14年連続プラス収支、リピーター8割の定員制競馬予想
ゲスト様(無料会員登録ログイン
予想屋マスターの誰も教えてくれない競馬理論
\14年連続プラス収支を達成/
締切まで
抽選に応募する
TOP > 競馬予想コラム > 共同通信杯 > ハンソデバンドが3連勝で重賞制覇
2010/02/07
予想屋マスター
回顧録

共同通信杯 -G3- 東京競馬場/芝1800m 左
条件:サラブレッド系3歳 賞金:3700万円

2010年共同通信杯 ハンソデバンドが3連勝で重賞制覇

第44回共同通信杯は、ゴール前で上位人気馬3頭の大激戦となったが、ハンソデバンド(蛯名)がダノンシャンティ(吉田豊)の追いを凌ぎきって、結果重賞初制覇を飾った。

レースでは、ハンソデバンドは、結果1枠を利して逃げたカワキタコマンドの2番手からレースを進めた。

そして、ハンソデバンドは、手応え十分のまま直線に向いて、1番人気のアリゼオに並びかけられると、二の脚を披露して、第44回共同通信杯を制覇した。

ハンソデバンドの第44回共同通信杯の勝利は、1000m通過51秒5のスローペースを2番手で追走する先行馬有利の展開に恵まれてのものであり、過大評価は禁物である。

よって、今後のクラシック戦線、第44回共同通信杯の勝利だけで、ハンソデバンドに高い評価を与えるべきでないと第44回共同通信杯の競馬理論の結果では判断している。

一方、第44回共同通信杯の2着には、ダノンシャンティ(吉田豊)が追い込んだ。

レースでは、ダノンシャンティは、後方の馬込みの中で折り合い、直線で外に持ち出されると、一完歩ずつ差を詰めてハンソデバンドに並びかけたところがゴールだったが、写真判定の結果2着に敗れてしまった。

ダノンシャンティの第44回共同通信杯の2着は、スローペースで先行馬有利の展開を上がり33秒5の脚で追い込んでのものであり、レース内容的にはハンソデバンドを大きく上回る。

よって、今後のクラシック戦線、ハンソデバンドならば、ダノンシャンティに高い評価を与えるべきと第44回共同通信杯の競馬理論の結果では判断している。

一方、単勝1.8倍と断然人気だったアリゼオ(ルメール)は、3着に敗れてしまった。

レースでは、アリゼオは、向こう正面で行きたがってしまったが、ルメール騎手がガッチリと手綱を抑えて、3番手からレースを進めた。

そして、アリゼオは、直線に向くと、ハンソデバンドに並びかけたが、ゴール前で突き放されてしまい、3着に敗れてしまった。

アリゼオの第44回共同通信杯の3着は、折り合いを欠いてしまったことを考慮すると、悲観すべき内容ではないが、クラシックを狙うという意味では残念な内容であった。

よって、今後のクラシック戦線、結果底を見せてしまったアリゼオが中心になる可能性は低いと第44回共同通信杯の競馬理論の結果では判断している。

以上のように、第44回共同通信杯は、ハンソデバンドの3連勝で幕を閉じた。

一方で、断然人気のアリゼオは、能力的に底を見せてしまった感があり、結果クラシックの主役候補から大きく後退してしまった。

よって、今年のクラシック戦線は、ローズキングダムとヴィクトリワールピザの2強ムードが更に強まったと第44回共同通信杯の競馬理論の結果では判断している。


もうムダ馬券を買うことは やめにしませんか?>>