14年連続プラス収支、リピーター8割の定員制競馬予想
ゲスト様(無料会員登録ログイン
予想屋マスターの誰も教えてくれない競馬理論
TOP > 競馬予想コラム > 中山記念 > 第79回中山記念

2005年中山記念「第79回中山記念」

2005/02/27 UP
by 予想屋マスター
回顧録

中山記念 -G2- 中山競馬場/芝1800m 右
条件:サラブレッド系4歳以上 賞金:6000万円

中山記念の結果は、1着バランスオブゲーム(田中勝春)、2着カンパニー(安藤克己)3着アルビレオ(蛯名正義)であった。私の競馬理論では、本線で的中した。但し、本命がカンパニーだったので、馬単は裏になってしまったが・・・。勝ったのは、バランスオブゲームである。私の競馬理論では、本命をバランスオブゲームにすることも考えた。バランスオブゲームは、このメンバーでは実績で断然である。これは、バランスオブゲームが、同距離の毎日王冠の結果、快勝していることからも分かる。
また、バランスオブゲームは休み明けであったが、毎日王冠も休み明けであったことから、休み明けを区にするタイプでない。更に、中山記念の結果は、スローペースが濃厚であり、先行するバランスオブゲームには絶好の展開になると考えた。なぜなら、中山記念の結果には、エルカミーノ(横山典弘)とハスラー(バルジュ)程度しか先行馬がいない。

私の展開では、バランスオブゲームの逃げまで想定していた。よって、私の競馬理論では、カンパニーを負かせるとしたら、先行できるバランスオブゲームしかいないと考えていた。バランスオブゲームは、実際に、余裕たっぷりに先行して抜け出した。バランスオブゲームのレース内容は見事であった。バランスオブゲームは、GⅠでは少し足りないが、中山記念後も中距離路線では目が離せない。2着は、カンパニーであった。私の競馬理論は、バランスオブゲームの能力を認めていながらも、カンパニーを本命にした。

これは、カンパニーの京阪杯の結果が素晴らしいからである。京阪杯は、ダイワエルシエーロ(福永祐一)が逃げ切る前残りの展開であった。カンパニーは、このスローな流れの中で14番手を追走し、上がり3ハロン32.8秒で結果、2着した。つまり、カンパニーは、京阪杯を展開のアヤで負けたが、内容的には勝ちに等しい内容だった。また、カンパニーは、京阪杯で、8番手を追走したエアシェイディ(後藤浩樹)を楽に差しきっている。よって、カンパニーとエアシェイディの勝負付けは既に済んでいる。つまり、私の競馬理論では、1番人気のエアシェイディを本命にすることはありえない。

カンパニーは、中山記念の結果では、後方のインを追走していた。カンパニーは、4コーナでも引っ張りきれない手応えで直線に向いた。このとき、私は、カンパニーの勝利を確信した。しかし、カンパニーは、結果として残り200mまで前が開かずに、3/4馬身差の2着となった。カンパニーは、2着続きであるが、いずれも内容的には抜群である。カンパニーは、中山記念後も当然主力となる。更に、カンパニーは、このまま無事に成長すれば、GⅠ馬になれる素材である。

3着は、アルビレオであった。アルビレオは、7番人気であった。しかし、アルビレオは、金杯の結果の2着のように相手なりに走るので、この好走は不思議ではない。アルビレオは、中山記念の結果では、先行馬3頭の直後の4番手を走っていた。中山記念の結果の日の芝状態は、開幕週であり、インが有利な馬場であった。
つまり、アルビレオにとって、これ以上ない程恵まれた展開であった。よって、アルビレオの3着の結果は、恵まれた展開によるものが大きい。アルビレオは、中山記念後も相手なりに走るだろう。しかし、私の競馬理論では、中山記念の結果の3着で過剰に人気になるなら、アルビレオは、押さえにまわす。

4着は一番人気のエアシェイディであった。先ほど述べたように、エアシェイディは、カンパニーに勝てない。つまり、エアシェイディのこの結果は当然といえる。エアシェイディは、中山記念の結果では、アルビレオの直後のインを走っていた。エアシェイディは、展開に恵まれても結果4着であり、寂しい内容となった。

私の競馬理論では、エアシェイディを人気先行型の馬と判断しているので、中山記念後重視しない。


展開解説の動画を最短でお届け!!
\メールアドレス入力 → 最短で動画が届く!/
Gmail等のメールアドレス
迷惑メールに紛れていないか必ずご確認ください
すでに無料登録されている方はこちら
※登録は完全無料ですのでご安心ください