14年連続プラス収支、リピーター8割の定員制競馬予想
ゲスト様(無料会員登録ログイン
予想屋マスターの誰も教えてくれない競馬理論
TOP > 競馬予想コラム > 共同通信杯 > サダムイダテンがクラシックへ向けて本格始動
2012/06/29
予想屋マスター

出走日:2012年07月01日(日)
共同通信杯 -G3- 東京競馬場/芝1800m 左
条件:サラブレッド系3歳 賞金:3700万円

2012年共同通信杯 サダムイダテンがクラシックへ向けて本格始動

今週のメインレースは、第42回共同通信杯である。
共同通信杯は、数多くのG1馬を輩出した出世レースなので、クラシックへ向けて大いに注目される。

その第42回共同通信杯では、ラジオNIKKEI杯2歳S組のサブジェクト(ペリエ)及びサダムイダテン(安藤勝)が人気となる。

サブジェクトは、距離不足で不利な外枠だった朝日杯フューチュリティステークスでこそ惨敗を喫してしまったが、レベルの高いメンバーが揃ったラジオNIKKEI杯を制しており、第42回共同通信杯で人気になるのも当然といえる。
第42回共同通信杯においてもペリエ騎手が引き続き騎乗するので、サブジェクトを重視して予想すべきと競馬理論では判断している。

一方、サダムイダテンは、前走のラジオNIKKEI杯でサブジェクトの2着に敗れてしまった。
しかしながら、ラジオNIKKEI杯の内容を振り返ると、サブジェクトが、1000m通過64秒5の超スローペースを3番手の絶好位から抜け出したのに対し、サダムイダテンは、超スローペースを最後方から追い込み、サブジェクトにクビ差まで迫った。
つまり、ラジオNIKKEI杯のレース内容的には、2着のサダムイダテンが、1着のサブジェクトを大きく上回る。
よって、広い東京コースで能力勝負となる公算が高い第42回共同通信杯、サブジェクトよりもサダムイダテンに高い評価を与えるべきと競馬理論では判断している。
なお、サダムイダテンは勝ち方次第でクラシックの最有力候補となり得るので、サダムイダテンのレース内容には大いに注目して欲しい。

別路線組では、アポロドルチェ(後藤)、スマートファルコン(横山典)及びショウナンアルバ(蛯名)が人気になりそうである。
アポロドルチェは、前走の朝日杯フューチュリティステークスでこそ、馬場や展開が向かずに、人気を裏切ってしまった。
しかしながら、アポロドルチェは、京王杯2歳ステークスでシンザン記念馬ドリームシグナルに圧勝しており、東京コースならばこのメンバーで通用してもおかしくはない。
よって、第42回共同通信杯においてアポロドルチェが巻き返す可能性は高いと競馬理論では判断している。

一方、スマートファルコンは、4戦3勝と底を見せておらず、初芝で望んだ前走のジュニアカップをも圧勝しており、第42回共同通信杯で好走しても驚けない。
しかしながら、スマートファルコンのジュニアカップの勝利は、1000m通過57秒2の超ハイペースを後方から追走する展開に恵まれてのものとみることもできる。
よって、スマートファルコンの底を見せていない未知の魅力に惹かれつつも、過剰に人気になるようであればスマートファルコンの評価を下げるべきと競馬理論では判断している。

一方、ショウナンアルバは、休み明けを克服して、前走の若竹賞を快勝した。
若竹賞で3着に敗れたスマイルジャックが、東京スポーツ杯においてゴスホークケン(朝日杯フューチュリティステークス馬)を破っていることを考慮すると、ショウナンアルバが第42回共同通信杯で好走する可能性は高い。
ただし、ショウナンアルバは、若竹賞で楽に逃げる競馬で勝利を収めたので、ショウナンアルバにとっては楽に先行できるかどうかがポイントとなる。
よって、競馬理論は、展開面を考慮して、ショウナンアルバの評価を決定しようと考えている。

報知杯中京2歳ステークスを制してオープン馬となったホッカイカンティ(石橋)も重賞戦線に殴り込みをかける。
しかしながら、ホッカイカンティは、前々走の京王杯2歳ステークスでアポロドルチェに惨敗しており、重賞級相手では正直辛いと判断せざるを得ない。

競馬理論は、ブラックシェルを穴馬として注目している。
ブラックシェルは、前々走のホープフルステークスで2着に敗れてしまったが、出遅れて大外を回らされたことを考慮すると、内容的には勝ったマイネルチャールズと互角である。
そのマイネルチャールズが次走の京成杯をも圧勝したことから、ブラックシェルが第42回共同通信杯で好走しても何らおかしくない。
よって、第42回共同通信杯においてブラックシェルが人気にならないようであれば馬券的な期待値を高めるために、ブラックシェルに高い評価を与えるべきと競馬理論では判断している。

以上のように、競馬理論は、第42回共同通信杯に出走する有力各馬の能力を分析した。
この分析結果に、枠順や馬場状態などを考慮して、第42回共同通信杯の最終的な予想を決断する。
競馬理論のファンの方は、第42回共同通信杯の予想をお楽しみに。


もうムダ馬券を買うことは やめにしませんか?>>