14年連続プラス収支、リピーター8割の定員制競馬予想
ゲスト様(無料会員登録ログイン
予想屋マスターの誰も教えてくれない競馬理論
TOP > 競馬予想コラム > マイルCS > 第23回マイルチャンピオンシップ

2006年マイルCS「第23回マイルチャンピオンシップ」

2006/11/19 UP
by 予想屋マスター
回顧録

マイルCS -G1- 京都競馬場/芝外1600m 右
条件: サラブレッド系3歳以上 賞金:1億300万円

ダイワメジャーは天皇賞・秋に続いて、第23回マイルチャンピオンシップをも制覇した。天皇賞よりも弱いメンバーで且つ距離短縮したマイル戦ということを考えると、ダイワメジャーがマイルチャンピオンシップを制覇するのは当然ともいえる結果である。

しかし、ダイワメジャーは、天皇賞馬で断然人気という重圧を克服して、マイルチャンピオンシップを制しており、非常に価値のある勝利といえる。競馬理論は、日曜の京都競馬場が雨予報であることを確認したときに、結果としてダイワメジャーの本命を決定してしまった。

ダイワメジャーのようにノド鳴りの馬は、湿った天気の時に好走するからだ。つまり、雨の天気までもが味方するダイワメジャー以外の馬を本命にできないと競馬理論では判断した。

マイルチャンピオンシップのレース結果では、ダイワメジャーは、逃げるステキシンスケクン(小牧)の2番手からレースを進めた。そして4コーナでは、ダイワメジャーは、外に持ち出されて早めに先頭に立ち、そのまま先頭で1着の結果をおさめた。

特に、外から追い込むダンスインザムード(武豊)に並ばれるともう一伸びしたダイワメジャーのマイルチャンピオンシップでの内容は、横綱競馬ともいえる。よって、充実した今のダイワメジャーに対しては、今後のG1でも常に高い評価を与えるべきと競馬理論では判断している。

ダンスインザムードは中段から追い込み、2着の結果を残した。ダンスインザムードは、牝馬限定のエリザベス女王杯の出走を回避して、ベストの距離の第23回マイルチャンピオンシップに出走してきたことからも、マイルチャンピオンシップへの勝負気配が窺える。

マイルチャンピオンシップのレースでは、ダンスインザムードは、中段からレースを進め、4コーナで外に持ち出されると抜群の切れ味を発揮しダイワメジャーを交わすか勢いで追い込んだ結果となった。

しかし、 マイルチャンピオンシップでダイワメジャーに差し返されて2着に敗れる結果となった。これで、ダンスインザムードは、ダイワメジャーに3連敗であり、完全に勝負付けが済んだ感もある。但し、ダンスインザムードは、マイル戦までであれば、ダイワメジャーと決定的な差があるわけではない。

よって、展開一つでは、ダンスインザムードが、ダイワメジャーを逆転してもおかしくないと競馬理論では判断している。競馬理論は、今後もマイル戦の重賞ならば、ダンスインザムードに常に高い評価を与える必要があると考えている。

シンボリグラン(柴山)は3着の結果となった。シンボリグランは、ダンスインザムードの外を進み、直線でもダンスインザムードの外から追い込んだ。しかし、シンボリグランは、上位2頭とは能力差があり、3着に追い込むのが精一杯であった。

シンボリグランは、G1の高松宮記念でも一番人気になったことがあり、素質は従来から高く評価されていた。しかし、シンボリグランは、出遅れ癖と追い込み一手の脚質から、今年の春のレースでは能力を発揮できずにいた。

よって、すんなりレースを運べる外枠で好スタートを切れば、シンボリグランは、第23回マイルチャンピオンシップくらい走っても不思議はない。シンボリグランが、マイルチャンピオンシップのようなスムーズなレースを今後もできれば、短距離のG1を制覇する可能性まであり得ると競馬理論では判断している。

マイルチャンピオンシップの4着及び5着には、3歳馬のマイネルスケルツィ(柴田善)及びキンシャサノキセキ(秋山)が入る結果となった。マイネルスケルツィは、前走の富士ステークスの凡走で人気を落としたが、NHKマイルカップでも2番人気であった。

そして、マイネルスケルツィは3歳世代のマイル路線のトップクラスと評価されていた。よって、マイネルスケルツィは、能力さえ発揮すればこの程度走って不思議はない。

一方のキンシャサノキセキは、NHKマイルカップで最も強い内容で3着の結果を残しており、競馬理論では、春先からキンシャサノキセキの能力の高さに注目していた。しかし、キンシャサノキセキは、現時点では古馬の一線級に対しては力不足であった。

但し、キンシャサノキセキは、南半球産の遅生まれ(9月24日生まれ)であり、これからの成長が見込まれる。よって、キンシャサノキセキが、今後のマイル路線で主役となっていく可能性が高いと競馬理論では判断している。第23回マイルチャンピオンシップでは、ダイワメジャーが天皇賞馬の貫禄を見せつけた結果となった。

ダイワメジャーは、今の充実っぷりを生かして、2500mの有馬記念でもディープインパクトなどの一線級と好勝負できるのであろうか?

有馬記念でのディープインパクトとダイワメジャーとの対戦する競馬予想ができると思うと、今からとても楽しみである。


展開解説の動画を最短でお届け!!
\メールアドレス入力 → 最短で動画が届く!/
Gmail等のメールアドレス
迷惑メールに紛れていないか必ずご確認ください
すでに無料登録されている方はこちら
※登録は完全無料ですのでご安心ください