15年連続プラス収支全国出張セミナー継続開催中
ゲスト様(無料会員登録ログイン
予想屋マスターの誰も教えてくれない競馬理論
なぜ、プロプランに人数制限をしているのか?
毎夜21時に先着順募集中
TOP > 今週のレース予想 > 根岸ステークス > ダノンカモンが悲願の重賞制覇なるか?

【 根岸ステークス2012予想】ダノンカモンが悲願の重賞制覇なるか?

2012/07/03
2016/08/19
出走日:2012年07月08日(日)
根岸ステークス(G3)/東京競馬場/ダート1400m/左/条件:サラブレッド系4歳以上/賞金:3500万円

今週のメインレースは、近代競馬150周年記念の第26回根岸ステークス(2012年)である。

第26回根岸ステークス(2012年)は、2012年最初のG1であるフェブラリーステークスのステップレースとしても注目される。

そこで、競馬理論は、第26回根岸ステークス(2012年)に出走する有力各馬の能力をステップレースごとに分析する。

ジャパンカップダート組からは、5着のダノンカモン(福永祐一)及び14着のダイショウジェット(柴山)が

第26回根岸ステークス(2012年)に出走する。

ダノンカモンのジャパンカップダートの5着は、先行馬及びラチ沿いを走った馬が上位を独占する展開の中で唯一外を回って掲示板を確保したものであり、レース内容としては着順以上の価値がある。

また、ダノンカモンは、3走前の南部杯でトランセンドとアタマ差の競馬をしているように、東京コースは得意な舞台でもある。

よって、第26回根岸ステークス(2012年)、G1級相手でも差のない競馬を続けているダノンカモンに

本命級の高い評価を与えて当然である。

なお、ダノンカモンに唯一不安があるとすれば、内で包まれると能力を発揮できないことがあることなので、

内で包まれる展開になりそうな場合には取りこぼしも頭の片隅に入れて

予想すべきと競馬理論の競馬予想では根岸ステークスを判断している。

一方、ダイショウジェットのジャパンカップダートの14着は、力負けで見所がなかった。

しかしながら、ダイショウジェットは、武蔵野ステークスでダノンカモンと1馬身差で走っており、最も得意な府中の1400mならば人気ほどの差はない。

よって、第26回根岸ステークス(2012年)、一頓挫の影響さえなければ、ダイショウジェットを穴馬として

注目すべきと競馬理論の競馬予想では根岸ステークスを判断している。

一方、同じ1400mのギャラクシーステークス組からは、1着のヒラボクワイルド(幸)、3着のシルクフォーチュン(藤岡康)及び

5着のナニハトモアレが第26回根岸ステークス(2012年)に出走する。

ヒラボクワイルドのギャラクシーステークス(2012年)の勝利は、2着のアドバンスウェイに2馬身半もの差をつける完勝だったが、好位のラチ沿いをポツンと気分よく追走する展開に恵まれたことも確かである。

また、ヒラボクワイルドは、前々走の武蔵野ステークスにおいて、好位のインを追走しながらもダノンカモンに3馬身以上も先着されており、

能力的にはダノンカモンよりも見劣る。

よって、第26回根岸ステークス、ヒラボクワイルドにギャラクシーステークスの着差ほど高い評価は不要と

競馬理論の競馬予想では根岸ステークスを判断している。

一方、シルクフォーチュン及びナニハトモアレは、ギャラクシーステークスにおいて、追い込み難い展開ではなかったものの、

いつものような鋭い脚を使えずに、敗れてしまった。

しかしながら、シルクフォーチュンは、プロキオンステークスでダノンカモンを差し切っていたり、南部杯でもダノンカモンと小差の3着と好走しているように、追い込みが届く展開になれば逆転も可能である。

