14年連続プラス収支、リピーター8割の定員制競馬予想
ゲスト様(無料会員登録ログイン
予想屋マスターの誰も教えてくれない競馬理論
TOP > 競馬予想コラム > マーメイドステークス > 第14回マーメイドステークス

2009年マーメイドステークス「第14回マーメイドステークス」

2009/06/21 UP
by 予想屋マスター
回顧録

マーメイドステークス -G3- 阪神競馬場/芝2000m 右
条件:サラブレッド系3歳以上牝馬 賞金:3500万円

第14回マーメイドステークスの結果は、競馬理論の特集記事でも取り上げた穴馬のコスモプラチナ(和田)が波乱の主役となった。

第14回マーメイドステークスの結果は競馬理論は、開幕週のイン有利の馬場が有利に働くと判断して、コスモプラチナを穴馬として取り上げたものの、休み明けということで対抗評価にとどめてしまった。

第14回マーメイドステークスの結果のレースでは、コスモプラチナは、1枠を生かして楽にハナを切ると、2コーナー過ぎから後続を引き離す形の大逃げを打ち、そのまま押し切って、第14回マーメイドステークスの結果を制覇した。

コスモプラチナの第14回マーメイドステークスの結果の勝利は、開幕週の先行馬有利の馬場に恵まれたものであり、過大評価は禁物である。

しかしながら、第14回マーメイドステークスの結果の勝利からも分かるように、コスモプラチナは、気分よく逃げを打てると非常にシブトイ。

よって、第14回マーメイドステークスの結果は、今後の重賞戦線、先行馬が少なくて気分よく逃げられるメンバー構成かどうかで、コスモプラチナの評価を決定すべきと競馬理論では判断している。

一方、第14回マーメイドステークスの結果の2着には、ニシノブルームーン(北村宏)が入った。

ニシノブルームーンは、先行した2頭から大きく離れた3番手を追走し、直線でも内目から差を詰めたが、2着が精一杯であった。

ニシノブルームーンの第14回マーメイドステークスの結果の2着は、マイペースでの単騎逃げと同じ状態という最高の展開と52キロの軽ハンデに恵まれたものであり、レース内容的な価値は低い。

よって、今後の重賞戦線、馬券の期待値を高めるためにも、好走続きで今後も人気になりそうなニシノブルームーンを押さえ以下の評価にとどめるべきと競馬理論では判断している。

一方、エリザベス女王杯馬リトルアマポーラ(福永祐一)は、3着に敗れてしまった。

リトルアマポーラは、外枠からの発走ということもあって、中段の外目を追走し、直線でも大外から追い込んだが、3着に敗れてしまった。

リトルアマポーラの第14回マーメイドステークスの結果の3着は、開幕週のイン有利な馬場で外を回らされてのものであり、悲観すべき内容ではない。

よって、今後の重賞戦線においても、牝馬同士であれば、リトルアマポーラに高い評価を与えるべきと競馬理論では判断している。

一方、第14回マーメイドステークスの結果は、競馬理論が連軸候補として本命に予想したベッラレイア(秋山)は4着に敗れてしまった。

ベッラレイアは、中段の内目の絶好位を追走したが、直線で思ったほど伸びず、4着止まりであった。

ベッラレイアの第14回マーメイドステークスの結果の4着は、展開に恵まれたにもかかわらず直線で伸びを欠いており、55キロの斤量を考慮しても、酷いレース内容であった。

よって、今後の重賞戦線において、常に人気となるベッラレイアを過大評価すべきでないと競馬理論では判断している。

以上のように、第14回マーメイドステークスの結果は、コスモプラチナの逃げ切りで幕を閉じた。

第14回マーメイドステークスの結果の結果から、競馬では馬場状態と展開が非常に重要であることが分かっていただけたと思う。

よって、競馬理論のファンの方には、馬場状態及び展開を考慮して、馬券を購入できるようになって頂きたい。


展開解説の動画を最短でお届け!!
\メールアドレス入力 → 最短で動画が届く!/
Gmail等のメールアドレス
迷惑メールに紛れていないか必ずご確認ください
すでに無料登録されている方はこちら
※登録は完全無料ですのでご安心ください