14年連続プラス収支、リピーター8割の定員制競馬予想
ゲスト様(無料会員登録ログイン
予想屋マスターの誰も教えてくれない競馬理論
TOP > 競馬予想コラム > 中山牝馬ステークス > 第24回中山牝馬ステークス

2006年中山牝馬ステークス「第24回中山牝馬ステークス」

2006/03/12 UP
by 予想屋マスター
回顧録

中山牝馬ステークス -G3 - 中山競馬場/芝1800m 右
条件:サラブレッド系4歳以上牝馬 賞金:3500万円
中山牝馬ステークスは、結果、異例となる審議33分を要する後味の悪いレースとなった。その中山牝馬ステークスを、ヤマニンシュクル(四位弘文)が制した 第24回中山牝馬ステークスは、先行馬不在のスローペースが予想されていた。しかし、メイショウオスカル(蛯名正義)が折り合いを欠いたことによって、結果ハイペースとなってしまった。 その流れを、第24回中山牝馬ステークスのヤマニンシュクルは、中段の外を進んで、結果直線でも外から一気に差し切った。 第24回中山牝馬ステークスのヤマニンシュクルは、イン有利の中山で外を回ったことによって、不利を受けずに済んだ。しかし、第24回中山牝馬ステークスのヤマニンシュクルは、他馬が不利を受けたことによる勝利というよりも結果実力による勝利といっていい。 ヤマニンシュクルの中山牝馬ステークスのレース内容は、時計的にも内容的にも文句のない内容であった。第24回中山牝馬ステークスのヤマニンシュクルは、G1の阪神ジュベナイルフィリーズ馬であり、更に秋華賞でスイープトウショウ(宝塚記念馬)と互角に戦った実績からこの程度走って結果当然である。 第24回中山牝馬ステークスのヤマニンシュクルは、第1回のヴィクトリアマイル(G1)の主役候補に躍り出たと第24回中山牝馬ステークスの競馬理論の結果は判断している。2着は、第24回中山牝馬ステークスの競馬理論の結果の本命馬であるディアデラノビア(岩田)が追い込んだ。 第24回中山牝馬ステークスのディアデラノビアは、休み明け後の2戦で人気を裏切っていたが、ようやく実力を発揮できた。第24回中山牝馬ステークスのディアデラノビアは、4歳牝馬世代のトップクラスの馬である。 しかし、4歳牝馬世代は、ラインクラフト及びエアメサイアが古馬との対戦で敗れており、結果レベルに疑問が残る。 ここで、ディアデラノビアが惨敗するようであれば、4歳牝馬世代は重賞で通用しないと考えようと思っていた。その中で、ディアデラノビアは、2着を確保した。 しかし、レース内容を振り返ると、ディアデラノビアの2着は、ハイペースの展開と内の馬が不利を受けたことに恵まれた可能性も否めない。 よって、ディアデラノビアにとっても4歳牝馬世代にとっても、次走が試金石の一戦になると第24回中山牝馬ステークスの競馬理論の結果は判断している。 3着には、ヤマニンアラバスタ(江田照)が追い込んだ。ヤマニンアラバスタは、ハイペースを利して、後方から追い込んだが、直線で前が塞がる不利があって、届かずの3着となった。 ヤマニンアラバスタは、不利がなければ、結果もう少し際どい勝負になっていた。よって、第24回中山牝馬ステークスの競馬理論の結果は、ヤマニンアラバスタを3着以上の内容として評価をしている。 ヤマニンアラバスタは、本番のヴィクトリアマイルでも展開次第で通用する可能性があると第24回中山牝馬ステークスの競馬理論の結果は判断している。 中山牝馬ステークスを振り返ると、ヤマニンの2頭のレース内容に目を引かれた。ヤマニンの2頭が、本番でも好走する可能性が高いので、第24回中山牝馬ステークスの競馬理論の結果のファンの皆様は注目してください。

展開解説の動画を最短でお届け!!
\メールアドレス入力 → 最短で動画が届く!/
Gmail等のメールアドレス
迷惑メールに紛れていないか必ずご確認ください
すでに無料登録されている方はこちら
※登録は完全無料ですのでご安心ください