よって、第26回根岸ステークス(2012年)、追い込みが届く馬場及び展開になるようであれば、

シルクフォーチュンの差し切りまであり得る。

一方で、シルクフォーチュンは、追い込み一手の極端な脚質なので、展開次第では着外に敗れる可能性もあるとも競馬理論の競馬予想では根岸ステークスを判断している。

一方、ナニハトモアレは、シルクフォーチュンほどではないにせよ、得意の東京コースならば安定していい脚を使う。

よって、第26回根岸ステークス(2012年)、前潰れの展開になるようであれば、シルクフォーチュンと一緒に

ナニハトモアレが追い込む競馬になる可能性もあり得ると

競馬理論の競馬予想では根岸ステークスを判断している。

一方、大和ステークス(2012年)組からは、1着のトウショウカズン、3着のケイアイテンジン、5着のマルカベンチャー、7着のアドバンスウェイ、

8着のダノンエリモトップ、9着のオオトリオウジャ(クウィリ)、

10着のエアマックール及び11着のエプソムアーロンが

第26回根岸ステークス(2012年)に出走する。

トウショウカズンの大和ステークス(2012年)の勝利は、先行馬が4着までを独占する中でインの3番手という絶好位を追走する展開に恵まれたものであり、過大評価は禁物である。

よって、第26回根岸ステークス(2012年)、トウショウカズンに高い評価は不要と競馬理論の競馬予想では根岸ステークスを判断している。

一方、ケイアイテンジンの大和ステークスの3着も、前残りの展開を単騎で逃げたものであり、レース内容としての価値は低い。

よって、第26回根岸ステークス(2012年)でケイアイテンジンが好走するためには、イン有利の馬場での単騎逃げなど

かなり展開の助けが必要と競馬理論の競馬予想では根岸ステークスを判断している。

一方、マルカベンチャーの大和ステークス(2012年)の5着は、前残りの展開で脚を余したものであり、着順ほど悲観すべき内容でもない。

また、マルカベンチャーは、ダイショウジェットやシルクフォーチュンと差のない競馬をした実績もあるので、前潰れの展開になれば大きな差はない。

よって、第26回根岸ステークス(2012年)、追い込み有利の展開にさえなれば、マルカベンチャーも好走可能と

競馬理論の競馬予想では根岸ステークスを判断している。

一方、アドバンスウェイ、ダノンエリモトップ、オオトリオウジャ、エアマックール及びエプソムアーロンは、大和ステークスの見所のない

レース内容を見るかぎり、第26回根岸ステークス(2012年)で

好走するのは難しい。

一方、ジャニュアリーステークス(2012年)組からは、1着のティアップワイルド(石橋脩)、2着のゼンノベラーノ(北村宏)、

6着のブライトアイザック(柴田善)が第26回根岸ステークス(2012年)に

出走する。

ティアップワイルドのジャニュアリーステークスの勝利は、57.5キロを背負って力の違いを見せつけた。

しかしながら、ティアップワイルドは、過去の成績を見るかぎり、中山1200mがベストの条件で、東京1400mでは中山1200mほどのパフォーマンスを発揮できていない。

よって、第26回根岸ステークス(2012年)、東京競馬場の実績を考慮すると、ティアップワイルドに

押さえ程度の評価を与えれば十分と競馬理論の競馬予想では根岸ステークスを判断している。

一方、ゼンノベラーノのジャニュアリーステークスの2着は、インの3番手から抜け出すコースロスのない競馬によるものであり、ティアップワイルドとは着差以上の能力差がある。

よって、第26回根岸ステークス(2012年)、ゼンノベラーノに高い評価は不要と競馬理論の競馬予想では根岸ステークスを判断している。

一方、ブライトアイザックは、休み明け後の成績こそ冴えないが、4走前の同じ東京1400m戦のアハルテケステークスを圧勝している。

このアハルテケステークスでナニハトモアレやナムラタイタン(後に武蔵野ステークス勝ち)を寄せ付けなかったことを考えると、ブライトアイザックは、アハルテケステークスの内容だけ走れば通用することになる。

よって、第26回根岸ステークス(2012年)、ブライトアイザックにも多少の注意が必要と競馬理論の競馬予想では根岸ステークスを判断している。

一方、別路線組では、サクラシャイニー(浜中)、セイクリムズン(吉田隼人)、テスタマッタ(岩田康)も第26回根岸ステークス(2012年)で注目される。

サクラシャイニーは、急激にメンバーが強化した感は否めないものの、ダートは3戦3勝と底を見せていない魅力がある。

また、セイクリムズンは、去年の根岸ステークスでダノンカモンを破って勝利を収めている。

なお、セイクリムズンは、去年の秋以降取りこぼしが続いているが

レース内容としては悪くない。

\有料会員になりたい人は必須の無料講座/



なぜ、プロプランに人数制限をしているのか?
毎夜21時に先着順募集中