14年連続プラス収支、リピーター8割の定員制競馬予想
ゲスト様(無料会員登録ログイン
予想屋マスターの誰も教えてくれない競馬理論
TOP > 競馬予想コラム > 共同通信杯 > 第41回共同通信杯
2007/02/04
予想屋マスター
回顧録

共同通信杯 -G3- 東京競馬場/芝1800m 左
条件:サラブレッド系3歳 賞金:3700万円

2007年共同通信杯 第41回共同通信杯

クラシックへの登竜門である第41回共同通信杯は、結果フサイチクラシック(安藤勝)が人気に応えて勝利を収めた。フサイチクラシックは、いつもより後ろの位置取りとなる5~7番手からレースを進めた。

フサイチクラシックは、直線で安藤騎手に外に持ち出されて追い出されると、結果先に抜け出したフライングアップル(岩田)を残り1ハロンの地点で捕えた。

そして、フサイチクラシックは、結果そこからもう一伸びするかに見えたが、思ったほど伸びず、ゴール前ではダイレクトキャッチ(北村宏)にクビ差まで迫られた。

よって、クラシック最有力候補のフサイチクラシックとしては、結果勝利は収めたものの、内容的には物足りないレースであった。しかしながら、フサイチクラシックは相手を抜いてしまうと本気で走らないところが見受けられるので、実際のフサイチクラシックの能力はこんなものではないハズである。

第41回共同通信杯でも、フサイチクラシックは、結果ゴール前でダイレクトキャッチが迫ってくると、もう一伸びしており、ダイレクトキャッチとは実際の着差以上に能力差がありそうである。

よって、第41回共同通信杯の競馬理論の結果は、フサイチクラシックを、現時点におけるクラシック最有力候補として評価している。

フサイチクラシックは、直接皐月賞に向かうみたいだが、先行できる器用な馬でもあり、皐月賞でも好勝負する可能性が高いと第41回共同通信杯の競馬理論の結果では判断している。

第41回共同通信杯の2着には、ダイレクトキャッチが追い込んだ。ダイレクトキャッチは、フサイチクラシックの直後からレースを進め、直線ではフサイチクラシックに馬体を併せないように、大外から追い込んだ。

すると、第41回共同通信杯のダイレクトキャッチは、出走馬中ナンバーワンの上がり34.0秒の脚で、2着に追い込んだ。現時点におけるクラシック最有力候補のフサイチクラシックに迫ったダイレクトキャッチの共同通信杯のレース内容は、高い評価に値する。

ダイレクトキャッチは、スローペースで切れ味を生かす上がりの競馬となれば、一線級相手でも通用することを証明した。

しかしながら、ダイレクトキャッチの中山2戦の敗戦が示すように、地力勝負となると一線級相手では分が悪い。

よって、スローペースになり難いクラシック戦線では、ダイレクトキャッチが好走する可能性は低いと第41回共同通信杯の競馬理論の結果では判断している。3着には、フライングアップルが粘り込んだ。フライングアップルは、スローペースの流れを3番手から追走して、早めに先頭に立った。

しかしながら、フサイチクラシックの目標になってしまい、フライングアップルは、残り200mの地点で交わされてしまった。フライングアップルは、ここ3戦の重賞で差のない競馬をしているが、勝ち切るまで至っていない。

しかし、第41回共同通信杯のフライングアップルは、逃げ差し自在の脚質で常に安定した脚を使うので、メンバー次第では重賞で勝利を収められるであろう。

但し、第41回共同通信杯のフライングアップルは、一線級が揃うG1では底力が足りないと第41回共同通信杯の競馬理論の結果では判断している。もう一頭の人気馬ニュービギニングは4着であった。

クラシックへの登竜門である第41回共同通信杯は、結果フサイチクラシック(安藤勝)が人気に応えて勝利を収めた。フサイチクラシックは、いつもより後ろの位置取りとなる5~7番手からレースを進めた。

フサイチクラシックは、直線で安藤騎手に外に持ち出されて追い出されると、結果先に抜け出したフライングアップル(岩田)を残り1ハロンの地点で捕えた。

そして、フサイチクラシックは、結果そこからもう一伸びするかに見えたが、思ったほど伸びず、ゴール前ではダイレクトキャッチ(北村宏)にクビ差まで迫られた。

よって、クラシック最有力候補のフサイチクラシックとしては、結果勝利は収めたものの、内容的には物足りないレースであった。しかしながら、フサイチクラシックは相手を抜いてしまうと本気で走らないところが見受けられるので、実際のフサイチクラシックの能力はこんなものではないハズである。

