14年連続プラス収支、リピーター8割の定員制競馬予想
ゲスト様(無料会員登録ログイン
予想屋マスターの誰も教えてくれない競馬理論
TOP > 競馬予想コラム > 毎日王冠 > 第56回毎日王冠

2005年毎日王冠「第56回毎日王冠」

2005/10/09 UP
by 予想屋マスター
回顧録

毎日王冠 -G2- 東京競馬場/芝1800m 左
条件:サラブレッド系3歳以上 賞金:6000万円

競馬理論のファンの皆様、お待たせしました。競馬理論は、◎サンライズペガサス(後藤浩樹)▲テレグノシス(勝浦正樹)の本線で、馬連9770円、馬単20970円を的中した。

それでは、毎日王冠の結果の競馬理論を説明します。

天皇賞の前哨戦の毎日王冠の結果は、サンライズペガサスが先行して抜け出した。毎日王冠の結果は、サンライズペガサスは、スローペースを3番手で追走した。そして、サンライズペガサスは、4コーナでコスモバルク(安藤勝巳)に並びかける横綱競馬を見せた。この内容から、サンライズペガサスは、秋の天皇賞の主役に躍り出た。競馬理論は、サンライズペガサスの秋の活躍を宝塚記念の回顧で以下のように断言していた。「サンライズペガサスは、4コーナで大きな不利を受け、まったく競馬にならかかった。

それにも関わらず、サンライズペガサスは、5着に追い込んだ。つまり、毎日王冠の結果は、サンライズペガサスのレース内容は、勝ち馬と差のないものであると競馬理論では考えている。よって、このまま無事にいってくれれば、サンライズペガサスが今年の秋の天皇賞を制覇すると競馬理論は断言する。」

毎日王冠の結果は、ここで、サンライズペガサスの能力を示す内容を産経大阪杯の競馬理論から引用する。「サンライズペガサスは、2002年の中山で実施された天皇賞で17番ゲートから終始外を回って、3着となった。2002年の天皇賞は、極端にインが有利な馬場の中でレースが行われ、1着がシンボリクリスエス(岡部幸雄)、2着がナリタトップロード(四位弘文)、4着がエアシャカール(武豊)であった。毎日王冠の結果は、3着のサンライズペガサスを除く上位入線馬のすべてが、終始ラチ沿いを走っていた。

つまり、毎日王冠の結果は、競馬理論では、サンライズペガサスが、現役最強馬と判断していた。毎日王冠の結果は、サンライズペガサスは、その後のアクシデントで競走馬として終わってしまったと考えていた。しかし、サンライズペガサスは、前走のトヨタ賞中京記念で、復調気配を見せていた。毎日王冠の結果は、サンライズペガサスは、イン有利の中京の馬場状態で、大外を回って追い込んだ。この内容から、サンライズペガサスの復調は間違いないと競馬理論では判断していた。

つまり、毎日王冠の結果は、競馬理論では、現役最強馬のサンライズペガサスが復調すれば、G2の大阪杯程度は通過点であり、当然負けられないと判断していた。」サンライズペガサスは、今回の毎日王冠の結果のレースで逃げ差し自在の脚質を身につけ、天皇賞に向かう。競馬理論は、サンライズペガサスを天皇賞の最有力候補と改めて確信した。但し、天皇賞は、府中2000mという特有のコースで行われる。そのため、サンライズペガサスが天皇賞を制すには、内枠を引くことが条件になるが。

2着には、去年の勝ち馬テレグノシスが追い込んだ。テレグノシスは、東京コースでは安定して追い込む。テレグノシスは、ペース次第で、サンライズペガサスと差のない競馬をするだろう。テレグノシスは、去年の天皇賞で極端にインが有利な馬場に脚を殺されたが、今年の天皇賞では展開次第で好勝負と競馬理論は判断している。

3着には、ケイアイガード(柴山)が粘り込んだ。ケイアイガードは、人気薄であったが、ラジオたんぱ賞の勝利を考えれば、この程度走ってもおかしくない。ケイアイガードは、ラジオたんぱ賞で、カンパニー(福永祐一)を破った。カンパニーが毎日王冠の結果で人気になっていることを考えれば、ケイアイガードが通用してもおかしくない。但し、ケイアイガードの近走のレース内容を考えると、レースが終わったから言えることであるが・・・。毎日王冠の結果で、ケイアイガードは、天皇賞では能力的に厳しいが、今後も重賞戦線では目が離せないと競馬理論は判断している。

4着バランスオブゲーム(田中勝春)及び5着ダイワメジャー(横山典弘)は、好位のインを追走して粘り込んだ。しかし、この二頭は、展開に恵まれた割に走っておらず、内容的には特筆すべきものはない。これを考えると、バランスオブゲーム及びダイワメジャーは、一線級のメンバーでは厳しい競馬が続くと競馬理論は判断している。

5着スイープトウショウ(池添謙一)及び7着カンパニー(福永祐一)は、終始外を回った分、毎日王冠の結果は、追い込み不発に終わった。この二頭は、毎日王冠の結果では展開が向かなかったが、能力があるのは確かなので、天皇賞でも注目すべきと競馬理論は判断している。

最後になるが、今回の毎日王冠の結果で、お礼の電話及びメールを本当にありがとうございます。


展開解説の動画を最短でお届け!!
\メールアドレス入力 → 最短で動画が届く!/
Gmail等のメールアドレス
迷惑メールに紛れていないか必ずご確認ください
すでに無料登録されている方はこちら
※登録は完全無料ですのでご安心ください