リピーター8割の定員制競馬予想サイト
ゲスト様(無料会員登録ログイン
予想屋マスターの誰も教えてくれない競馬理論
なぜ、プロプランに人数制限をしているのか?
プロプランの抽選応募はこちら
TOP > 今週のレース予想 > 中山記念 > 中山記念2019の回顧|ウインブライトが連覇達成

【 中山記念2019予想】中山記念2019の回顧|ウインブライトが連覇達成

2019/02/28
出走日:2019年03月03日(日)
中山記念(G2)/中山競馬場/芝1800m/右/条件:サラブレッド系4歳以上/賞金:6000万円

中山記念(2019年)は、G1馬が5頭も出走する豪華メンバーが揃っていたが、5番人気のウインブライトの連覇で幕を閉じた。
競馬理論の競馬予想では、1枠からの発走で、マルターズアポジーの大逃げから離れた好位を追走できそうな展開面を考慮し、ウインブライトにもかなり高い評価を与えていた。

 

ウインブライト

レースでは、ウインブライトは、先行3頭から大きく離れた4番手を追走した。
そして、ウインブライトは、3~4コーナーの中間地点くらいから上位に進出を開始し、直線では先に抜け出したラッキーライラックとの差を一完歩ずつ詰めると、ゴール寸前で捕らえて、中山記念(2019年)を制覇した。
ウインブライトの中山記念(2019年)の勝利という結果は、得意の中山コースで展開に恵まれたことも確かだが、G1馬5頭を破ったことは立派である。
よって、今後の重賞戦線の競馬予想においても、得意の中山コースならば、ウインブライトにかなり高い評価を与えるべきである。

 

ラッキーライラック

一方、中山記念(2019年)では、6番人気のラッキーライラック(石橋脩)が2着に入った。
競馬理論の競馬予想では、アーモンドアイさえいなければクラシックを制していた可能性が高いラッキーライラックにもそれなりの高い評価を与えていた。
レースでは、ラッキーライラックは、マルターズアポジーから大きく離れた2番手を追走した。
そして、ラッキーライラックは、4コーナーで早くも先頭に並びかける強気な競馬で押し切りを狙ったが、ゴール寸前でウインブライトに差されてしまい、2着止まりであった。
ラッキーライラックの中山記念(2019年)の2着という結果は、自ら勝ちに行く競馬でゴール寸前まで粘り込んでおり、負けて強しの内容であった。
よって、今後の重賞戦線の競馬予想においては、メンバーや条件次第ではあるものの、ラッキーライラックにもかなり高い評価を与えるべきである。

 

ステルヴィオ

一方、中山記念(2019年)で2番人気に押されたステルヴィオ(丸山元気)は3着止まりであった。
ステルヴィオは、ウインブライトを見る形の5番手からレースを進めた。
そして、ステルヴィオは、直線で大外に持ち出されると上がりナンバーワンの脚を使ったが、上位2頭には僅かだけ届かず、3着に敗れてしまった。
ステルヴィオの中山記念(2019年)の3着という結果は、開幕週の馬場で大外に出した分だけ届かなかったが、レース内容としては一番と見ることもできる。
よって、今後の重賞戦線の競馬予想においては、堅実にいい脚を使うステルヴィオにマイルチャンピオンシップ馬として高い評価を与えて当然である。

 

以上のように、中山記念(2019年)は、ウインブライトの連覇で幕を閉じた。
ただし、ラッキーライラック及びステルヴィオもレース内容としては同等以上の強い内容であった。
競馬理論のファンの方は、レベルの高い一戦となった中山記念(2019年)組の今後の走りに大いに期待して頂きたい。

この記事を書いた人
予想屋マスター事務局

回収率が最も高いプロプラン
締切まで
プロプランの抽選に応募する
もうムダ馬券を買うことは
やめにしませんか?
競馬の『基本』が間違っていれば、
一生万馬券は的中できません!
自分の予想で万馬券を更新(継続)して的中させたい!
トータルプラスで終わりたい!
そんなあなたに、15年間プラス収支の日本一の競馬予想屋が教えます!
これがホンモノの『競馬理論』
一流の考え方が身に付く濃厚な14日間!
\週末のレース動画解説が届く特典付!/
※迷惑メールに紛れていないかご確認ください