価を与えるべき
と競馬理論の競馬予想では判断している。

一方、オートドラゴン及びメイショウクオリアは、
中日新聞杯の見所のないレース内容から、
第58回日経新春杯で好走する可能性は低い

一方、別路線組では、
コスモへレノス(丹内)が注目される。

コスモへレノスは、

ステイヤーズステークスで別定戦のG2を制した上がり馬だが、ステイヤーズステークスの勝利は、開幕週のイン有利の馬場でインの3番手を追走する展開に恵まれたものである。

よって、第58回日経新春杯、
ステイヤーズステークスの勝利だけで、
コスモへレノスを過大評価すべきではない

ただし、コスモへレノスが内枠を引いて
好位のインを追走できるようであれば、
評価を上げるべき
とも競馬理論の競馬予想では判断している。

以上のように、競馬理論の競馬予想は、
第58回日経新春杯に出走する
有力各馬の能力を分析した。

この分析結果に、枠順、展開、調教及び
馬場状態などの様々な要素を加味して、
第58回日経新春杯の最終的な予想を決断する。

競馬理論の競馬予想のファンの方は、
第58回日経新春杯の予想をお楽しみに。


もうムダ馬券を買うことは やめにしませんか?>>