14年連続プラス収支、リピーター8割の定員制競馬予想
ゲスト様(無料会員登録ログイン
予想屋マスターの誰も教えてくれない競馬理論
TOP > 競馬予想コラム > 中山記念 > 第82回中山記念

2008年中山記念「第82回中山記念」

2008/03/02 UP
by 予想屋マスター
回顧録

中山記念 -G2- 中山競馬場/芝1800m 右
条件:サラブレッド系4歳以上 賞金:6000万円

第82回中山記念の結果は、カンパニー(横山典)の横綱競馬で幕を閉じた。

カンパニーは、初騎乗となる横山騎手の好騎乗に導かれて、逃げるコンゴウリキシオー(藤田信二)の結果2番手から競馬を進めた。

そして、カンパニーは、4コーナーで先頭に並びかけると、後続を突き放し、2着のエイシンドーバー(蛯名)に1馬身以上の差をつけて快勝した。

カンパニーの第82回中山記念の結果の勝利は、開幕週の前残りの馬場状態及び1000m通過59秒7のスローペースに恵まれたものでもあるが、1馬身4分の3の着差を考えると完勝と言っても問題ないだろう。

更に、いつも後方に置かれるカンパニーが、横山騎手によって先行する競馬を覚えたことで中山記念後の更なる活躍も期待される。

カンパニーは、第82回中山記念の結果のように器用な競馬を繰り返していれば、悲願のG1制覇を果たす日が来てもおかしくはない。

よって、中山記念後の重賞においても、カンパニーに高い評価を与えるべきと競馬理論では判断している。

第82回中山記念の結果の結果2着には、7番人気のエイシンドーバーが入った。

エイシンドーバーは、中山記念の近走の敗戦で人気を落としていたが、G2の京王杯スプリングカップ馬であり、この程度走っても何ら不思議はない。

レースでは、エイシンドーバーは、先行集団の外からレースを進めて、4コーナーで早めに先頭に並びかけた。

しかしながら、エイシンドーバーは、カンパニーに差し返されてしまい、結果中山記念2着に敗れてしまった。

エイシンドーバーの第82回中山記念の結果の2着は、終始外を回らされてのものであり、内容的な価値は高い。

よって、エイシンドーバーは、得意のマイル以下の距離に戻れば、更に走りそうなので、中山記念後も大いに注目すべきと競馬理論では判断している。

第82回中山記念の結果で1番人気のエアシェイディ(後藤)は、結果3着に敗れてしまった。

エアシェイディは、中段のインからレースを進めたが、4コーナーで前が塞がり仕掛けが遅れてしまった。

その後、エアシェイディは、前が開くと外から追い込んだが、結果中山記念3着が精一杯であった。

エアシェイディの第82回中山記念の結果の3着は、スローペースで前残りの展開及び4コーナーでの前が塞がる不利で脚を余してしまったことによるものである。

しかしながら、エアシェイディの直線での脚色を見る限り、不利がなかったとしても差し切れなかったであろう。

つまり、エアシェイディに対しては、一線級相手を力で押し切るほどの能力を秘めていないというのが正しい評価であろう。

よって、中山記念後も一線級相手に過剰に人気になるようであれば、エアシェイディを過信して予想すべきでないと競馬理論では判断している。

第82回中山記念の結果で5着に敗れたアサカディフィートは抜群の内容であった。

アサカディフィートは、前残りの展開を最後方から追走し、大外から捲って、結果中山記念5着に追い込んだ。

アサカディフィートの第82回中山記念の結果の5着は、開幕週の前残りの馬場状態及びスローペースの展開を考慮すると、立派な内容である。

よって、外が伸びる馬場状態やハイペースになりそうなレースでは、アサカディフィートに高い評価を与えるべきであろう。

なお、アサカディフィートは、明けて10歳馬ということもあり、いつも人気にならないので、馬券の期待値を高めるという観点では、アサカディフィートを中山記念後も常に重視して予想すべきと競馬理論では判断している。

以上のように、第82回中山記念の結果では、カンパニーが横山騎手を背に新たな一面を発揮して勝利を収めた。

カンパニーは、春の最大目標となる安田記念においても、自在さを生かして好走するであろう。

よって、競馬理論のファンの方は、カンパニーの中山記念後のレースに大いに注目して欲しい。


展開解説の動画を最短でお届け!!
\メールアドレス入力 → 最短で動画が届く!/
Gmail等のメールアドレス
迷惑メールに紛れていないか必ずご確認ください
すでに無料登録されている方はこちら
※登録は完全無料ですのでご安心ください