14年連続プラス収支、リピーター8割の定員制競馬予想
ゲスト様(無料会員登録ログイン
予想屋マスターの誰も教えてくれない競馬理論
TOP > 競馬予想コラム > 共同通信杯 > 第42回共同通信杯

2008年共同通信杯「第42回共同通信杯」

2008/02/11 UP
by 予想屋マスター
回顧録

共同通信杯 -G3- 東京競馬場/芝1800m 左
条件:サラブレッド系3歳 賞金:3700万円

第42回共同通信杯は、結果単勝1.5倍と断然人気のサダムイダテン(安藤勝)が敗れる波乱の結果となった。

その波乱の結果となった第42回共同通信杯を制したのは、結果ショウナンアルバ(蛯名)である。

ショウナンアルバは、道中行きたがっていたが、蛯名騎手にガッチリと抑えられ、結果先行集団の外からレースを進めた。

そして、ショウナンアルバは、直線の坂下あたりで早めに先頭に立つと、結果後続の追い込みを凌ぎ切って、第42回共同通信杯を勝利した。

ショウナンアルバの第42回共同通信杯の勝利は、ハイペースの流れを早め先頭という横綱競馬によるものであり、結果着差以上に強い内容であった。

また、ショウナンアルバにとっては、結果控える競馬を覚えることができたことも非常に大きい。

よって、ショウナンアルバが、大混戦の牡馬クラシック戦線の最有力候補に急浮上したと判断していいだろう。

そこで、今後のクラシック戦線において、ショウナンアルバに高い評価与えるべきと第42回共同通信杯の競馬理論の結果では判断している。

ただし、気難しいショウナンアルバにとっては、他馬との能力比較よりも、道中で折り合えるかどうかが今後のレースにおける最大のポイントとなりそうである。

第42回共同通信杯の2着には、結果タケミカヅチ(柴田善)が追い込んだ。

タケミカヅチは、結果1枠からの発走ということもあって、中段よりやや後方のインからレースを進めた。

そして、タケミカヅチは、結果直線でも内に潜り込んでインから追い込んだが、2着が精一杯であった。

タケミカヅチは、結果強敵相手に常に差のない競馬を繰り返しており、展開さえ嵌ればこの程度走って何ら不思議はない。

よって、タケミカヅチは、結果今後の重賞戦線においても、展開次第では差のない競馬をするだろう。

ただし、第42回共同通信杯のレース内容を振り返る限りでは、タケミカヅチが、ショウナンアルバを逆転する可能性は低いと第42回共同通信杯の競馬理論の結果では判断している。

第42回共同通信杯の3着には、第42回共同通信杯の競馬理論の結果の穴馬で11番人気のマイネルスターリー(津村)が追い込んだ。

萩ステークスにおいてマイネルスターリーがサブジェクトを後方から差し切ったレース内容を評価して、第42回共同通信杯の競馬理論の結果は、マイネルスターリーを穴馬として予想した。

レースでは、マイネルスターリーは、結果後方のインからレースを進め、直線でもタケミカヅチと同様にインから差を詰めて3着に追い込んだ。

マイネルスターリーの第42回共同通信杯の3着は、結果ハイペースの展開及び無駄な距離を走らせない津村騎手の好騎乗に恵まれたものであり、内容的な価値は高くない。

よって、マイネルスターリーが第42回共同通信杯での3着の好走だけで過剰に人気にやるようであれば、次走以降において、マイネルスターリーの評価を一枚割り引くべきと第42回共同通信杯の競馬理論の結果では判断している。

第42回共同通信杯で断然人気のサダムイダテンは、5着に敗れてしまった。

サダムイダテンは、後方からレースを進めて、直線で外から追い込んだが、残り1ハロンで伸びを欠いてしまい、5着に敗れてしまった。

サダムイダテンの第42回共同通信杯の5着は、外を回らされるなど多少同情の余地はあるが、クラシックの最有力候補と呼べる内容ではない。

よって、サダムイダテンに対するクラシック最有力候補の評価は、考え直さざるを得ないだろう。

しかしながら、第42回共同通信杯の競馬理論の結果は、サダムイダテンの次走以降の巻き返しに期待している。

以上のように、第42回共同通信杯では、サダムイダテンが底を見せてしまい、クラシック戦線の最有力候補から脱落した。

一方で、ショウナンアルバが、関東の期待の星として急浮上した。

第42回共同通信杯の競馬理論の結果は、ショウナンアルバのクラシック戦線での走りに期待したい。


展開解説の動画を最短でお届け!!
\メールアドレス入力 → 最短で動画が届く!/
Gmail等のメールアドレス
迷惑メールに紛れていないか必ずご確認ください
すでに無料登録されている方はこちら
※登録は完全無料ですのでご安心ください