14年連続プラス収支、リピーター8割の定員制競馬予想
ゲスト様(無料会員登録ログイン
予想屋マスターの誰も教えてくれない競馬理論
\14年連続プラス収支を達成/
締切まで
抽選に応募する
TOP > 競馬予想コラム > 中山記念 > 不良馬場を利してトーセンクラウンが圧勝
2010/02/28
予想屋マスター
回顧録

中山記念 -G2- 中山競馬場/芝1800m 右
条件:サラブレッド系4歳以上 賞金:6000万円

2010年中山記念 不良馬場を利してトーセンクラウンが圧勝

第84回中山記念の結果は、
時計のかかる不良馬場で行われたことが影響して、
人気馬総崩れの大波乱の結果となった。

その大波乱の第84回中山記念の結果を制したのは、
トーセンクラウン(江田照)であった。

競馬理論は、13番人気と
まったく人気のなかったトーセンクラウンを、
開幕週の馬場で上手くインを追走すれば
差のない競馬が可能と判断して、
押さえ評価を与えていた。

レースでは、トーセンクラウンは、
中段よりやや後ろのインを追走し、
3コーナー過ぎからスルスルと
内をすくってポジションを上げた。

そして、トーセンクラウンは、
直線に向くとあっという間に先頭に立ち、
不良馬場に苦しむ他馬を尻目に、
後続を引き離して、第84回中山記念の結果を圧勝した。

トーセンクラウンの第84回中山記念の結果の勝利は、不良馬場の適性と内が伸びる馬場状態で終始インを突く展開に恵まれたものであり、他馬と5馬身差ほどの能力差はない。

よって、中山記念後の重賞戦線、
すべてが嵌った第84回中山記念の結果の圧勝だけで、
トーセンクラウンを過大評価すべきでない
と競馬理論では判断している。

一方、第84回中山記念の結果では、
テイエムアンコール(浜中)、
ショウワモダン(後藤)及び
セイクリットバレー(三浦)が
混戦の中山記念2着争いを演じた。

テイエムアンコール及びショウワモダンは、大外を回ってのものであり、レース内容は悪くないが、走りを見る限り、得意な不良馬場に恵まれた可能性が高い。

また、セイクリットバレーは、
向こう正面で不利を受けたものの、
その後は、トーセンクラウンと
同じコース取りで競馬をしており、
内が伸びる馬場状態で終始インを突く
展開に恵まれたものと見るべきである。

よって、第84回中山記念の結果で
2着争いをしたテイエムアンコール、
ショウワモダン及びセイクリットバレーも、
次走以降は過大評価すべきでない
と競馬理論では判断している。

以上のように、第84回中山記念の結果は、
極悪の不良馬場の影響を受けてのものであり、
この結果は、次走以降に直結する可能性は低い。

よって、中山記念後の重賞戦線、
特に良馬場で行われる場合、
第84回中山記念の結果の結果を
度外視して予想すべき
と競馬理論では判断している。


もうムダ馬券を買うことは やめにしませんか?>>