14年連続プラス収支、リピーター8割の定員制競馬予想
ゲスト様(無料会員登録ログイン
予想屋マスターの誰も教えてくれない競馬理論
TOP > 競馬予想コラム > マーメイドステークス > ベッラレイアが夏の女王を目指して出走
2012/06/29
予想屋マスター

出走日:2012年07月01日(日)
マーメイドステークス -G3- 阪神競馬場/芝2000m 右
条件:サラブレッド系3歳以上牝馬 賞金:3500万円

2012年マーメイドステークス ベッラレイアが夏の女王を目指して出走

今週から中央競馬の舞台は、函館競馬、福島競馬及び阪神競馬場となり、夏競馬がスタートする。その夏競馬の開幕週には、阪神競馬場で第13回マーメイドステークスが行われる。

第13回マーメイドステークスでは、アルコセニョーラ、タニノハイクレア、ベッラレイア及びレインダンス(武幸四郎)のヴィクトリアマイル組が人気になりそうである。アルコセニョーラは、ヴィクトリアマイルで1秒8差の18着に大敗しており、いくらG1といえども負けすぎである。 よって、G3のマーメイドステークスであっても、アルコセニョーラが好走する可能性は低いと競馬理論では判断している。

一方、タニノハイクレアは、ヴィクトリアマイルにおいて、中段のインを追走し直線でもインを突いて10着であった。タニノハイクレアのヴィクトリアマイルの10着は、無駄な距離を走らせなかった的場勇人騎手の好騎乗でのものであって、能力的には上位と着差以上の開きがある。 よって、タニノハイクレアが第13回マーメイドステークスで好走するには、ある程度の展開の助けが必要と競馬理論では判断している。

一方、ベッラレイアは、ヴィクトリアマイルにおいて、中段の外目を追走したが、伸びを欠いて8着に敗れてしまった。ベッラレイアのヴィクトリアマイルの8着は、休み明け且つ前残りで外が伸びない馬場で外を回らされる不利が影響したものであり、着順ほど悲観すべき内容ではない。 よって、レベルの高い3歳世代でトップクラスの能力を秘めるベッラレイアに、第13回マーメイドステークスでも高い評価を与えるべきと競馬理論では判断している。ただし、第13回マーメイドステークスが開幕週で極端に前残りの馬場で行われる場合には、追い込み脚質で56キロとトップハンデのベッラレイアを過信し過ぎるべきではない。

一方、レインダンスは、ヴィクトリアマイルにおいて、超スローペースを4番手と先行したにもかかわらず11着に敗れており、レース内容的には見所のないものであった。 よって、前走のレース内容では、レインダンスが第13回マーメイドステークスで好走する可能性は低い。ただし、レインダンスは、去年の秋華賞において、ダイワスカーレットの2着に好走して、ダービー馬ウオッカに先着を果たしている。 更に、第13回マーメイドステークスは開幕週で行われる上に、メンバー的にも先行馬が少ない。よって、第13回マーメイドステークスにおいて、レインダンスがスローペースで楽に先行できるようであれば、去年の秋華賞を再現して好走する可能性もあり得ると競馬理論では判断している。

条件級を勝利して挑戦する上がり馬では、ウインシンシア(浜中)、ブリトマルティス(武豊)及びホウショウループが第13回マーメイドステークスに出走する。ウインシンシアは、前々走の1000万下戦において、ブリトマルティスに敗れており、第13回マーメイドステークスでは荷が重いだろう。また、ホウショウループは、休み明けで望んだ1000万下を快勝して第13回マーメイドステークスに望むが、前走の1000万下で2年ぶりにもかかわらず3着に粘ったコマノハイが東京の1000万下特別で敗れていることからも分かるように、前走の1000万下はかなりレベルの低い一線であった。よって、第13回マーメイドステークスにおいて、そのレベルの低い1000万を勝ち上がったホウショウループにあまり高い評価を与えるべきではないだろう。

一方、ブリトマルティスは、2連勝中と絶好調の状態でレースに望むので、一線級不在でハンデ戦の第13回マーメイドステークスであれば、好走可能であろう。ただし、ブリトマルティスは、去年の秋華賞で見せ場すらなく13着に敗れているように、重賞では通用しない可能性もあり得る。 にもかかわらず、2連勝中及び武豊騎手騎乗ということだけで過剰に人気になるようであれば、ブリトマルティスを押さえ程度の評価にとどめるべきと競馬理論では判断している。

他には、牝馬限定重賞の常連のザレマ、サンレイジャスパー及びソリッドプラチナムが第13回マーメイドステークスに出走する。ザレマは、前々走の福島牝馬ステークスで3着に敗れてしまったが、1番人気に推されていたように、牝馬限定の重賞であれば通用する能力を秘める。一方、サンレイジャスパーは、夏場のローカル重賞で上位争いを繰り返した実績馬で能力的には通用するが、56キロのトップハンデで10ヶ月ぶりの競馬なので体調次第ということになるだろう。一方、ソリッドプラチナムは、準オープンクラスの身だが、一昨年のマーメイドステークス馬であることからも分かるように、牝馬限定の重賞で展開さえ嵌れば好走可能である。つまり、展開や体調、馬場状態などに恵まれれば、ザレマ、サンレイジャスパー及びソリッドプラチナムの三頭は第13回マーメイドステークスでも通用する。

以上のように、競馬理論は、第13回マーメイドステークスに出走する有力各馬の能力を分析した。この分析結果に、馬場状態、展開、枠順及び調教などの様々な要素を加味して、第13回マーメイドステークスの最終的な予想を決断する。なお、第13回マーメイドステークスは阪神競馬場の開幕週に行われるので、土曜日の競馬の結果から分析する馬場状態の把握が特に重要となる。競馬理論のファンの方は、第13回マーメイドステークスの予想をお楽しみに。


もうムダ馬券を買うことは やめにしませんか?>>