14年連続プラス収支、リピーター8割の定員制競馬予想
ゲスト様(無料会員登録ログイン
予想屋マスターの誰も教えてくれない競馬理論
TOP > 競馬予想コラム > 中山記念 > 第80回中山記念

2006年中山記念「第80回中山記念」

2006/02/25 UP
by 予想屋マスター
回顧録

中山記念 -G2- 中山競馬場/芝1800m 右
条件:サラブレッド系4歳以上 賞金:6000万円

中山記念の結果は、明け7歳馬のバランスオブゲーム(田中勝春)の圧勝だった。バランスオブゲームは、1枠のダイワメジャーに逃げる気がないことを確認すると、結果ハナを切った。

バランスオブゲームは、楽なペースで逃げて、直線では2番手以下を5馬身千切って結果圧勝した。

バランスオブゲームの勝利は、道悪の馬場、スローペースで前残りの展開、及び単騎逃げ等の様々な要因に恵まれたものによるものである。しかし、5馬身差の圧勝は、恵まれただけでできる芸当でなく、バランスオブゲームの能力の高さを示している。

バランスオブゲームは、明け7歳でも衰えをみせていない。よって、バランスオブゲームは、500m~2000mの重賞では中山記念後も注意すべき1頭であると競馬理論は判断している。

2着には、ダイワメジャー(デムーロ)が粘りきった。ダイワメジャーは、ハナをきると予想されていたが、目標となることを嫌い、2番手から競馬を進めた。ダイワメジャーは、直線に向くと、逃げたバランスオブゲームに離される一方で、結果何とか2着を確保した。

結果、先行した3頭が、そのまま1~3着を独占したレースであるとことを考えると、ダイワメジャーのレース内容は、極めて平凡である。ダイワメジャーの今回のレース内容では、中山記念後の重賞戦線では厳しいといわざるを得ない。

ただ、これまでの実績から、ダイワメジャーは叩いて良くなる可能性がある。ダイワメジャーの中山記念後の変わり身に期待したい。

結果3着には、3番手を追走したエアメサイア(武豊)が流れ込んだ。エアメサイアは、武豊騎手の絶妙な判断で先行して、結果そのまま3着に流れ込んだ。

エアメサイアも、結果ダイワメジャーと同様に、前残りの展開に恵まれての好走である。エアメサイアの今回の内容を見ると、牡馬との重賞では厳しい戦いが続くと競馬理論は判断している。ただし、エアメサイアは、牝馬同士の重賞ならば、当然上位争いをするであろう。

中山記念の結果レース内容的には、カンパニー(福永祐一)が悪くなかった。カンパニーは、スローペースということもあり、いつもより前の5番手の外でレースを進めた。カンパニーは、切れ味勝負の馬だけに、道悪で伸び切れなかったが、4コーナで上がっていった脚はさすがと言える。

カンパニーは、中山記念の結果出走組の中で、安田記念で最も注目すべき馬であると競馬理論は判断している。


展開解説の動画を最短でお届け!!
\メールアドレス入力 → 最短で動画が届く!/
Gmail等のメールアドレス
迷惑メールに紛れていないか必ずご確認ください
すでに無料登録されている方はこちら
※登録は完全無料ですのでご安心ください