14年連続プラス収支、リピーター8割の定員制競馬予想
ゲスト様(無料会員登録ログイン
予想屋マスターの誰も教えてくれない競馬理論
\14年連続プラス収支を達成/
締切まで
抽選に応募する
TOP > 競馬予想コラム > マーメイドステークス > ブライティアパルスが悲願の重賞初制覇
2010/06/20
予想屋マスター
回顧録

マーメイドステークス -G3- 阪神競馬場/芝2000m 右
条件:サラブレッド系3歳以上牝馬 賞金:3500万円

2010年マーメイドステークス ブライティアパルスが悲願の重賞初制覇

第15回マーメイドステークスの結果は、競馬理論では勝ち馬のショウワモダンが次走で安田記念勝ち、2着のシルポートが次走のエプソムカップでもハナ差の2着に好走しているメイステークスでのレース内容を評価し、ブライティアパルスを本命に予想した。

レースでは、ブライティアパルスは、スタート後に少し行きたがったものの、いつもよりうまく折り合って、2番手からレースを進めた

そして、ブライティアパルスは、直線に向くと、逃げ粘るセラフィックロンプをキッチリと交わし、第15回マーメイドステークスの結果を制覇した。

ブライティアパスルの第15回マーメイドステークスの結果の勝利は、53キロの軽ハンデと行ったきりの展開に恵まれたものだが、G1でも好走したニシノブルームーン及びヒカルアマランサスを破った事自体には高い評価が必要である。

よって、今後の牝馬重賞戦線においても、安定した先行力を持ち折り合い難が解消したブライティアパルスには要注意と競馬理論では判断している。

一方、第15回マーメイドステークスの結果では、セラフィックロンプが2着に粘り込んだ。

セラフィックロンプは、ブラボーデイジーが出遅れたこともあって、楽に逃げを打つことができた。

すると、セラフィックロンプは、開幕週の馬場を生かして、直線で一旦は後続を引き離して勝利を収めたかにも見えたが、ゴール前でブライティアパスルに交わされてしまい、2着に敗れてしまった。

セラフィックロンプの第15回マーメイドステークスの結果の2着は、ブラボーデイジーの出遅れのお陰で楽に逃げる展開に恵まれたものであり、レース内容的な価値は低い。

よって、第15回マーメイドステークスの結果後の重賞戦線において、セラフィックロンプが好走するには今回のような展開の助けが必要と競馬理論では判断している。

一方、3連勝中の上がり馬テイエムオーロラ(国分)は、3着に敗れてしまった。

テイエムオーロラは、3番手を追走して、そのまま3着でゴールした。

テイエムオーロラの第15回マーメイドステークスの結果の3着は、行ったきりの流れを3番手で追走して流れ込んだだけであり、直線で上位2頭に離されてしまったことを考慮すると、現時点、重賞では少し力不足である。

よって、今後の重賞戦線においてテイエムオーロラが通用するためには更なるパワーアップが必要と競馬理論では判断している。

一方、ヴィクトリアマイルで好走して人気になったニシノブルームーン(北村)及びヒカルアマランサス(内田博)は、人気を裏切ってしまった。

ニシノブルームーン及びヒカルアマランサスの第15回マーメイドステークスの結果の敗戦は、重いハンデと前残りの展開で脚を第15回マーメイドステークスの結果で余したものであり、悲観する必要はない。

よって、今後の牝馬重賞戦線において、ニシノブルームーン及びヒカルアマランサスの巻き返しには要注意と競馬理論では判断している。

以上のように、第15回マーメイドステークスの結果は、ブライティアパルスの勝利という結果で幕を閉じた。

ブライティアパルスは、メイステークスで牡馬の一線級とも互角の競馬をしており、上がり目もありそうである。

よって、競馬理論のファンの方は、ブライティアパスルの今後の活躍に大いに注目して頂きたい。


もうムダ馬券を買うことは やめにしませんか?>>