14年連続プラス収支、リピーター8割の定員制競馬予想
ゲスト様(無料会員登録ログイン
予想屋マスターの誰も教えてくれない競馬理論
TOP > 競馬予想コラム > 中山記念 > エアシェイディが重賞連覇を果たせるか?
2012/06/29
予想屋マスター

出走日:2012年07月01日(日)
中山記念 -G2- 中山競馬場/芝1800m 右
条件:サラブレッド系4歳以上 賞金:6000万円

2012年中山記念 エアシェイディが重賞連覇を果たせるか?

今週からは、春の中山競馬が開幕する。
その春の中山競馬の開幕週には、伝統の一戦の第82回中山記念が行われる。

第82回中山記念では、エアシェイディ(後藤)及びマルカシェンク(北村宏)が人気の中心となりそうである。
エアシェイディは、前走のアメリカジャッキークラブカップで重賞初制覇を果たしており、7歳となった今が最も充実している。
第82回中山記念は前走のアメリカジョッキークラブカップよりも400mの距離短縮となるが、エアシェイディは、マイル戦の重賞でも連対経験があり、中山記念で大きな問題にはならないだろう。
よって、エアシェイディが、去年の中山記念2着の雪辱を果たす可能性は低くないと競馬理論の競馬予想では判断している。

マルカシェンクは、去年と同じ小倉大章典からのローテーションで、第82回中山記念に出走する。
その小倉大章典において、マルカシェンクは、アサカディフィートの追い込みに屈してしまったが、自ら勝ちに行ったレース内容自体は高い評価に値する。
ただし、ローカル重賞の小倉記念よりも明らかにメンバーが強化した第82回中山記念でも人気になるようであれば、馬券の期待値を高めるために、マルカシェンクを押さえ評価にとどめるべきと競馬理論の競馬予想では判断している。

マルカシェンクが人気になるのであれば、前走の小倉大章典でマルカシェンクを差しきったアサカディフィートも中山記念で通用するハズである。
アサカディフィートは、小倉大章典において、57.5キロの斤量を背負って快勝しており、展開さえ嵌れば、マルカシェンクに中山記念で再度先着可能な能力を秘める。
しかしながら、アサカディフィートにとっては、前残りが予想される開幕週の馬場が課題となる。
よって、第82回中山記念では、マルカシェンクがアサカディフィートに先着する可能性のほうが僅かながら上回る。
ただし、アサカディフィートは好走しても常に人気にならないタイプなので、馬券の期待値を高める意味では、人気になるマルカシェンクよりもアサカディフィートに高い評価を与えるべきと競馬理論の競馬予想では判断している。

第82回中山記念では、カンパニー(横山典)にも注意を払う必要がある。
カンパニーは、天皇賞秋でも3着に好走しており、実績的にはこのメンバーでも一枚上と言える。
カンパニーは、前走の東京新聞杯でこそ人気を裏切ってしまったが、休み明けで出遅れたことを考慮すれば、悲観すべき内容ではない。
よって、叩き2走目で一変が見込める第82回中山記念、実績断然のカンパニーを重視して予想すべきと競馬理論の競馬予想では判断している。

他には、チョウサン(松岡)及びコンゴウリキシオー(藤田)に競馬理論の競馬予想は注目している。
チョウサンは、ダイワメジャーを差し切って、毎日王冠勝ちを収めており、毎日王冠の内容だけ走ればこの中山記念メンバーでもまとめて差し切る爆発力を秘める。
チョウサンにとっては、有馬記念の惨敗後から2ヶ月ぶりの競馬となる点が気になるが、厩舎できっちりと調整されているようなので、中山記念で大きな問題にはならないだろう。
よって、第82回中山記念が切れ味を生かせる展開になるようであれば、チョウサンにも中山記念で高い評価を与えるべきと競馬理論の競馬予想では判断している。

コンゴウリキシオーは、金鯱賞及びマイラーズカップのG2を圧勝しており、更に、去年の安田記念でも2着に粘り込んでおり、逃げる自分の競馬さえできれば、G1でも通用する能力を秘めている。
また、第82回中山記念は先行馬に有利な馬場状態で行われる可能性が高いので、馬場状態もコンゴウリキシオーに味方しそうである。
よって、コンゴウリキシオーが楽に逃げられそうなメンバーであれば、コンゴウリキシオーにかなり中山記念で高い評価を与える必要がある。
現時点において、コンゴウリキシオーにとっては、中山記念で同じ逃げ馬のヨイチサウスの出方が大きなポイントとなる。
ヨイチサウスが競り掛けてこないで楽に逃げる競馬ができれば、中山記念でコンゴウリキシオーが逃げ切る可能性が高いと競馬理論の競馬予想では判断している。

以上のように、競馬理論の競馬予想は、第82回中山記念に出走する有力各馬の能力を分析した。
この分析結果に、枠順、馬場状態や調教などの様々な要素を加味して、第82回中山記念の最終的な予想を決断する。
競馬理論の競馬予想のファンの方は、第82回中山記念の予想をお楽しみに。


もうムダ馬券を買うことは やめにしませんか?>>