15年連続プラス収支全国出張セミナー継続開催中
ゲスト様(無料会員登録ログイン
予想屋マスターの誰も教えてくれない競馬理論
なぜ、プロプランに人数制限をしているのか?
21:00に先着順募集中
TOP > 今週のレース予想 > 根岸ステークス > 第22回根岸ステークス

【 根岸ステークス2008予想】第22回根岸ステークス

2008/02/04
2012/11/21
出走日:2008年02月10日(日)
根岸ステークス(G3)/東京競馬場/ダート1400m/左/条件:サラブレッド系4歳以上/賞金:3500万円

ワイルドワンダーは、スタートダッシュが決まらず後方の場群の中からの競馬となってしまった。しかしながら、ワイルドワンダーは、直線で外に持ち出されると、豪快な伸び脚で突き抜け、第22回根岸ステークスを快勝した。ワイルドワンダーの第22回根岸ステークスの結果勝利は、不良馬場を後方の馬込みで追走する苦しい展開を克服してのものであり、この第22回根岸ステークスの結果メンバーでは能力が違うことを見せつけた。よって、本番のフェブラリーステークスでも、ワイルドワンダーが、第22回根岸ステークスに出走したメンバーで最先着を果たす可能性が高い。そのため、フェブラリーステークスにおいても、ワイルドワンダーに高い評価を与えるべきと競馬理論では判断している。第22回根岸ステークスの結果2着には、逃げたタイセイアトム(吉田豊)が粘り込んだ。タイセイアトムは、外枠から楽にハナを切ることができ、直線で後続を突き放したが、ワイルドワンダーに交わされてしまい、2着に敗れてしまった。タイセイアトムの第22回根岸ステークスの結果2着は、直線が長い東京コースの1400mで逃げ粘ったものであり、内容的には悪くない。しかしながら、追い込み難い不良馬場及びトウショウギアの故障による後続馬の不利に恵まれてのものでもある。よって、更に距離が1ハロン伸びるフェブラリーステークス、タイセイアトムが通用する可能性は低いだろう。しかしながら、ダートの短距離戦、タイセイアトムを今後も重視して予想しなければならないと競馬理論では判断している。第22回根岸ステークスの結果3着には、アドマイヤスバル(村田)が追い込んだ。霜月ステークスにおいて、アドマイヤスバルは55キロで勝利を収めたのに対し、トウショウギアは、59キロの斤量を背負って、アドマイヤスバルにハナ差まで迫っていた。アドマイヤスバルとトウショウギアとが同じ斤量となった第22回根岸ステークスでは、トウショウギアがアドマイヤスバルに先着する可能性が高いと判断し、アドマイヤスバルを軽視して予想してしまった。レースでは、アドマイヤスバルは、トウショウギアの故障の不利を受けたにもかかわらず、大外から3着まで追い込んだ。アドマイヤスバルの第22回根岸ステークスの結果3着は、3コーナーでの大きな不利を克服してのものであり、内容的にはワイルドワンダーと互角である。そのため、アドマイヤスバルは、第22回根岸ステークス組の中で唯一、ワイルドワンダーを逆転する可能性を秘める。よって、本番のフェブラリーステークスにおいて、アドマイヤスバルにもそれ相応の評価をすべきと競馬理論では判断している。トーセンブライト(柴田善)などの4着以下の馬には、内容的に注目すべき馬が見当たらない。以上のように、競馬理論は、第22回根岸ステークスの結果レースを分析した。第22回根岸ステークスの結果結果によると、本番のフェブラリーステークス、ワイルドワンダー及びアドマイヤスバルに注目すべきだろう。競馬理論のファンの方は、2008年のG1第一弾となるフェブラリーステークスの予想をお楽しみに。

\有料会員になりたい人は必須の無料講座/



もうムダ馬券を買うことは
やめにしませんか?
競馬の『基本』が間違っていれば、
一生万馬券は的中できません!
自分の予想で万馬券を更新(継続)して的中させたい!
トータルプラスで終わりたい!
そんなあなたに、15年間プラス収支の日本一の競馬予想屋が教えます!
これがホンモノの『競馬理論』
一流の考え方が身に付く濃厚な14日間!
\週末のレース動画解説が届く特典付!/
※迷惑メールに紛れていないかご確認ください
なぜ、プロプランに人数制限をしているのか?
21:00に先着順募集中