14年連続プラス収支、リピーター8割の定員制競馬予想
ゲスト様(無料会員登録ログイン
予想屋マスターの誰も教えてくれない競馬理論
\14年連続プラス収支を達成/
締切まで
抽選に応募する
TOP > 競馬予想コラム > 新潟記念 > 第45回新潟記念
2009/08/30
予想屋マスター
回顧録

新潟記念 -G3- 新潟競馬場/芝外2000m 左
条件: サラブレッド系3歳以上 賞金:4000万円

2009年新潟記念 第45回新潟記念

第45回新潟記念の結果は、サマー2000シリーズで善戦を繰り返していたホッコーパドゥシャ(江田照)の勝利で幕を閉じた。

競馬理論は、スローペースになりそうな展開面を考慮し、先行力のあるホッコーパドゥシャに小倉記念組で最も高い評価を与えていた。

レースでは、ホッコーパドゥシャは、先行集団の直後のインを進み、直線で馬場の綺麗な外目に持ち出されると、33秒0の脚で先行馬を差し切って、第45回新潟記念の結果を制覇した。

ホッコーパドゥシャの第45回新潟記念の結果の勝利は、好位置のインで流れにのせて直線は馬場の綺麗な外に持ち出した江田騎手の好騎乗によるものであり、レース内容的な価値は高くない。

よって、一線級が揃う秋の重賞戦線、サマー2000シリーズのチャンピオンというだけでそれなりの人気となるホッコーパドゥシャにあまり高い評価を与えるべきではない。

ただし、ホッコーパドゥシャは、どんな位置からでも競馬ができる器用さがあるので、イン有利な馬場状態など器用さが必要な競馬では好走可能と競馬理論では判断している。

一方、第45回新潟記念の結果の2着には、サンライズベガ(池添)が入った。

競馬理論は、メイショウレガーロとの行ったきりの展開になる可能性を考え、サンライズベガを連下候補にした。

レースでは、サンライズベガは、逃げるメイショウレガーロの直後のインを追走する予想通りの展開となった。

そして、サンライズベガは、直線に入ると、メイショウレガーロの内目に進路をとって、一旦は先頭に立ったが、ゴール前でホッコーパドゥシャに交わされてしまい、2着に敗れてしまった。

サンライズベガの第45回新潟記念の結果の2着は、1000m通過51秒8の超スローペースを2番手で追走する最高の展開に恵まれたものであり、ホッコーパドゥシャと着差以上の能力差がある。

よって、今後の重賞戦線、サンライズベガであれば、ホッコーパドゥシャが再度先着する可能性が高いと競馬理論では判断している。

一方、競馬理論が本命に予想したメイショウレガーロは、3着に敗れてしまった。

メイショウレガーロは、予想通り超スローペースの単騎逃げとなったが、ゴール直前で伸びを欠いてしまい、3着に敗れてしまった。

メイショウレガーロの第45回新潟記念の結果の3着は、超スローペースの単騎逃げでのものであり、レース内容的な価値はかなり低い。

よって、今後の重賞戦線、メイショウレガーロに高い評価を与えるべきではない。

ただし、メイショウレガーロはマイペースで逃げればそれなりのシブトサを発揮するタイプなので、イン有利な馬場状態でのレースや先行馬が少ないレースでは粘り込みに注意すべきと競馬理論では判断している。

一方、第45回新潟記念の結果で58キロのトップハンデのエアシェイディは、4着止まりだった。

エアシェイディは、後方の外目を追走し、直線で大外から32秒7の鬼脚を使ったが、4着が精一杯であった。

エアシェイディの第45回新潟記念の結果の4着は、休み明け、58キロのトップハンデ、超スローペースで追い込み不利な展開などありとあらゆる不利が重なってのものであり、レース内容的には勝ったホッコーパドゥシャを大きく上回る。

よって、今後の重賞戦線、第45回新潟記念の結果組の中でエアシェイディを最重視して予想すべきと競馬理論では判断している。

以上のように、第45回新潟記念の結果は、ホッコーパドゥシャの重賞初制覇+サマー2000シリーズ制覇となった。

なお、第45回新潟記念の結果は、超スローペースで先行馬有利な展開でのものであり、先行した馬は着順ほど強くなく、一方で追い込んだ馬は、着順以上の評価が必要である。

競馬理論のファンの方は、このことを忘れずに、第45回新潟記念の結果組を評価して頂きたい。


もうムダ馬券を買うことは やめにしませんか?>>