予想屋マスターの競馬予想「競馬を投資にする予想」

ゲストさん(無料会員登録ログイン
予想屋マスターの誰も教えてくれない競馬理論
TOP > 競馬予想 > 京都金杯 > 京都金杯2019の回顧|パクスアメリカーナが重賞初制覇

京都金杯 『京都金杯2018の回顧|パクスアメリカーナが重賞初制覇』

優勝馬: パクスアメリカーナ 優勝騎手: 川田将雅

京都金杯(2019年)は、1番人気のパクスアメリカーナ(川田将雅)の勝利で幕を閉じた。
競馬理論の競馬予想では、休み明けで臨んだリゲルステークスの圧勝劇から、レベルの高い4歳世代のパクスアメリカーナにかなり高い評価を与えていたが、インが極端に有利な馬場状態を考慮して本命にはしなかった。

 

パクスアメリカーナ

レースでは、パクスアメリカーナは、中団の外目を追走した。
そして、パクスアメリカーナは、4コーナーで前を射程圏に入れると、直線では先に抜け出したマイスタイルを外から差し切り、京都金杯(2019年)を制覇した。
パクスアメリカーナの京都金杯(2019年)の勝利という結果は、1月の京都特有のイン有利の馬場で外から差し切っており、着差以上に強い内容であった。
よって、2019年のマイル戦線の競馬予想では、京都金杯(2019年)組ではパクスアメリカーナに一番高い評価を与えて当然である。

 

マイスタイル

一方、京都金杯(2019年)では、5番人気のマイスタイル(田中勝春)が2着に粘り込んだ。
競馬理論の競馬予想では、距離短縮と前が止まらない馬場状態を考慮し、マイスタイルを本命に予想した。
レースでは、マイスタイルは、ツーエムマイスターを生かせて3番手を確保した。
そして、マイスタイルは、直線に向くと早めに先頭に立ったが、ゴール前でパクスアメリカーナに差されてしまい、2着止まりであった。
マイスタイルの京都金杯(2019年)の2着という結果は、距離短縮によって逃げなくても好走できたことは立派だが、パクスアメリカーナには力負けであった。
よって、今後の重賞戦線の競馬予想においては、マイスタイルがパクスアメリカーナを逆転するためには楽に先行するなど展開の助けが必要と判断すべきである。

 

ミエノサクシード

一方、京都金杯(2019年)では、11番人気のミエノサクシードが3着に追い込んだ。
ミエノサクシードは、中団の馬群の中で脚をため、直線でパクスアメリカーナの外に持ち出されると、鋭い脚を使ったが、3着までが精一杯であった。
ミエノサクシードの京都金杯(2019年)の3着という結果は、イン有利の馬場且つ前が止まらないスローペースで追い込んだものであり、レース内容としては着順以上の価値がある。
よって、今後の重賞戦線の競馬予想においては、差しが届く展開になるようであれば、ミエノサクシードに更に高い評価を与えるべきである。

 

以上のように、京都金杯(2019年)は、パクスアメリカーナの勝利で幕を閉じた。

競馬理論のファンの方は、パクスアメリカーナの今後の走りに大いに注目して頂きたい。

今週のレース分析記事を読む

競馬好き必見♪
予想屋マスター情報から今週の耳よりニュースまで!
片山・麻生がお届けします(≧∀≦*)
友だち追加