14年連続プラス収支、リピーター8割の定員制競馬予想
ゲスト様(無料会員登録ログイン
予想屋マスターの誰も教えてくれない競馬理論
\14年連続プラス収支を達成/
締切まで
抽選に応募する
TOP > 競馬予想コラム > NHKマイルカップ > ダノンシャンティが日本レコードで快勝
2010/05/09
予想屋マスター
回顧録

NHKマイルカップ -G1- 東京競馬場/芝1600m 左
条件:サラ系3歳 賞金:9200万

2010年NHKマイルカップ ダノンシャンティが日本レコードで快勝

第15回NHKマイルカップの結果は、
1番人気ダノンシャンテイ(安藤勝)の
圧勝で幕を閉じた。

競馬理論は、毎日杯の強い勝ち方から、
ダノンシャンティに高い評価を与えていた。

レースでは、ダノンシャンティは、
後方3番手で折り合いをつけ、
直線に向くまで追い出しを我慢した。

そして、ダノンシャンティは、
安藤騎手に大外に持ち出されると、
一頭だけ別次元の勢いで内の馬をまとめて差し切って、
第15回NHKマイルカップを制覇した。

ダノンシャンティの第15回NHKマイルカップの勝利は、2着のダイワバーバリアンに1馬身半の差をつけて、且つ、1分31秒4の日本レコードで走ったものであった結果、力の違いを見せつけたと言っても言い過ぎではない。

よってその結果、次走の日本ダービーにおいても、
第15回NHKマイル組の中では
ダノンシャンティに
最も高い評価を与えるべきである。

なお、別路線組との比較でも、
毎日杯でルーラーシップを
寄せ付けなかった結果などから、
ダノンシャンティが上位なのは間違いない。

ただし、1分31秒4の勝ち時計は、
今の東京競馬場の超高速馬場に
助けられた感が強いので、
レコードの時計の結果だけで
ダノンシャンティを過信すべきでない
とも競馬理論では判断している。

一方、第15回NHKマイルカップの2着には、
ダイワバーバリアン(蛯名)が入る結果となった。

ダイワバーバリアンは、
1枠を生かして中段のインで脚をため、
直線に入ると、上手く馬群をさばいて
一旦は先頭に立ったものの、
ダノンシャンティにあっという間に
交わされてしまった結果、2着に敗れてしまった。

ダイワバーバリアンの第15回NHKマイルカップの2着は、1枠からの発走で無駄な距離を走らないスムーズな展開に恵まれたものである結果、着順ほど高い評価に値しない。

よってその結果、今後の重賞戦線、
ダイワバーバリアンに、
第15回NHKマイルカップ2着の実績ほどの
高い評価は不要である。

ただし、ダイワバーバリアンは、
逃げ差し自在の脚質で大崩れしない。
結果、強いメンバーに入っても押さえ程度の評価は必要
とも競馬理論では判断している。

一方、競馬理論が本命に予想した
リルダヴァル(福永祐一)は3着に敗れてしまった。

リルダヴァルは、ダイワバーバリアンと
並ぶような位置で競馬を進め、
直線で外に持ち出された結果、
一旦は突き抜けるかのようにも見えたが、
残り1ハロンで伸びを欠いてしまい、
3着止まりであった。

リルダヴァルの第15回NHKマイルカップの3着は、ダノンシャンティとの比較では力負けだが、ダイワバーバリアンとの比較ではコース取りの差でしかない。

よってその結果、今後の重賞戦線、
ダイワバーバリアンならば、
リルダヴァルに互角又は
それ以上の評価を与えるべきである。

ただし、更にメンバーが強化する
日本ダービー、
リルダヴァルが通用する可能性は低い
と競馬理論では判断している。

一方、2番人気のサンライズプリンスは、
4着に敗れてしまった。

サンライズプリンスは、
超ハイペースを2番手で追走して、
早め先頭で勝ちに行ったが、
ゴール前で失速してしまった。

サンライズプリンスの第15回NHKマイルカップの4着は、1000m通過55秒3という超ハイペースを先行してのものであり、悲観すべき内容ではない。

よってその結果、今後の重賞戦線において、
サンライズプリンスの巻き返しには要注意
と競馬理論では判断している。

以上のように、第15回NHKマイルカップは、
ダノンシャンティの圧勝で幕を閉じた。

競馬理論のファンの方は、
ダノンシャンティの日本ダービーでの走りに
大いに注目して頂きたい。


もうムダ馬券を買うことは やめにしませんか?>>