14年連続プラス収支、リピーター8割の定員制競馬予想
ゲスト様(無料会員登録ログイン
予想屋マスターの誰も教えてくれない競馬理論
TOP > 競馬予想コラム > 共同通信杯 > 第43回共同通信杯

2009年共同通信杯「第43回共同通信杯」

2009/02/08 UP
by 予想屋マスター
回顧録

共同通信杯 -G3- 東京競馬場/芝1800m 左
条件:サラブレッド系3歳 賞金:3700万円

第43回共同通信杯では、結果勝ち切れない競馬が続いたブレイクランアウトがこれまでの鬱憤を晴らす内容で圧勝した。

第43回共同通信杯の競馬理論の結果の結果は、強敵相手に常に好走を繰り返してきたレース内容を評価し、ブレイクランアウトを対抗に予想した。

レースでは、ブレイクランアウトは、好スタートを切ると中段のインから競馬を進めた。

そして、ブレイクランアウトは、結果直線で武豊騎手に追い出されると、開いたインからアッという間に突き抜けて、第43回共同通信杯を制覇した。

ブレイクランアウトの第43回共同通信杯の勝利は、2着のトーセンジョーダンに1馬身以上の差をつけてのものであり完勝だが、結果終始インを付くコースロスのない競馬をさせた武豊騎手の好騎乗によるものでもある。

よって、今後のクラシック戦線においても、結果ブレイクランアウトには高い評価を与える必要はあるが、第43回共同通信杯の着差だけで過信すべきではないと第43回共同通信杯の競馬理論の結果の結果では判断している。

一方、第43回共同通信杯の競馬理論の結果の結果が本命に予想したトーセンジョーダンは2着に敗れてしまった。

トーセンジョーダンは、フレンドケント(江田照)及びシングンレジェンド(柴山)の逃げ争いから大きく離れた3番手から競馬を進めた。

そして、トーセンジョーダンは、結果直線で外に持ち出されると、ジリジリと伸びたが、2着を確保するのが精一杯だった。

トーセンジョーダンの第43回共同通信杯の2着は、ブレイクランアウトとは直線で外に持ち出された分の差だが、逃げ馬から離れたインの3番手という絶好位を走ってのものと考えると、結果ガッカリした内容であった。

よって、今後のクラシック戦線、力勝負となってしまうとブレイクランアウトにとっては分が悪いが、器用な先行力を生かせる展開になるようであれば好走可能と第43回共同通信杯の競馬理論の結果の結果では判断している。

一方、第43回共同通信杯の3着は、人気薄のトップカミング(蛯名)であった。

トップカミングは、後方の内目を追走し、直線でも最内を突いて、3着に追い込んだ。

トップカミングの第43回共同通信杯の3着は、終始無駄な距離を走らせなかった蛯名騎手の好騎乗によるものであって、レース内容的な価値は低い。

よって、次走以降のクラシック戦線で、シンザン記念及び第43回共同通信杯の連続3着というだけで、そこそこの人気になってしまうようであれば、トップカミングの評価を落とすべきと第43回共同通信杯の競馬理論の結果の結果では判断している。

以上のように、第43回共同通信杯はブレイクランアウトの圧勝で幕を閉じた。

ブレイクランアウトは、この勝利でクラシックの出走権を確保したので、余裕を持ってクラシックに臨むことができるようになる。

第43回共同通信杯の競馬理論の結果の結果のファンの方は、クラシック戦線におけるブレイクランアウトの走りに大いに注目して欲しい。

b

展開解説の動画を最短でお届け!!
\メールアドレス入力 → 最短で動画が届く!/
Gmail等のメールアドレス
迷惑メールに紛れていないか必ずご確認ください
すでに無料登録されている方はこちら
※登録は完全無料ですのでご安心ください