14年連続プラス収支、リピーター8割の定員制競馬予想
ゲスト様(無料会員登録ログイン
予想屋マスターの誰も教えてくれない競馬理論
\14年連続プラス収支を達成/
締切まで
抽選に応募する
TOP > 競馬予想コラム > マーメイドステークス > ヒカルアマランサスがヴィクトリアマイルの雪辱を果たすか?
2012/07/02
予想屋マスター

出走日:2012年07月08日(日)
マーメイドステークス -G3- 阪神競馬場/芝2000m 右
条件:サラブレッド系3歳以上牝馬 賞金:3500万円

2012年マーメイドステークス ヒカルアマランサスがヴィクトリアマイルの雪辱を果たすか?

春のG1シリーズも終わり、今週から夏競馬が開幕する。その夏競馬の開幕週のメインレースは、第15回マーメイドステークスである。第15回マーメイドステークスは、牝馬限定のハンデ戦ということもあり、大混戦が予想される。そこで、競馬理論は、第15回マーメイドステークスに出走する有力各馬の能力をステップレースごとに分析する。

春の牝馬女王決定戦のヴィクトリアマイル組からは、2着のヒカルアマランサス、3着のニシノブルームーン、8着のブラボーデイジー、11着のコロンバスサークル及び18着のムードインディゴが第15回マーメイドステークスに出走する。第15回マーメイドステークスでヒカルアマランサスのヴィクトリアマイルの2着は、現役最強馬のブナビスタをゴール寸前まで苦しめた事実自体には高い評価が必要だが、外が伸びにくい超高速馬場で絶好位となるインの4番手を追走する展開に恵まれたものでもある。よって、第15回マーメイドステークス、ヴィクトリアマイルの2着で高い評価は必要なものの、ヒカルアマランサスが絶対的な軸馬というまではいかないと競馬理論では判断している。

一方、第15回マーメイドステークスでニシノブルームーンのヴィクトリアマイルの3着は、向こう正面でゴチャついて位置取りを下げる不利及び直線でも前が塞がる不利を受けてのものであり、1馬身以下の着差を考慮すると、レース内容的にはヒカルアマランサスと互角である。よって、第15回マーメイドステークス、ニシノブルームーンに、ヒカルアマランサスと互角又はそれ以上の評価を与えても問題ないと競馬理論では判断している。

一方、ブラボーデイジーのヴィクトリアマイルの8着は、見所のないレース内容であったが、ハナを切る自分の展開にならなかったので、度外視可能である。よって、第15回マーメイドステークス、開幕週の馬場を単騎で逃げる展開になれば、ブラボーデイジーが逃げ粘る可能性もあり得ると競馬理論では判断している。

一方、第15回マーメイドステークスでコロンバスサークル及びムードインディゴは、ヴィクトリアマイルの見所のないレース内容から、第15回マーメイドステークスで好走する可能性は低い。

一方、第15回マーメイドステークスでブラボーデイジーが2着に入った福島牝馬ステークス組からは、1着のレジネッタも、第15回マーメイドステークスに出走する。レジネッタは、福島牝馬ステークスで桜花賞以来の勝利を上げたが、インが荒れて外が伸びる馬場状態で追い込む展開に助けられたものである。よって、第15回マーメイドステークス、開幕週でイン有利が予想される馬場状態を考慮すると、レジネッタならば、ブラボーデイジーの先行粘り込みに注意すべきと競馬理論では判断している。

一方、別路線組からは、メイショウベルーガ、リトルアマポーラ、ブライティアパルス及びテイエムオーロラが注目される。メイショウベルーガは、牝馬ながらも、牡馬相手のG2の日経新春杯を制し、天皇賞・春に挑戦している。よって、メイショウベルーガにとっては、牝馬限定の重賞ならば、急激にメンバーが弱化した感すらあり、断然格上と見ることもできる。ただし、第15回マーメイドステークス、実力断然という評価を下しても、イン有利が予想される開幕週を考慮すると、追い込み一手のメイショウベルーガを過信すべきでないと競馬理論では判断している。

一方、リトルアマポーラは、牡馬相手に敗戦を繰り返しているが、エリザベス女王杯勝ちの実績が示すように、牝馬ではトップクラスの実績を持つ。また、リトルアマポーラは、去年の12月にも56.5キロのトップハンデを克服して、愛知杯勝ちを収めており、能力的に大きな衰えも見られない。ただし、リトルアマポーラの愛知杯の勝利は、ブラボーデイジーとの行ったきりの展開に恵まれたものでもあるので、過信は禁物である。よって、第15回マーメイドステークス、G1馬の実績を評価しつつも、斤量が不利なリトルアマポーラには押さえ程度の評価を与えれば十分と競馬理論では判断している。

一方、ブライティアパルスは、オープン特別のメイステークス組なので、パッと見では格下にも思える。しかしながら、メイステークスの勝ち馬のショウワモダンが次走で安田記念勝ち、2着のシルポートが次走のエプソムカップでもハナ差の2着に好走しており、メイステークスは非常に高レベルな一戦であった。更に、ブライティアパルスは、メイステークスにおいて直線で前が塞がる不利がなければ、2着に浮上していた可能性が高い。よって、第15回マーメイドステークスにおいても、内枠を引いて上手くインで折り合う競馬ができれば、ブライティアパルスが勝利を収めてもおかしくないと競馬理論では判断している。

一方、テイエムオーロラは、3連勝中の上がり馬で、絶好調の体調から無視することはできない。

確かに、急激なメンバー強化の感もあるが、パールステークスで破ったクーデグレイスは、秋華賞4着馬なので、テイエムオーロラが牝馬同士の重賞ならば通用してもおかしくない。よって、第15回マーメイドステークス、3連勝の勢いを評価して、テイエムオーロラにはそれ相応の評価を与えるべきと競馬理論では判断している。

以上のように、競馬理論は、第15回マーメイドステークスに出走する有力各馬の能力を分析した。この分析結果に、枠順、展開、調教及び馬場状態などの様々な要素を加味して、第15回マーメイドステークスの最終的な予想を決断する。競馬理論のファンの方は、第15回マーメイドステークスの予想をお楽しみに。


もうムダ馬券を買うことは やめにしませんか?>>