14年連続プラス収支、リピーター8割の定員制競馬予想
ゲスト様(無料会員登録ログイン
予想屋マスターの誰も教えてくれない競馬理論
TOP > 競馬予想コラム > 共同通信杯 > 第39回共同通信杯
2005/02/05
予想屋マスター
回顧録

共同通信杯 -G3- 東京競馬場/芝1800m 左
条件:サラブレッド系3歳 賞金:3700万円

2005年共同通信杯 第39回共同通信杯

共同通信杯は、結果ストーミーカフェ(四位洋文)の圧勝で終わった。戦前は、このストーミーカフェとニシノドコマデモ(横山典弘)の二頭が人気になっていた。私の第39回共同通信杯の競馬理論の結果でも、この二頭(ストーミーカフェ及びニシノドコマデモ)の一騎打ちになると考えていた。ストーミーカフェは、前走の朝日杯FSで、結果1000m通過57秒4の超ハイペースで逃げ粘っており(朝日杯FSの回顧参照)、内容は抜群だった。

ストーミーカフェは、結果暴走気味に逃げた前走と違い、楽に逃げれば楽勝までありうると考えていた。ストーミーカフェは、結果能力の違いから、58キロの斥量が問題になるとは思えない。ストーミーカフェの唯一の死角となりうるとすれば、結果同型のモエレフェニックス(バルジュ)に外人のバルジュが騎乗したことである。もし、モエレフェニックスが、強引に競りかけると、結果ストーミーカフェが能力を発揮出来ないこともありうる。
しかし、テンのスピードが違うので、ストーミーカフェは逃げて押し切る公算が高いと私の第39回共同通信杯の競馬理論の結果では判断した。結果として、ストーミーカフェは私の思っていた以上の楽勝であった。ストーミーカフェは、クラシック路線(又はNHKマイルC)で楽しみな存在となった。

結果2着はダイワアプセット(柴田善臣)、3着はマルカジーク(ペリエ)であった。ダイワアプセット及びマルカジークは、弱いメンバーに恵まれた好走と考えられる。この二頭は、ローカルの重賞程度なら通用しそうだが、結果一線級とは差がありそうである。特に、ダイワアプセット及びマルカジークは、ストーミーカフェと着差以上の能力差があるだろう。4着はニシノドコマデモであった。ニシノドコマデモの共同通信杯は、スタートの大出遅れで競馬が終わってしまった。ニシノドコマデモは、東京スポーツ杯で前が塞がって追いこんだ内容から、共同通信杯が試金石の一線となると考えていた。

実際、東京スポーツ杯の2着は、ペールギュント(朝日杯3着)であった。つまり、ニシノドコマデモだけは、ストーミーカフェを逆転する可能性があると、私の第39回共同通信杯の競馬理論の結果では判断した。しかし、ニシノドコマデモは、スタートのミスもあり、惨敗してしまった。共同通信杯は、馬券的にはまったく妙味のない一線であった。しかし、私の第39回共同通信杯の競馬理論の結果では、ストーミーカフェとニシノドコマデモの能力を見極める重要な一戦であった。

共同通信杯の結果を見ると、ストーミーカフェの強さだけが目立ったといえる。


もうムダ馬券を買うことは やめにしませんか?>>