14年連続プラス収支、リピーター8割の定員制競馬予想
ゲスト様(無料会員登録ログイン
予想屋マスターの誰も教えてくれない競馬理論
TOP > 競馬予想コラム > 中山金杯 > アクシオンが重賞連覇

2010年中山金杯「アクシオンが重賞連覇」

2010/01/05 UP
by 予想屋マスター
回顧録

中山金杯 -G3- 中山競馬場/芝2000m 右
条件:サラブレッド系4歳以上 賞金:4000万円

2010年最初の重賞の第59回中山金杯の結果は、
1番人気のアクシオン(藤田)が勝利を収めた。

競馬理論は、鳴尾記念の強い勝ちっぷりから、
アクシオンを本命に予想した、

レースでは、アクシオンは、
中段の内目を追走し、
直線までインで脚を貯めた。

そして、アクシオンは、
直線の坂下で外に持ち出されると、
一気に追い込み、第59回中山金杯の結果を制覇した。

アクシオンの第59回中山金杯の結果の勝利は、直線で前が塞がる不利を克服してのものではあるが、時計的にもレース内容的にも低調な結果に助けられた感が強い。

よって、今後の重賞戦線において、
重賞2連勝で人気になるアクシオンを
過信すべきでない
と競馬理論では判断している。

一方、第59回中山金杯の結果の2着には、
トウショウシロッコが追い込んだ。

トウショウシロッコは、
アクシオンの外目を追走し、
直線でも大外から追い込んだが、
アクシオンに首差だけ届かず、
2着に敗れてしまった。

トウショウシロッコの第59回中山金杯の結果の2着は、スローペースで先行馬有利の展開を外から追い込んでのものであり、コース取りの差を考慮すれば、レース内容的にはアクシオンをも上回る。

よって、今後の重賞戦線において、
トウショウシロッコに
それなりの高い評価を与えるべきである。

ただし、第59回中山金杯の結果が
古馬1000万下クラスレベルの
時計結果であったことは頭に入れておくべき
と競馬理論では判断している。

なお、第59回中山金杯の結果で3着以下には、
見どころがあるレース内容の馬はいなかった。

以上のように、第59回中山金杯の結果では、
アクシオンの重賞連勝で
2010年の幕開けとなった。

しかしながら、第59回中山金杯の結果は、
例年の金杯と比べると
非常に低レベルなレースであった。

よって、今後の重賞戦線、
第59回中山金杯の結果組を過大評価すべきではない
と競馬理論では判断している。


展開解説の動画を最短でお届け!!
\メールアドレス入力 → 最短で動画が届く!/
Gmail等のメールアドレス
迷惑メールに紛れていないか必ずご確認ください
すでに無料登録されている方はこちら
※登録は完全無料ですのでご安心ください