14年連続プラス収支、リピーター8割の定員制競馬予想
ゲスト様(無料会員登録ログイン
予想屋マスターの誰も教えてくれない競馬理論
TOP > 競馬予想コラム > 根岸ステークス > バンブーエールは5連勝を達成できるのか?
2012/06/29
予想屋マスター

出走日:2012年07月01日(日)
根岸ステークス -G3- 東京競馬場/ダート1400m 左
条件:サラブレッド系4歳以上 賞金:3500万円

2012年根岸ステークス バンブーエールは5連勝を達成できるのか?

今週のメインレースは、ダート1400m戦の第23回根岸ステークスである。
第23回根岸ステークスには、今年第1弾のG1・フェブラリーステークスへの参戦を目指すダートの強豪が出走を予定しており、フェブラリーステークスを占う意味でも重要な一戦である。

その第23回根岸ステークスでは、バンブーエール(松岡)が断然の人気となりそうである。
バンブーエールは、4連勝でジャパンブリーダーズカップ(JBC)スプリントを制してG1馬の仲間入りを果たしたように、本格化した今ならば、第23回根岸ステークスを圧勝して、フェブラリーステークスでヴァーミリアン及びカネヒキリに挑戦状を叩きつけたいハズである。
しかしながら、バンブーエールのJBCスプリントの勝利は、先行馬が止まらない小回りの園田競馬場の馬場をマイペースで逃げる展開に恵まれたものであって、レース内容的な価値は低い。
園田競馬場のこの日の馬場が先行馬有利であったことは、同じ日に行われたJBCクラシックで2着に逃げ粘ったサクセスブロッケンがその後2連敗を喫していることからも分かる。
よって、初の59キロの斤量で3ヶ月ぶりの競馬と不利な条件が重なる第23回根岸ステークス、1番人気が予想されるバンブーエールを過信すべきでないと根岸ステークスにおいて競馬理論の競馬予想では判断している。

一方の根岸ステークスは、2連勝でカペラステークスを制して重賞初制覇を果たしたビクトリーテツニー(横山典)も人気になりそうである。
ビクトリーテツニーのカペラステークスの勝利は、2馬身近い差をつけて1分8秒7のレコード勝ちであったことを考慮すると非常に強い内容であったが、前半3ハロンが32秒7の超ハイペースの展開に恵まれたものと見ることもできる。
これは、カペラステークスで2着に追い込んだスリーアベニュー(田中勝)が次走のオープン特別で追い込み不発に終わっていることからも分かる。
よって、第23回根岸ステークス、東京コースは直線が長いから追い込み脚質のビクトリーテツニーに有利という安直な理由で人気になるようであれば、ビクトリーテツニーの評価を下げて予想すべきと根岸ステークスにおいて競馬理論の競馬予想では判断している。

一方の根岸ステークスは、ビクトリーテツニーと同じカペラステークス組では、2着のスリーアベニュー、3着のフジノウェーブ(御神本)、4着のリミットレスビット(蛯名)及び5着のナンヨーヒルトップ(藤田)も出走を予定している。
カペラステークスのレース内容を振り返る限り、スリーアベニュー、フジノウェーブ、リミットレスビット及びナンヨーヒルトップがビクトリーテツニーを逆転する可能性は低い。
よって、第23回根岸ステークス、スリーアベニュー、フジノウェーブ、リミットレスビット及びナンヨーヒルトップに、ビクトリーテツニーを本命にした場合の連下候補という程度の評価を与えれば十分と根岸ステークスにおいて競馬理論の競馬予想では判断している。

一方の根岸ステークスは、暮れの阪神で行われたギャラクシーステークス組からは、1着のオフィサー(ペリエ)、6着のブイチャレンジ(武士沢)及び8着のボードスウィーパー(小野)が第23回根岸ステークスに出走を予定している。
ギャラクシーステークスを圧勝したオフィサーが、3走前のペルセウスステークスでバンブーエールに1.5秒差の12着と惨敗していることからも分かるように、ギャラクシーステークスはかなり低レベルな一戦であった。
よって、第23回根岸ステークス、ギャラクシーステークス組のオフィサー(ペリエ)、ブイチャレンジ(武士沢)及びボードスウィーパーに高い評価を与える必要はないと根岸ステークスにおいて競馬理論の競馬予想では判断している。

根岸ステークスで一方、別路線組では、アドマイヤスバル、ヒシカツリーダー(木幡)、フェラーリピザ(岩田)及びマルカフェニックス(福永祐一)が注目される。
アドマイヤスバルは、近2走こそ芝を使われているが、最も得意な東京ダートで行われる第23回根岸ステークスでは好走必死である。
これは、アドマイヤスバルが、去年の根岸ステークスで大きな不利を受けながらも、差のない3着に好走したことからも分かる。
よって、第23回根岸ステークス、芝での敗戦続きで人気が落ちそうなアドマイヤスバルに高い評価を与えるべきと根岸ステークスにおいて競馬理論の競馬予想では判断している。

一方の根岸ステークスは、フェラーリピザは、近5走で3勝2着2回と本格化の兆しを見せており、エルムステークスで破った相手がジャパンカップダートで2着に好走したメイショウトウコンであることを考慮すると、第23回根岸ステークスでも能力的には互角以上である。
よって、第23回根岸ステークス、フェラーリピザが4ヶ月半ぶりの久々さえ克服できれば、好走する可能性が高いと根岸ステークスにおいて競馬理論の競馬予想では判断している。

一方、ヒシカツリーダーは、短距離戦に転じてから、3戦2勝3着1回と底を見せておらず、第23回根岸ステークスにおいても展開さえ嵌れば通用しそうである。
また、マルカフェニックスは、スーパーG2の阪神カップを勝って第23回根岸ステークスに臨むが、未勝利時のダートでの敗戦を見る限り、ダート適性が高いとは思えない。
よって、第23回根岸ステークス、芝の重賞制覇である程度人気になりそうなマルカフェニックスに押さえ程度の評価を与えれば十分と根岸ステークスにおいて競馬理論の競馬予想では判断している。

以上のように、競馬理論の競馬予想は、第23回根岸ステークスに出走する有力各馬の能力を分析した。
この分析結果に、枠順、展開、調教及び馬場状態などの様々な要素を加味して、第23回根岸ステークスの最終的な予想を決断する。
なお、第23回根岸ステークスには50頭以上の馬が登録しており、ここで取り上げていない馬が好走する可能性も十分あり得ることを頭に入れておいて欲しい。
競馬理論の競馬予想のファンの方は、第23回根岸ステークスの予想をお楽しみに。


もうムダ馬券を買うことは やめにしませんか?>>