14年連続プラス収支、リピーター8割の定員制競馬予想
ゲスト様(無料会員登録ログイン
予想屋マスターの誰も教えてくれない競馬理論
TOP > 競馬予想コラム > マイルCS > マイルチャンピオンシップ2018の回顧|ステルヴィオが悲願のG1制覇

2018年マイルCS「マイルチャンピオンシップ2018の回顧|ステルヴィオが悲願のG1制覇」

2018/11/22 UP
by 予想屋マスター
回顧録

マイルCS -G1- 京都競馬場/芝外1600m 右
条件: サラブレッド系3歳以上 賞金:1億300万円

マイルチャンピオンシップ(2018年)は、1番人気のモズアスコット(ルメール)でも単勝3.4倍と人気が割れる混戦模様であったが、5番人気のステルヴィオ(ビュイック)が勝利し、中波乱の決着となった。
競馬理論の競馬予想では、開幕週で前残りの展開を唯一外から追い込んだ毎日王冠の強い内容から、ステルヴィオをマイルチャンピオンシップの本命に予想した。

 

ステルヴィオ

レースでは、ステルヴィオは、好スタートを切ると、好位のインで脚をためた。
そして、ステルヴィオは、直線でアルアインの内側に進路を取ると、ペルシアンナイトとの叩き合いを制して、マイルチャンピオンシップを勝利した。
ステルヴィオのマイルチャンピオンシップの勝利という結果は、内枠からの発走で好位のインを積極的に取りに行ったビュイック騎手の好騎乗に恵まれたこともあるが、ペルシアンナイトとの叩き合いを制した勝負根性は立派である。
よって、今後の重賞戦線の競馬予想においても、3歳馬ながらもマイルチャンピオンシップ馬となったステルヴィオに高い評価を与えて当然である。
ただし、ステルヴィオは、基本的に位置取りが悪くなることが多いので、イン有利の馬場や先行有利の展開では脚を余す可能性も考慮すべきである。

 

ペルシアンナイト

一方、マイルチャンピオンシップでは、3番人気に推された去年の覇者ペルシアンナイトが2着に入った。
競馬理論の競馬予想では、近2走は不利を受けていた上に、去年は外枠を克服してマイルチャンピオンシップを制覇した実績から、ペルシアンナイト(ミルコ・デムーロ)にもかなり高い評価を与えていた。
レースでは、ペルシアンナイトは、スタートを決めると、中団のインで脚をためた。
そして、ペルシアンナイトは、直線で前が詰まり気味で追い出しを待たされたが、最内に進路を見つけると一気に伸びたが、ステルヴィオにアタマ差だけ届かず、2着止まりであった。
ペルシアンナイトのマイルチャンピオンシップの2着という結果は、直線でスムーズに前が開いているかもう少しペースが速くなっていれば、ステルヴィオを逆転できたと思わせる内容であった。
よって、今後のマイル重賞戦線においては、ペルシアンナイトに常に高い評価を与えて当然である。

 

アルアイン

一方、マイルチャンピオンシップでは4番人気のアルアイン(川田将雅)が3着に入った。
アルアインは、好スタートを切ると、先手を取るかにも見えたが、アエロリットを行かせて2番手の内目で脚をためた。
そして、アルアインは、直線に向いて早めに先頭に立って押し切りを狙ったが、内から2頭に差されてしまい、3着を確保するのが精一杯であった。
アルアインのマイルチャンピオンシップの3着という結果は、スローペースで楽に先行する展開に恵まれたものであり、上位2頭には力負けであった。
よって、今後の重賞戦線の予想では、アルアインが勝ち切るためには展開やメンバーなどの助けが必要と判断すべきである。

 

以上のように、マイルチャンピオンシップはステルヴィオの悲願のG1初制覇で幕を閉じた。
ステルヴィオの勝利は、展開や枠順の助けがあったとはいえ、3歳で古馬を破ったことは立派である。
競馬理論のファンの方は、今後のステルヴィオの走りにも大いに期待して頂きたい。


展開解説の動画を最短でお届け!!
\メールアドレス入力 → 最短で動画が届く!/
Gmail等のメールアドレス
迷惑メールに紛れていないか必ずご確認ください
すでに無料登録されている方はこちら
※登録は完全無料ですのでご安心ください