14年連続プラス収支、リピーター8割の定員制競馬予想
ゲスト様(無料会員登録ログイン
予想屋マスターの誰も教えてくれない競馬理論
TOP > 競馬予想コラム > 共同通信杯 > トーセンジョーダンが4連勝でクラシックの主役になれるか?
2012/06/29
予想屋マスター

出走日:2012年07月01日(日)
共同通信杯 -G3- 東京競馬場/芝1800m 左
条件:サラブレッド系3歳 賞金:3700万円

2012年共同通信杯 トーセンジョーダンが4連勝でクラシックの主役になれるか?

今週のメインレースは、第43回共同通信杯である。
第43回共同通信杯は、日本ダービーが行われる東京競馬場が舞台ということもあって、クラシックへ直結することが多い。
そのため、今年の第43回共同通信杯にも、クラシックを狙える3歳馬が揃った。

その第43回共同通信杯では、トーセンジョーダン(ペリエ)及びブレイクランアウト(武豊)が人気になりそうである。
トーセンジョーダンは、1歳セレクトセールで1億7850万円もの高値をつけた素質馬で、デビュー前から注目されていた。
そして、トーセンジョーダンは、デビュー戦こそ6着に敗れてしまったものの、その後3連勝を果たして、クラシックの主役候補に名乗りを上げた。
トーセンジョーダンの3連勝は、いずれも4コーナーで早め先頭と自ら勝ちにいってのものであり、レース内容的にも抜群である。
特に、前走のホープフルステークスの勝利は、中山競馬最終週の時計の出にくい馬場を2分0秒4で走っており、非常に強い内容であった。
よって、初の東京コースで距離が1ハロン短縮する第43回共同通信杯においても、トーセンジョーダンが好走する可能性はかなり高いと競馬理論では判断している。

なお、ホープフルステークス組では、4着のカノンコード及び5着のムクドクが第43回共同通信杯に出走を予定しているが、トーセンジョーダンから1秒以上離されており、この2頭が第43回共同通信杯で好走する可能性は低い。

一方、ブレイクランアウトは、2歳チャンピオン決定戦の朝日杯フューチュリティステークスで3着に敗れてしまったが、1番人気に支持されたように、素質の高さは折り紙つきである。
ブレイクランアウトの朝日杯フューチュリティステークスの3着は、小回りの中山コースで終始大外を回って勝ちに行く横綱競馬でのものであり、悲観すべき内容ではない。
よって、末脚を生かせる東京競馬場で行われる第43回共同通信杯、ブレイクランアウトに、トーセンジョーダンと互角の評価を与えるべきと競馬理論では判断している。

なお、朝日杯フューチュリティステークス組では、7着のシェーンヴァルト(内田博)が第43回共同通信杯に出走を予定している。
シェーンヴァルトの朝日杯フューチュリティステークスの7着は、後方の内目を追走してのものであり、レース内容的にはブレイクランアウトよりも大きく見劣る。
よって、第43回共同通信杯において、シェーンヴァルトがブレイクランアウトを逆転する可能性は低い。
ただし、シェーンヴァルトは、デイリー杯2歳ステークスをレコード勝ちした実績があるので、第43回共同通信杯、押さえ程度の評価は与えておくべきと競馬理論では判断している。

一方、新馬-芙蓉ステークスを無傷で連勝したダイワプリベールも、第43回共同通信杯に出走を予定している。
ダイワプリベールは、2戦2勝と底を見せておらず、休み明けといえども、未知の魅力を秘めている。
しかしながら、ダイワプリベールが勝った芙蓉ステークスの勝利は、0秒1差の3着であったマイヨールがホープフルステークスで8着に敗れていることからも分かるように、弱いメンバー構成に恵まれてのものと見ることもできる。
よって、急激にメンバーが強化する第43回共同通信杯、休み明けで臨むことをも考慮すると、ダイワプリベールに押さえ程度の評価を与えれば十分と競馬理論では判断している。

他には、ショウナンアルディ(三浦)、プロスアンドコンズ(デムーロ)及びマッハヴェロシティ(宮崎)が第43回共同通信杯では注目される。
ショウナンアルディは、前走の中日新聞杯で2着に敗れてしまったが、1000m通過61秒7の流れに恵まれた逃げ馬をクビ差だけ捕らえられなかっただけであり、レース内容的には勝ち馬を大きく上回る。
よって、第43回共同通信杯が前潰れの流れになれば、ショウナンアルディが好走可能と競馬理論では判断している。
また、プロスアンドコンズは、デビュー以来の4戦すべてで1番人気の素質馬であり、デビュー戦で見せたロジユニヴァースに迫った脚を披露できれば、第43回共同通信杯のメンバーでも通用する。
また、マッハヴェロシティは、クラシックに直結するレベルの高いラジオNIKKEI杯で2着のリーチザクラウンと差のない4着に好走しており、第43回共同通信杯においても展開次第では互角の競馬ができそうである。

以上のように、競馬理論は、第43回共同通信杯に出走する有力各馬の能力を分析した。
この分析結果に、枠順、展開、調教及び馬場状態などの様々な要素を加味して、第43回共同通信杯の最終的な予想を決断する。
競馬理論のファンの方は、第43回共同通信杯の予想をお楽しみに。


もうムダ馬券を買うことは やめにしませんか?>>