第41回共同通信杯でも、フサイチクラシックは、結果ゴール前でダイレクトキャッチが迫ってくると、もう一伸びしており、ダイレクトキャッチとは実際の着差以上に能力差がありそうである。

よって、第41回共同通信杯の競馬理論の結果は、フサイチクラシックを、現時点におけるクラシック最有力候補として評価している。

フサイチクラシックは、直接皐月賞に向かうみたいだが、先行できる器用な馬でもあり、皐月賞でも好勝負する可能性が高いと第41回共同通信杯の競馬理論の結果では判断している。

第41回共同通信杯の2着には、ダイレクトキャッチが追い込んだ。ダイレクトキャッチは、フサイチクラシックの直後からレースを進め、直線ではフサイチクラシックに馬体を併せないように、大外から追い込んだ。

すると、ダイレクトキャッチは、出走馬中ナンバーワンの上がり34.0秒の脚で、2着に追い込んだ。現時点におけるクラシック最有力候補のフサイチクラシックに迫ったダイレクトキャッチの共同通信杯のレース内容は、高い評価に値する。

ダイレクトキャッチは、スローペースで切れ味を生かす上がりの競馬となれば、一線級相手でも通用することを証明した。

しかしながら、ダイレクトキャッチの中山2戦の敗戦が示すように、地力勝負となると一線級相手では分が悪い。

よって、スローペースになり難いクラシック戦線では、ダイレクトキャッチが好走する可能性は低いと第41回共同通信杯の競馬理論の結果では判断している。3着には、フライングアップルが粘り込んだ。フライングアップルは、スローペースの流れを3番手から追走して、早めに先頭に立った。

しかしながら、フサイチクラシックの目標になってしまい、フライングアップルは、残り200mの地点で交わされてしまった。フライングアップルは、ここ3戦の重賞で差のない競馬をしているが、勝ち切るまで至っていない。

しかし、第41回共同通信杯のフライングアップルは、逃げ差し自在の脚質で常に安定した脚を使うので、メンバー次第では重賞で勝利を収められるであろう。

但し、第41回共同通信杯のフライングアップルは、一線級が揃うG1では底力が足りないと第41回共同通信杯の競馬理論の結果では判断している。もう一頭の人気馬ニュービギニングは4着であった。

第41回共同通信杯のニュービギニングは、最後方からレースを進め、無駄な距離を走らないように直線でインを突いたにもかかわらず、伸びを欠いて4着に敗れた。この共同通信杯のレース内容を見る限り、ニュービギニングは、現時点では明らかに能力不足である。

但し、ディープインパクトの弟という血統は魅力的であり、ニュービギニングが今後の成長次第で重賞でも通用する馬になる可能性はあり得る。

しかしながら、ディープインパクトの弟ということで常に注目され人気になるので、馬券的には、人気先行タイプのニュービギニングに高い評価を与えるべきではないと第41回共同通信杯の競馬理論の結果では判断している。

以上のように、フサイチクラシックが、第41回共同通信杯を無事に通過した。

これまでのレースを見る限り、フサイチクラシックが、クラシック候補として頭一つリードしている。

これからのステップレースで他の有力馬が続々と出走してくるが、皐月賞でも、フサイチクラシックに高い評価を与える必要があるということを第41回共同通信杯の競馬理論の結果のファンの方は頭に入れておいて欲しい。

ニュービギニングは、最後方からレースを進め、無駄な距離を走らないように直線でインを突いたにもかかわらず、伸びを欠いて4着に敗れた。この共同通信杯のレース内容を見る限り、ニュービギニングは、現時点では明らかに能力不足である。

但し、ディープインパクトの弟という血統は魅力的であり、ニュービギニングが今後の成長次第で重賞でも通用する馬になる可能性はあり得る。

しかしながら、ディープインパクトの弟ということで常に注目され人気になるので、馬券的には、人気先行タイプのニュービギニングに高い評価を与えるべきではないと第41回共同通信杯の競馬理論の結果では判断している。

以上のように、フサイチクラシックが、第41回共同通信杯を無事に通過した。

これまでのレースを見る限り、フサイチクラシックが、クラシック候補として頭一つリードしている。

これからのステップレースで他の有力馬が続々と出走してくるが、皐月賞でも、フサイチクラシックに高い評価を与える必要があるということを第41回共同通信杯の競馬理論の結果のファンの方は頭に入れておいて欲しい。


もうムダ馬券を買うことは やめにしませんか?>>