リピーター8割の定員制競馬予想サイト
ゲスト様(無料会員登録ログイン
予想屋マスターの誰も教えてくれない競馬理論
なぜ、プロプランに人数制限をしているのか?
毎週金土日21:00より先着順募集中
TOP > 今週のレース予想 > 根岸ステークス > ノンコノユメが復活を果たす

【 根岸ステークス2018予想】ノンコノユメが復活を果たす

2018/02/01
出走日:2018年02月04日(日)
根岸ステークス(G3)/東京競馬場/ダート1400m/左/条件:サラブレッド系4歳以上/賞金:3500万円

根岸ステークス2018年)は、6番人気のノンコノユメが人気馬2頭を差し切り、2年ぶりの勝利で幕を閉じた。
競馬理論の競馬予想では、着順こそ悪かったもののここ2走で復調気配をうかがわせていたノンコノユメにもかなり高い評価を与えていた。
レースでは、ノンコノユメは、後方の外目で脚をためた。
そして、ノンコノユメは、直線でも大外に持ち出されると、サンライズノヴァとの叩き合いを制し、根岸ステークス(2018年)を制覇した。
ノンコノユメの根岸ステークス(2018年)の勝利という結果は、58キロの斤量を克服してのものであり、着差以上に強い内容であった。
よって、本番のフェブラリーの競馬予想においても、差しが届く展開になるようであれば、復調したノンコノユメに高い評価を与えるべきである。

一方、根岸ステークス(2018年)で1番人気に推されたサンライズノヴァは2着止まりであった。
サンライズノヴァは、いつものようにやや出負け気味のスタートだったこともあり、後方で脚をためた。
そして、サンライズノヴァは、直線で外に持ち出されると、一旦は先頭に立ったが、更に外からノンコノユメに鼻差だけ差されてしまい、2着に敗れてしまった。
サンライズノヴァの根岸ステークス(2018年)の2着という結果は、先に先頭に立って目標にされた分だけ差されてしまったと見ることもできる。
よって、フェブラリーステークスの競馬予想においては、展開や条件次第で、サンライズノヴァがノンコノユメを逆転可能と判断すべきである。

一方、根岸ステークス(2018年)で連覇を狙った2番人気のカフジテイクは3着に敗れてしまった。
カフジテイクは、出遅れてしまったこともあり、最後方からの競馬となった。
そして、カフジテイクは、直線で外に持ち出されていい脚を使ったものの、上位2頭から離された3着までが精一杯であった。
カフジテイクの根岸ステークス(2018年)の3着という結果は、位置取りが後ろ過ぎたことも確かだが、上位2頭に2馬身半もの差をつけられたことは残念である。
よって、フェブラリーステークスの競馬予想においては、カフジテイクが差し切るためには多少の展開の助けが必要と判断すべきである。

以上のように、根岸ステークス(2018年)は、ノンコノユメの復活劇で幕を閉じた。
競馬理論のファンの方は、外の差しが届く展開になるようであれば、根岸ステークス(2018年)の上位3頭がフェブラリーステークスでも好走する可能性が高まると判断して頂きたい。

\有料会員になりたい人は必須の無料講座/



もうムダ馬券を買うことは
やめにしませんか?
競馬の『基本』が間違っていれば、
一生万馬券は的中できません!
自分の予想で万馬券を更新(継続)して的中させたい!
トータルプラスで終わりたい!
そんなあなたに、15年間プラス収支の日本一の競馬予想屋が教えます!
これがホンモノの『競馬理論』
一流の考え方が身に付く濃厚な14日間!
\週末のレース動画解説が届く特典付!/
※迷惑メールに紛れていないかご確認ください
なぜ、プロプランに人数制限をしているのか?
毎週金土日21:00より先着順募集中